頭痛

頭痛で最も多いのは肩こりやストレスによる「緊張型頭痛」

投稿日:

日頃の散歩や旅行などの気晴らしも高い効果をしめす

頭痛持ちの人が悩まされる慢性頭痛の中で最も多いのが、緊張型頭痛です。

緊張型頭痛についてはこちら

このタイプの頭痛になると、顔全体を鉢巻きで締めつけるような鈍い痛みがほぼ毎日続きます。緊張型頭痛の特徴は、肩や首の強いこりを伴うことが多いこと。
首を動かしたときに、フワッとしためまいを感じる人もいます。これは、頭部や首、肩の筋肉がこわばり、首を動かしたときに脳の動脈を一瞬、圧迫するためと考えられています。
さらに最近は、緊張型頭痛は筋肉の異常収縮(頭頸部ジストニア) が現れているためとする説が有力になっています。

こうした筋肉のこわばりや収縮を招く主原因は、ストレスです。例えば、デスクワークや家事などで、前かがみやうつむき加減の姿勢を長く続けていれば、頭部や首、肩の筋肉に負担がかかり緊張します。すると、筋肉の中の血流が悪くなって発痛物質(乳酸やピルビン酸など) が発生し、これが神経を刺激します。
そのため、初めは首や首のこりとして感じられ、しだいに頭部の痛みとなって現れると考えられているのです。

このような身体的ストレスに加え、人問問係などの精神的ストレスも見逃せません。
実際、肩や首のこりなどの症状を伴わない緊張型頭痛もあります。この場合、神的ストレスによって脳の中で痛み情報のキャッチボールが起こってしまい、その結果、痛みが生じると考えられます。また、身体的・滞神的ストレス以外で起こるタイプもあります。
日本と欧米では頭痛の分類が果ハなり、欧米では、時々、起こっていた片頭痛が加齢とともにひどくなり、ほぼ連日起こるようになったものを標準的な緊襲型頭痛として分類しています。

このタイプも緊張型頭痛と考える医師もいます。日本でいう、一般的な緊張型頭痛を改善するうえで有効なのは、原因となっているストレスを取り除くことです。身体的ストレスを解消するには、首を左右に倒すストレッチ(筋肉を伸ばす体操)や一首まわし、マッサージ、入浴などが効果的です。
精神的ストレスが深くかかわっている場合には、散歩や旅行・趣味などによって気分転換を図ることが大切です。もし、それでも頭痛が続く場合は、頭痛専門の医療機関(頭痛外来・神経内科・脳神経外科) で診療を受け、薬も処方してもらいましょう。
一般的な処方薬は、非ステロイド性消炎鎮痛剤や筋肉弛緩剤、循環改善薬など。。精神的ストレスが中心であれば心療内科や神経科で診療を受け、抗不安薬や抗ウツ薬などを処方してもらいます。

-頭痛
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

少しずつ痛みが増す、後頭部の片側が痛むは重症のケースも

いつも違う頭痛には要注意 これまでの記事で紹介されている緊張型頭痛・片頭痛・群発頭痛などの慢性頭痛は、頭痛そのものが治療の対象となる「一次性頭痛」と言われます。放置すると脳梗塞などを招きやすくなります …

こめかみがズキンズキンと痛む場合は「片頭痛」で週末や季節の変わり目、発熱時に注意する

首筋、肩のこりも前兆である場合が多い 片頭痛は、頭の片側(右か左。あるいは両側で、右左の差あり) のこめかみのあたりが、脈拍に合わせてズキンズキンと痛むのが特徴。そうした発作が週末や季節の変わりめなど …

「金時しょうが」で血流アップして首や肩の凝りを改善する

体の冷えも頭痛の原因になる 日本人は、首や肩のこりに悩む人が多くいます。こりは、姿勢などが惑くて筋肉が緊張し、こわばるのが主原因。そして、もう1つ大きな原因として、体が冷えて血管が収縮し、血流が惑くな …

頭痛克服には食事がとても重要で食品選びが最重要

発作を招く食品を知る 頭痛を起こす要因は、日常生活のあらゆる場面に転がっています。例えば、ストレスや不安感、夜更かし、長時間にわたる惑い姿勢は、東部や首の血流を悪化させて、頭痛を招く要図となるのです。 …

頭痛を引き起こしやすい性格や行動など

うつむき姿勢は緊張型頭痛の原因に 慢性的な頭痛の原因はさまざまで、意外に思うような日常の行動が痛みを招くこともあります。ここでは、緊張型頭痛と片頭痛について、ふだん見落とされがちな生活の盲点を紹介しま …