中性脂肪

1日に150kcalを消費する生活習慣

投稿日:

週間に700~1000kcalの消費を

できたら毎日したい運動ですが、では1日にどのくらいの運動量をすればいいのでしょうか。問題は、摂取エネルギーと消費エネルギーの収支です。
適正体重の人は収支がゼロでいいし、肥満の人は収支がマイナスになるように運動量を設定すればいいわけです。消費エネルギーは、その人の体重や生活動作の強弱によって変わってきます。
一般には、1週間に700~1000kcal前後を運動で消費するのが好ましいといわれています。1 日にすると100~150kcal程度。減量する人はもう少し増やすといいでしょう。

ごはん1杯を消費するのには早足で40分以上歩かなければならない

1500kcalを消費する運動はどのくらいか、それを計算するための補正係数を運動別にあげてみました。たとえば、60kg の人がはや足(分速70m)で消費しようとすると、約40分かかります。ご飯1杯のエネルギーが160kcalですから、運動で消費するエネルギーは意外に少ないことがわかるでしょう。

-中性脂肪

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

運動で脂肪を燃やす

消費エネルギーをできるだけ増やす 高中性脂肪血症と肥満の3大原因は「食べすぎ」と「飲みすぎ」「運動不足」。その予防や治療法は、食生活を改善して中性脂肪になる余分な材料の摂取を控え、運動によって中性脂肪 …

誰にでもできるウォーキング

運動療法を始める際の厳守事項をクリアーしたらまずはウォーキングに取り組むのがおすすめです。 もっと歩けば健康になる 歩行は人間の最良の薬」といったのは古代ギリシャの医聖ヒポクラテスですが、人間は体を動 …

中性脂肪って?

体内では皮下、腹腔、内臓や血液中に存在 中性脂肪と聞いて、どんなものをイメージしますか。日常的に食事でとっている抽やバター、肉類の脂身などは、実はみんな中性脂肪です。では、体内ではどうでしょうか。いち …

高中性脂肪血症と診断後も動脈硬化の検査は必要

冠状動脈や脳動脈を調べる 高中性脂肪血症は動脈硬化の1つの危険因子なので、高中性脂肪血症と診断されると、動脈硬化がどの程度進んでいるかを調べる必要があります。 冠状動脈の検査 心臓の冠状動脈に動脈硬化 …

治療の基本は食事と運動

中性脂肪血症は生活習慣の改善だけでもよくなる 高中性脂肪血症の原因は食べすぎ、飲みすぎと運動不足といいましたが、治療はこの3つを改善することが治療の柱となります。食べすぎ、飲みすぎに注意し、適度な運動 …