中性脂肪

日常生活の中の運動量もバカにできない

投稿日:

チリも積もれば…

炊事、洗濯、掃除、草むしりなど、家庭での日常生活の中で体を動かす機会は意外と多いものです。そうしたレベルの活動量を多くするのも、消費エネルギーを増やすのに役立ちます。
ひとつひとつの活動量はたいしたことがなくても、1 日、1 週間と積み重ねれば、ばかにならない量です。ほとんど運動をしていなかった人が、いきなり60分歩いたりするのは無理があります。そういう人は、まず生活の中でこまめに動くことから始めてみるのもいいかもしれません。

会社でも

通勤時やオフィスでも、工夫すれば活動量を増やす機会はたくさんあります。通勤電車の中で、駅の階段で、デスクの前で、動作に負荷をかけたり、ちょっとした時間を利用して体を動かしてみましょう。それなりに効果が現れてくるはずです。オフィスでは、休憩時間などにストレッチングやアイソメトリクス(動かずに筋肉に力を入れる運動)などを。気分転換にもなり、仕事もはかどります。

靴下をはくときは片足立ち

座ってはくより、ずっと体力を使います。

駅の階段を利用

階段を上るときに、ちょっとひと工夫して筋力や持久力をアップします。かかとをつけず、つま先だけで上がったり、一段ぬかしも効果があります。

TVを見ながら

横になり、上の脚を上下させる。肩をもちあげてすとんと落とす。

オフィスで

両手のひらを胸の前であわせ。両側から力を入れる。いすに座り、両手でいすを支え、両足を伸ばして腰をうかせる。

電車の中で

腕と腕の筋力アップ。両手で両足を外側から押し、両足は開くように力を入れる。

-中性脂肪

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

合併症がある場合

薬の使用には要注意 高脂血症の人は、ほかの病気を合併することが少なくありません。合併症があると双方の病気をかんがみながら治療を進める必要があり、特に薬の扱いに注意が必要です。 高血圧や糖尿病、境界型耐 …

実質的な死亡原因のトップは動脈硬化

動脈硬化で亡くなる人はガンで亡くなる人を上回る 高中性脂肪血症などの高脂血症が主原因となる粥状(アテローム性) 動脈硬化は、心臓の冠状動脈、内頚動脈、椎骨脳底動脈、脳動脈といった太い血管ほど発生しやす …

食品とは広く浅く向き合うのがポイント

皿数を増やす 特定の食品や限られた食品ばかり食べていると、栄養素が偏ります。逆にたくさんの種類の食品を食べるようにすれば、自然と栄養バランスが整ってきます。 いろいろな種類の食品をとるコツは、欠食をし …

薬物治療が必要な場合も

食事、運動療法で効果がないとき 食事療法と運動療法を2~3ヶ月続けても効果がない場合は、薬物療法を取り入れます。その場合も、食事療法と運動療法は引き続き行うことになります。一般に、薬をいったん飲みはじ …

肥満は高中性脂肪血症などの温床

肥満をきっかけにして合併症が起こる 肥満がこわいのはあらゆる生活習慣病と密接にかかわっているからです。肥満のなかでも内臓脂肪型肥満がより問題になります。最近注目されているのが、肥満による高インスリン血 …