頭痛

頭痛が起こりやすい季節と前ぶれ症状について

投稿日:

片頭痛の発作は、気温や湿度、気圧の変化によって誘発されることから、春先や秋口といった季節の変わりめに、片頭痛が増えることがあります。天候としては、雨の日や日差しの強い日が多いので、梅雨時から夏にかけての時期は、特に注意したほうがいいでしょう。起こる時問帝は、朝が比較的多いのですが、これは、朝万に血糖値がさがるためだと思われます。また、旅行や中や年末年始など生活のリズムが乱れたときも片頭痛が起こりやすいようです。
そのため、「旅行だから、年末年始だから特別」と思わず、ふだんの生活リズムを守ることは、発作の予防につながります。
緊張型頭痛はどの季節でも見られます。l日の中では、疲れのたまる夕方に痛みの出る人が多いようです。群発顔痛の発作は、多くの方で、半年から2年おきの同じ時期に現れるのが特徴です。だいたい2週間から2ヶ月の間、毎日のように強い痛みに見舞われ、中でも夜中や早朝に痛みがでやすくなります。
頭痛はしばしば、前ぶれ(前兆)があります。
片頭痛の前ぶれとしては、目の前にキラキラした星のようなものが現れる閃輝暗点があり、10人の片頭痛の患者さんのうち、1~2人に起こります。生あくびや空腹感、理由もなくイライラしたりするといった前ぶれが起こることもあります。
これは、脳の視床下部の異常によるのではないかといわれています。群発商痛の患者さんの中には、前ぶれとして、頭痛のある側の肩から首筋がグーツと張ってくるという人が6割ほどいます。肩や首すじのこりは、緊襲型頭痛や片頭痛の前ぶれでもありますが、動いても痛みが増さない場合は、緊張型頭痛と考えられます。自分の頭痛の前ぶれを知ることは、予防の点からも大切といえます。知っていれば、肩がこったり生あくびが起こ
ったりしたらその時点で無理をさける、薬を飲むなど、自分である程度の対策をとることができるからです。

-頭痛

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

片頭痛は発作のたびに脳血管を痛めるため、若くても脳梗塞の危険が高まる

発作を抑えることが大切 片顔痛(片頭痛の特徴や原因はこちら)の特徴の1つとして、発作の直前に目の前がチカチカしたり、ギザギザした物が見えたりする(閃輝暗点という)など、視覚前兆を伴う場合があります。 …

頭痛で最も多いのは肩こりやストレスによる「緊張型頭痛」

日頃の散歩や旅行などの気晴らしも高い効果をしめす 頭痛持ちの人が悩まされる慢性頭痛の中で最も多いのが、緊張型頭痛です。 緊張型頭痛についてはこちら。 このタイプの頭痛になると、顔全体を鉢巻きで締めつけ …

頭痛を誘発しやすいのは中華、イタリアン

頭痛の原因になる熟成チーズやワイン ここでは、片頭痛につながる血管の拡張を招きやすい食品について、具体的な例をあげて紹介します。最もわかりやすいのはアルコール。お酒を飲みすぎた翌日、頭が痛くなる経験を …

頭痛持ちは移動の際の乗り物選びにも注意する

電車は通路側の座席に座る 慢性的な頭痛に悩まされている人の多くは、環境の変化に敏感なため、乗り物で移動しているときに頭痛が起こることが多いようです。実際、乗り物を利用しているときは、左右上下の揺れや細 …

こめかみがズキンズキンと痛む場合は「片頭痛」で週末や季節の変わり目、発熱時に注意する

首筋、肩のこりも前兆である場合が多い 片頭痛は、頭の片側(右か左。あるいは両側で、右左の差あり) のこめかみのあたりが、脈拍に合わせてズキンズキンと痛むのが特徴。そうした発作が週末や季節の変わりめなど …