中性脂肪

中性脂肪を増やしてしまう日頃の習慣

投稿日:2014/07/19 更新日:

並んでもエスカレーターに乗る

10kcalの運動でも10年後には1万kcal

階段はガラガラなのに、エスカレーターは長蛇の列。よく見かける光景ですが、運動不足はこんな小さなことから積み重なっていきます。
階段を10段上ると、だいたい1 k calを消費します。1 日100段として10kcal。わずか10kcalですが、3 年間では1万kcalにもなり、ばかにできません。階段は身近な運動場です。大いに利用してください。

すぐタクシーなどに乗る

楽をする習慣をつけてしまうと癖になる

人間は、1でも度ラクな思いをするとなかなか元にもどれません。雨が降っていたり、暑かったりすると、つい乗ってしまう人。時間に追われてつい乗ってしまう人。これが中高年の人だと、事態は深刻です。食事をいくら減らしても、歩かないのですっかり太りやすい体質になってしまい、そこから抜け出すのは容易ではありません。自分の足を、もっともっと使ってあげてください。

休日は家の中でごろごろ

すぐにあらためる

日がな家の中でゴロゴロ。けっしてめずらしくない休日の過ごし方ですが、高中性脂肪血症や肥満の人が、いつまでもそんな過ごし方をしていると悲惨です。きっと、血管壁には脂肪がべっとりたまっていることでしょう。
健康の問題もさることながら、定年後の生活も不安です。家でゴロゴロするのが毎日になれば、ああ…。今からでも遅くはありません。外に出て、まずは歩いてみませんか。

中性脂肪を減らすための生活ポイントも意識すればさらによい。

-中性脂肪

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

スリムなのに…かくれ肥満

自覚しにくい故に危険も 体重も多くなく、見た目もやせているほうのなのに、体脂肪をはかってみたら実は肥満だった、あるいは腹腔内脂肪が異常に多かったという人がいます。このタイプの人は、自分が肥満だとは自覚 …

中性脂肪って?

体内では皮下、腹腔、内臓や血液中に存在 中性脂肪と聞いて、どんなものをイメージしますか。日常的に食事でとっている抽やバター、肉類の脂身などは、実はみんな中性脂肪です。では、体内ではどうでしょうか。いち …

喫煙、ストレスも危険因子

血液中の中性脂肪を増やす 喫煙は高脂血症や動脈硬化とも深い関係があります。タバコに含まれる一酸化炭素は、血液中の酸素不足を引き起こし、LDLを変性させ、マクロファージに取り込まれやすくします。中性脂肪 …

高中性脂肪血症と診断後も動脈硬化の検査は必要

冠状動脈や脳動脈を調べる 高中性脂肪血症は動脈硬化の1つの危険因子なので、高中性脂肪血症と診断されると、動脈硬化がどの程度進んでいるかを調べる必要があります。 冠状動脈の検査 心臓の冠状動脈に動脈硬化 …

肥満チェック(自己診断)

標準体重 肥満は、正確には体重ではなく、体内の脂肪の量を測定し体脂肪率で判定します。日本肥満学会の判定基準では、男性は体脂肪率が20% 以上、女性は30% 以上を肥満としています。 体脂肪率を正確に調 …