中性脂肪

無理をしないペースを維持する

投稿日:

ニコニコペース

健康づくりのための運動や、高中性脂肪血症や肥満の運動療法は、頑張りすぎないことがポイントです。長続きさせることが大切ですから、歯をくいしばってやるようでは、3日坊主になる可能性があります。
運動することがストレスになって、ヤケ食いをするようになっては元も子もありません。楽しみながらできて、無理をせずラクに続けられるような運動がよいのです。ニコニコペースを目標にしましょう。

運動中の心拍数を目安に

とはいえ、運動効果を得るには、時間とともに強度も重要な要素です。ウォーキングにしても、いくらニコニコペースだからといって、だらだら歩きでは脂肪を燃焼する効果は低下します。
気分転換などに、時にはだらだら歩きもいいのですが、ある程度の強度は必要です。運動強度は、年齢などによって変わってきます。中高年の人が運動する場合、夢中になってしまって強度が高まっているのに自覚できないでいると危険なこともあります。そこで、運動中は心拍数をはかり、運動の強度をチェックする習慣をつけましょう。強度による心拍数は以下の表を参考にしてください。まったく運動らしい運動をしていなかった人が始めるときは、軽い運動から徐々に強度を高めていきましょう。

1分あたりの年代別心拍数

 軽い運動やや強い
20歳代110125
30歳代110120
40歳代100115
50歳代100110
60歳代90100


心拍の数え方

運動直後に手首内側に、もう片方の手の指3 本を園のように当て、15秒間脈拍をかぞえて4惜し、それに10を足す。運動を中止すると急速に脈拍が遅くなっていくので、10を足して補足する。

-中性脂肪

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

中性脂肪を増やす食習慣チェック

朝食をよく抜く→欠食は太りやすい 1日に同じエネルギーをとるなら、食事回数が3回より2のほうが太りやすく、中性脂肪を高くする食べ方。相撲の力士が太るために1日2食しか食べないのは有名な話です。食事回数 …

治療の基本は食事と運動

中性脂肪血症は生活習慣の改善だけでもよくなる 高中性脂肪血症の原因は食べすぎ、飲みすぎと運動不足といいましたが、治療はこの3つを改善することが治療の柱となります。食べすぎ、飲みすぎに注意し、適度な運動 …

薬物治療が必要な場合も

食事、運動療法で効果がないとき 食事療法と運動療法を2~3ヶ月続けても効果がない場合は、薬物療法を取り入れます。その場合も、食事療法と運動療法は引き続き行うことになります。一般に、薬をいったん飲みはじ …

高中性脂肪血症と診断後も動脈硬化の検査は必要

冠状動脈や脳動脈を調べる 高中性脂肪血症は動脈硬化の1つの危険因子なので、高中性脂肪血症と診断されると、動脈硬化がどの程度進んでいるかを調べる必要があります。 冠状動脈の検査 心臓の冠状動脈に動脈硬化 …

食品別アドバイス

糖質は主にデンプンで摂取する エネルギー源になる食品は糖質と脂質で丸ダイエットのときは、この2 つを抑えるのがポイントです。とはいえ、糖質はブドウ糖に分解されて脳のエネルギー源になるので、極端に減らす …