副交感神経

副交感神経を高める5つの習慣、口角をあげて笑顔にするだけで自律神経が整う

投稿日:

「笑顔でいると病気が治る」「笑顔を意識することでがんがなくなった」などの話を問いたことがありませんか?
実は、これは本当の話です。笑顔というのは、本当に体内に影響を及ぼし、病状を和らげる効果があります。
笑顔でいると副交感神経が上がってリンパ球も活性化し、それだけ免疫力が高まることは実験でも証明されています。さらにおもしろいことに、「本当の笑顔」でなくても、「つくり笑い」で同じような効果があるのです。たとえば、なにか嫌なことがあつて、イライラしたり、落ち込んでいたりするとします。当然に交感神経があがり血流は悪くなっています。
こんなときは、無理やりでもいいので口角をキュツと上げ、「笑顔」をつくつてみてください。心から笑う必要はありません。顔だけで笑顔をつくれば十分です。逆に緊張感が高ぶっているとき、笑うのは不可能です。
作り笑いだけでそれだけで自律神経は反応し、副交感神経は上がってきます。「口角を上げる」という行為がスイッチとなって、自律神経が整うように体が反応し始めるのです。
大事なのは、リラックスするための「スイッチを入れる」という意識。この意識が、一番重要なのです。笑顔というのは、自分だけでなく、周囲の人たちにも大きな影響を及ぼします。
できるだけ笑顔で行動したほうが周囲の人も幸せになります。逆に怒ってばかりでは周囲も交感神経が高ぶってしまいます。

-副交感神経

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

副交感神経を高める5つの習慣、朝の行動をひとつひとつゆっくり行う

朝、目覚めてからの行動 朝、目覚めるとベッドから飛び起きてバタと過ごしている人も多いはず。「朝の1分は昼の30分に相当する」といわれるほど、朝は忙しいものです。 しかし、自律神経にとって「あわただしく …

副交感神経を高める5つの習慣、腸は健康を維持するために必要な良質の血液を作る

血液の質賃と流れが悪いと健康は維持できない 病気は「血液の質と流れが悪くなること」 によって起こります。がん、心臓疾患、脳疾患、高血圧、糖尿病など、どんな病気も「血液の質と流れが悪くなる」という点では …

副交感神経を高める5つの習慣、副交感神経が乱れると血液がどろどろになって血流が悪くなる

健康の大きな鍵を握る自律神経 自律神経が乱れると、心臓や胃腸の働きが鈍化して血流も悪くなり、さまざまな病気や不快な症状を起こしやすくなります。つまり、病気にならないためには、自律神経を整えて常に血流の …

副交感神経を高める5つの習慣、30分の入浴と十分な睡眠

副交感神経経を高めるためには、お風呂と睡眠も重要です。お風呂は、40度のお湯に5分問、肩までしっかり浸かりましょう。続けて10分間入るなら半身浴にします。これが1セットです。お風呂にはペットボトルを持 …

副交感神経を高める5つの習慣、毎日20分1ヶ所だけを片付ける

机のまわりを整理整頓したら、精神的に落ち着くようになったという経験は誰にでもあるはずです。事実、片づけには副交感神経を高め、気持ちを落ち着かせる効果があります。 だからといって、「徹底的に片づけをしま …