中性脂肪

無理をしないペースを維持する

投稿日:

ニコニコペース

健康づくりのための運動や、高中性脂肪血症や肥満の運動療法は、頑張りすぎないことがポイントです。長続きさせることが大切ですから、歯をくいしばってやるようでは、3日坊主になる可能性があります。
運動することがストレスになって、ヤケ食いをするようになっては元も子もありません。楽しみながらできて、無理をせずラクに続けられるような運動がよいのです。ニコニコペースを目標にしましょう。

運動中の心拍数を目安に

とはいえ、運動効果を得るには、時間とともに強度も重要な要素です。ウォーキングにしても、いくらニコニコペースだからといって、だらだら歩きでは脂肪を燃焼する効果は低下します。
気分転換などに、時にはだらだら歩きもいいのですが、ある程度の強度は必要です。運動強度は、年齢などによって変わってきます。中高年の人が運動する場合、夢中になってしまって強度が高まっているのに自覚できないでいると危険なこともあります。そこで、運動中は心拍数をはかり、運動の強度をチェックする習慣をつけましょう。強度による心拍数は以下の表を参考にしてください。まったく運動らしい運動をしていなかった人が始めるときは、軽い運動から徐々に強度を高めていきましょう。

1分あたりの年代別心拍数

 軽い運動やや強い
20歳代110125
30歳代110120
40歳代100115
50歳代100110
60歳代90100


心拍の数え方

運動直後に手首内側に、もう片方の手の指3 本を園のように当て、15秒間脈拍をかぞえて4惜し、それに10を足す。運動を中止すると急速に脈拍が遅くなっていくので、10を足して補足する。

-中性脂肪

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

日常生活の中の運動量もバカにできない

チリも積もれば… 炊事、洗濯、掃除、草むしりなど、家庭での日常生活の中で体を動かす機会は意外と多いものです。そうしたレベルの活動量を多くするのも、消費エネルギーを増やすのに役立ちます。 ひとつひとつの …

食物繊維の摂取も効果がある

血液中の脂肪を減らす 高中性脂肪血症の予防や治療の最大の目的は動脈硬化の進行を防ぐこと。そのため、動脈硬化や関連のある病気を防ぐ食生活を送ることも大切です。 なかでも食物繊維は腸を掃除して大腸ガンを予 …

肥満チェック(自己診断)

標準体重 肥満は、正確には体重ではなく、体内の脂肪の量を測定し体脂肪率で判定します。日本肥満学会の判定基準では、男性は体脂肪率が20% 以上、女性は30% 以上を肥満としています。 体脂肪率を正確に調 …

より効果的なのはアクアビクス

腰や膝に負担が少なく安全 最近、健康づくりのために「アクアビクス」に取り組む人が増えています。アクアビクスとは、水の中で歩いたり、音楽にあわせてダンスをしたりする有酸素運動です。 水の抵抗があるため、 …

肥満は高中性脂肪血症などの温床

肥満をきっかけにして合併症が起こる 肥満がこわいのはあらゆる生活習慣病と密接にかかわっているからです。肥満のなかでも内臓脂肪型肥満がより問題になります。最近注目されているのが、肥満による高インスリン血 …