頭痛

旅行先で決まって頭痛が起きる

投稿日:2014/12/09 更新日:

慢性的な頭痛に悩む人からは、「発作に見舞われるので旅行に出かけられない」という声をよく聞きます。実際、頭痛持ちの患者さんにとって、旅行には頭痛の発作を招く要因が少なくないのです。例えば、飛行機に乗ったり、高い山に登ったりすると、気圧の変動で発作が現れやすいし、満員電車や人込みにもまれるストレスも一因となります。

さらに、強い日差しや慣れないにおいで頭痛が起こる人も多いうえに、食事の時問がずれて空腹になったり、疲労がたまったりして頭痛を招くこともあります。しかし、頭痛持ちの人でも旅行を楽しむことはできるので、安心してください。
まず大切なのは、余裕を持った日程を組むことです。旅行の前日と旅行中は、十分な睡眠をとるようにしましょう。特に、片頭痛や群発頭痛の発作が起こる時期に入っていたら、飛行機に乗るときは必ず頭痛薬を持ち込むようにしてください。旅行先でも、人で込み合うような時問帝の観光は避けたほうが無難です。
さらに、外出時はサングラスや帽子で日差しを防ぐ、タバコなどにおいの強いものをそばに置かない、お酒は控えるといった工夫も、頭痛の発作を防ぐのに役立ちます。
空腹になると頭が痛くなる人は、朝食をきちんととって、昼食や夕食もできるだけいつもどおりの時問に食べるようにします。それでも頭痛が起こってしまったら、片頭痛の場合はこめかみを冷やしたり、カフェインを含むコーヒーや紅茶を飲んだりするといいでしょう。
緊張型頭痛の場合は、軽い運動を行うと痛みが和らぐことが多いようです。ただし、どうすれば痛みが和らぐかは人によって違います。旅行に出かけるなら、あらかじめ医師とも相談して、頭痛が起こったときの対策を決めておくと、不安の解消に役立つでしょう。
頭痛薬については、3~4日ぐらいなら、毎日飲んでもそれほど問題はありません。頭痛がひどくなるまで我慢せず、早めに薬を飲むことも大切です。
頭痛薬はこちら
鎮痛頭痛薬

-頭痛

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

片頭痛は発作のたびに脳血管を痛めるため、若くても脳梗塞の危険が高まる

発作を抑えることが大切 片顔痛(片頭痛の特徴や原因はこちら)の特徴の1つとして、発作の直前に目の前がチカチカしたり、ギザギザした物が見えたりする(閃輝暗点という)など、視覚前兆を伴う場合があります。 …

片頭痛の放置は脳が音や光の刺激に過敏となりめまい、耳鳴りが多発

市販の鎮痛剤では治まらない 一般的に頭痛がひどい人で、最も多いのは緊張型頭痛、その次に多いのが片頭痛です。。緊張型頭痛は、首肩から側頭部の筋肉が緊張することによって、顔全体が締めつけられるように痛むの …

頭痛持ちは移動の際の乗り物選びにも注意する

電車は通路側の座席に座る 慢性的な頭痛に悩まされている人の多くは、環境の変化に敏感なため、乗り物で移動しているときに頭痛が起こることが多いようです。実際、乗り物を利用しているときは、左右上下の揺れや細 …

市販の頭痛薬に頼り切りの人は「薬物乱用頭痛」で症状が悪化する可能性も

1ヶ月に10日以上服用する人は要注意 最近、特に患者さんが急増しているのが薬物乱用頭痛です。これは、市販薬や病医院で処方された薬を必要以上に連続して服用した結果、もともと持っていた頭痛を感化させ薬を手 …

頭痛の大半は心配ないは間違い、放置すると脳梗塞やぼけの危険性が高まる

頭痛は我慢してはいけない、安全な頭痛はないと思わなければいけない 頭痛くらいで寝ているわけにはいかない、と頭痛を我慢した経験のある人も多いでしょう。しかし、ありふれた症状と思われがちな頭痛も、軽視は禁 …