中性脂肪

より効果的なのはアクアビクス

投稿日:

腰や膝に負担が少なく安全

最近、健康づくりのために「アクアビクス」に取り組む人が増えています。アクアビクスとは、水の中で歩いたり、音楽にあわせてダンスをしたりする有酸素運動です。
水の抵抗があるため、運動量は陸上のウォーキングよりかなり高くなります。また、水中では浮力がつくので腰や膝の負担が少なくてすみ、腰痛などがある人でも安心して行うことができます。中性脂肪値や太りすぎが気になる中高年の人に最適の運動といってよいでしょう。

普段使わない筋肉を使うことができる

アクアビクスにはいろいろなプログラムがありますが、最初はまっすぐに歩くことからスタート。慣れてきたら、ジャンプをしながら歩いたり、後ろ歩き、横歩きをど、いろいろな動きを取り入れていきます。
陸上ではできない動きも、水中ならラクラク可能。ふだん使わない筋肉を十分に使えるのがアクアビクスのポイントです。週に3 回以上行えば、脂肪を減らすのに効果は大です。

まずは基本の前進歩行

体をまっすぐにして前方を向き、前傾したり、後ろに倒れないように注意する。この姿勢が基本で、お腹に力が入るため腹筋が鍛えられる0 腕で大きく水をかきながら、足がつま先立ちにならないよう、足の裏全体で踏みしめるようにして前進する。

音楽に合わせてジャンプ

ももを持ち上げリズミカルに飛び上がりながら前進する。普通の前進歩行より運動強度が高くなる。

ツイスト運動

足の膝を曲げて高くあげ、反対側のひつとつける。背筋が曲がらないように体をひねらせないで行う。
左右交互に行う。

横歩き

足を大きく開き、両手も左右に水平に上げる。その姿勢を保ったまま、片方の足をもう片方に引きずるように寄せる。次にまた足を開き、足を引き寄せながら、横歩きをする。お腹と内ももの筋肉を鍛える。

-中性脂肪

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

おなかの脂肪は悪性のケースが多い

余った脂肪は脂肪細胞にどんどんたまる 血中の中性脂肪ばかりに関心がいきがちですが、皮下の組織についた中性脂肪を忘れてはいけません。体内で合成された中性脂肪のうち、エネルギーとして使われなかった分は肝臓 …

中性脂肪って?

体内では皮下、腹腔、内臓や血液中に存在 中性脂肪と聞いて、どんなものをイメージしますか。日常的に食事でとっている抽やバター、肉類の脂身などは、実はみんな中性脂肪です。では、体内ではどうでしょうか。いち …

摂取エネルギーの目安

標準体重(kg)×25~30kcalを目安に 食品の種類はたくさんとったほうがよいのですが、肥満気味の人は1日の摂取エネルギーを抑えなければなりません。その場合は、自分の標準体重に25~30kcalを …

治療の基本は食事と運動

中性脂肪血症は生活習慣の改善だけでもよくなる 高中性脂肪血症の原因は食べすぎ、飲みすぎと運動不足といいましたが、治療はこの3つを改善することが治療の柱となります。食べすぎ、飲みすぎに注意し、適度な運動 …

高中性脂肪血症と診断後も動脈硬化の検査は必要

冠状動脈や脳動脈を調べる 高中性脂肪血症は動脈硬化の1つの危険因子なので、高中性脂肪血症と診断されると、動脈硬化がどの程度進んでいるかを調べる必要があります。 冠状動脈の検査 心臓の冠状動脈に動脈硬化 …