頭痛

頭痛を軽減させる食品は「大豆」

投稿日:

大豆の栄養を丸ごと摂取できる

慢性的な頭痛を引き起こす原因の1つとして見逃せないのが、偏った食生活や誤ったダイエットによる栄養不足といわれます。食生活と頭痛に関係があると聞くと、みなさんは意外に思われるかもしれません。しかし、頭痛に悩む患者さんが食生活を改善して、マグネシウムやビタミンB2、必須アミノ酸(たんばく質の構成成分であるアミノ酸のうち、体内で合成できないもの)のトリプトファンといった栄養を十分に補ったところ、多くの人で症状の改善が見られたのです。

マグネシウムやトリプトファンは、片頭痛などの原図となる血管の拡張や炎症を抑える働きがあり、ビタミンB2は脳への酸素や栄養の補給をスムーズにすると考えられます。また、抗酸化作用(猛毒の活性酸素を消去する働き)の強いビタミンA・C・Eや貧血を防ぐ鉄も、激痛の緩和に役立つ栄養とされます。

実は、これらの栄養を一度に補える理想的な食品があります。それは、日本人にも身近な大豆。特にマグネシウムやトリプトファン、ビタミンB2が際立って多く、例えば、マグネシウムは大豆g中に220gも含まれているのです。
さらに、ビタミンB2の量は100g中、0.3gトリプトファンの量は100g中490mg、いずれも食品の中では、トップクラスです。ところで大豆は生のままで食べることが出来ません。通常、煮るか豆腐や、豆乳、油揚げなどの加工食品でとることになりますが、栄養が熟で壊れる場合があります。また、豆腐や豆乳の場合、製造過程で搾りカス(おから)が取り除かれるため、その分だけ実際にとれる栄養は減ってしまうのです。そこでおすすめしたいのが「粉大豆」です。

粉大豆とは生の大豆を特殊な製法で微粉末に加工したもの。見た目はきなこに似ていますが、きなこと違って加熱・焙煎しないため、大豆本来の栄養が壊れることなく、そのままとることができます。
粉大豆は、コップ1杯(約200CC) の水やお湯に大さじ1~2杯を入れて、よくかき混ぜるのが基本。
こうすれば、マグネシウムやトリプトファンをはじめとする大豆の栄養を余すことなく含んだ、濃厚な豆乳が出来上がります。1日1~2杯を目安に飲むといいでしょう。微粉末であることを生かして、みそ汁やカレー、シチューの隠し味にする、揚げ物の衣やケーキの生地に混ぜるなど料理にも使えます。
水で粉大豆を溶き、ニガリを加えて固めれば、自家製の豆腐の出来上がりです。粉大豆は、健康食品店や遺伝肘堅冗で入手できます。あくまでも食品なので、とることによって得られる働きには個人差がありますが、頭痛持ちの人は、食生活を改善するためのきっかけとして取り入れるといいでしょう。

-頭痛

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

頭痛が起こりやすい季節と前ぶれ症状について

片頭痛の発作は、気温や湿度、気圧の変化によって誘発されることから、春先や秋口といった季節の変わりめに、片頭痛が増えることがあります。天候としては、雨の日や日差しの強い日が多いので、梅雨時から夏にかけて …

少しずつ痛みが増す、後頭部の片側が痛むは重症のケースも

いつも違う頭痛には要注意 これまでの記事で紹介されている緊張型頭痛・片頭痛・群発頭痛などの慢性頭痛は、頭痛そのものが治療の対象となる「一次性頭痛」と言われます。放置すると脳梗塞などを招きやすくなります …

「金時しょうが」で血流アップして首や肩の凝りを改善する

体の冷えも頭痛の原因になる 日本人は、首や肩のこりに悩む人が多くいます。こりは、姿勢などが惑くて筋肉が緊張し、こわばるのが主原因。そして、もう1つ大きな原因として、体が冷えて血管が収縮し、血流が惑くな …

頭痛の大半は心配ないは間違い、放置すると脳梗塞やぼけの危険性が高まる

頭痛は我慢してはいけない、安全な頭痛はないと思わなければいけない 頭痛くらいで寝ているわけにはいかない、と頭痛を我慢した経験のある人も多いでしょう。しかし、ありふれた症状と思われがちな頭痛も、軽視は禁 …

旅行先で決まって頭痛が起きる

慢性的な頭痛に悩む人からは、「発作に見舞われるので旅行に出かけられない」という声をよく聞きます。実際、頭痛持ちの患者さんにとって、旅行には頭痛の発作を招く要因が少なくないのです。例えば、飛行機に乗った …