中性脂肪

運動療法を行う際の厳守事項

投稿日:

はじめる前に医師と相談する

高中性脂肪血症や肥満の治療や予防に欠かせない運動ですが、なかには運動をやってはいけない人もいるので注意してください。血圧や血糖がひじょうに高いとか、動脈硬化が進んでいて狭心症や心筋梗塞の発作を起こす可能性のある人、糖尿病の合併症がある程度進行している人は、運動は禁物です。運動を始める前には、医師と十分相談することが大切です。

体調が優れないときは中止する

また、運動を始める前に気になる症状があるときは、無理をせず運動は控えるようにします。たとえば、熱がある、血圧がいつもより20mmHG以上高い、睡眠不足のとき、二日酔いのとき、頭痛がする、胃腸の調子が悪い、食欲がなく体重が減ってきたなど。こうした症状があるのに、無理をして運動するとかえって健康を損ねます。運動中に、気持ち悪くなったり動惇や息切れがする、胸部に締めつけられるような痛みがある、足や腰などの関節が痛む、わき腹が痛むことなどがあれば、すみやかに運動を中止します。
もし運動後に、筋肉痛や関節痛が治まらない、胸部の痛みが強くなる、頭痛が激しくなる、脈拍が異常、血圧がなかなか元にもどらないときは医師の診察を受けてください。

大切なウォーミングアップとクールダウン

いきなり運動に入ると、足がつったり不整脈を起こすなど事故につながります。運動を開始する前に必ずウオーミングアップを行い、体を温め、筋肉などを十分にはぐします。運動後は、クールダウンをして筋肉の疲労を取り除き、血圧や心拍数を下げていきます。

早朝の運動は避ける

早朝や午前中は自律神経が不安定で、脈拍や血圧が動揺しがちです。心筋梗塞や狭心症もこの時間帯に起こりやすいとされています。
体の調子が安定する午後や、夕方から夕食後にかけて運動するようにしましょう。また、糖尿病の人で薬を飲んでいる人は低血糖を起こしやすくなるので、空腹時の運動は避けてください。

-中性脂肪

執筆者:


  1. […] 運動療法を始める際の厳守事項をクリアーしたらまずはウォーキングに取り組むのがおすすめです。 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

スリムなのに…かくれ肥満

自覚しにくい故に危険も 体重も多くなく、見た目もやせているほうのなのに、体脂肪をはかってみたら実は肥満だった、あるいは腹腔内脂肪が異常に多かったという人がいます。このタイプの人は、自分が肥満だとは自覚 …

実質的な死亡原因のトップは動脈硬化

動脈硬化で亡くなる人はガンで亡くなる人を上回る 高中性脂肪血症などの高脂血症が主原因となる粥状(アテローム性) 動脈硬化は、心臓の冠状動脈、内頚動脈、椎骨脳底動脈、脳動脈といった太い血管ほど発生しやす …

血液中の脂質は4種類

血液中には中性脂肪以外に3種類の脂質 血液中には中性脂肪のほかにコレステロール、リン脂質、遊離脂肪酸の3つの脂質(脂肪)が流れています。4つの脂質はそれぞれ密接な関係にありますが、異なる役割を果します …

高中性脂肪血症と関連のある病気

狭心症・心筋梗塞 高中性脂肪血症は、動脈硬化の大きな原因の1つです。動脈硬化が進行すると、血管の内腔がだんだん狭くなり、血液の流れが悪くなって、しまいにはふさがってしまいます。 こうした状況が心臓の冠 …

高中性脂肪血症のチェック

血液検査で血清脂質の値をチェック 高中性脂肪血症をはじめとする高脂血症はほとんど自覚症状がありません。そのため、会社の健康診断や地域の健診、老人健診などで定期的に検査をして、初期のうちに見つけて手を打 …