対策・治療

頻尿になると精神的にもダウンしてしまうがニラの種「すっきり種」で改善

投稿日:2016/10/27 更新日:

外出時はトイレのことばかりが気になる

私は40代に届きそうな時から、トイレが近くなりました。外出するときには、家を出る前にトイレに行き、電車に乗る前や乗った後にまたトイレ、目的地に着いてもまずトイレといった具合に、常にトイレを意識しなければなりません。

1時間に1回はトイレに行くので、待ち合わせのときなど、途中のトイレに行く時間も考慮して家を出ていました。

友人たちは、私のトイレが近いことを知っていますから、食事をしながらおしゃべりをしているときにも、「トイレは大丈夫? 」と声をかけてくれていました。これも少しストレスでしたが、尿意を感じてからトイレに行くのでは間に合わないのです。

時間を見て、トイレに行きたくなるかな?と思ったら先にトイレに行くのです。

さらに、今年に入ってからは、夜もトイレが近くなりました。週に2~3回ですが、深夜や明け方など、一晩に2回も3回もトイレに起きるようになってしまったのです。

もともと冷え症で寝つきが悪いのに、ようやくウトウトし始めたと思ったらトイレとなるので、たまったものではありません。

家族の朝の支度もあるので、いつまでも寝ているわけにはいきません。毎朝、寝不足でも起きますが、正直、起床直後から疲労感があって、朝から気分よくスタート、というわけにはいきません。ちょっとした家事をするにも、がんばりが必要になります。

水分を控えても、何度もトイレに行きたくなるのですから、やはり普通ではないかもと、少々不安になってきました。

そんな話を友人にしたところ「頻尿に効くものがあるよ」と教えてくれました。家に帰ってすぐにインターネットで検索してみたところ、見つけたのが「ニラの種」でした。

ニラの種の健康食品というものがあることを初めて知りましたし、それが効くかどうかもわかりませんでした。

でも、とにかく夜間のトイレの回数を減らしたかったので、ものは試しと取り寄せて、朝晩3粒ずつ飲んでみました。すると、これが案外効いたのです。

あきらめていた旅行にも挑戦

飲み始めて3過問くらいたったころから、夜中にトイレに起きる日が週に1回くらいになり、気がつくと「今週は夜中に起きることが一度もなかったな」というときが増えてきました。今では、朝まで起きずに快眠できる日がほとんどです。

寝つきもよくなり、すぐに眠りに入ります。足や体が冷えて、いつまでも眠れないということがなくなりました。

それと同時に、昼問のトイレの回数も少しずつ減ってきました。友人たちと食事をしているときに、以前のように「トイレは?」と聞かれて「まだ、大丈夫」と答えたときには、友人たちも驚いていました。

これまでの経験から、駅やデパートなど、トイレのあるところでは、「ここでトイレに入っておかないと」とすぐに頭に浮かんでいました。

でも、自分の膀胱を意識すると、「まだ大丈夫かも」というときが増えてきて、今では2~3時間たっても「トイレ」とは思わなくなりました。

トイレを常に意識しなければならなかったときは、電車やバスに乗っての外出がおっくうでしたが、このごろは遠出も苦ではありません。「トイレの近い私には絶対に無理」とあきらめていた長距離のバスツアーなどにも、今度挑戦してみようかと思っています。

腎の機能を高め排泄の機能を正常化する

40歳近くになると体質が変わる人が多く、それまでになかった症状が現れることがあります。突然に夜夜間頻尿になったのも、そうした体質の変化と考えられます。

西洋医学では、頻尿の治療には、膀胱の過緊張をゆるめる薬を使います。しかし、人問の体は複雑ですから、頻尿の原因が必ずしも膀胱の過緊張だけにあるとは限りません。

一方、ニラの種は、弱った臓器や血流を回復させる働きに優れています。東洋医学でいう五臓の1つ「腎」の働きを高める作用があるのです。

ニラの種「すっきり種」の口コミ、使用感、効能・効果一覧

-対策・治療

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

さまざまな不調があらわれる更年期障害(症状・原因・治療)

想像していたよりもはるかにつらい「更年期症状」で悩んでいる場合は、自分に適した治療法を選択することが大切です。薬物療法では「ホルモン補充療法」が効果的ですが、乳がんのリスクも報告されているので、効能、 …

不安障害の不安を解消、軽減するための自律神経訓練法

不安障害には 強迫性障害 社会不安障害 パニック障害 のとおり3つの症状がありますが、「自律訓練法」は、不安や緊張を取り除き、心身の安定を図るための「リラクセーション法」の1つで、不安障害を解消するひ …

男性に多い「痔ろう」

便の中の細菌に感染して、お尻に膿の管ができるのが「痔ろう」一です。痔ろうは自然には治りません。肛門に優しい治療法もなどもありますので、早めに受診し、適切な治療を受けなければなりません。 痔ろうとは「膿 …

突然、不安感、恐怖に襲われる「パニック障害」

かつては「神経症」と呼ばれていた、強い不安によって日常生活にも支障を来してしまう病気を「不安障害」といいます。その1つが「パニック障害」です。突然「パニック発作」と呼ばれる発作が起こり、また発作が起こ …

女性に多い「きれ痔」

するどい痛みと不快感を伴う「切れ痔」は、便秘が主な原因です。痛みには、「軟膏で対処」するほか、「食物繊維を十分にとる」「適度な運動で腹筋を鍛える」など、生活改善で便秘解消につとめることが大前提です。 …