中性脂肪

1日に150kcalを消費する生活習慣

投稿日:

週間に700~1000kcalの消費を

できたら毎日したい運動ですが、では1日にどのくらいの運動量をすればいいのでしょうか。問題は、摂取エネルギーと消費エネルギーの収支です。
適正体重の人は収支がゼロでいいし、肥満の人は収支がマイナスになるように運動量を設定すればいいわけです。消費エネルギーは、その人の体重や生活動作の強弱によって変わってきます。
一般には、1週間に700~1000kcal前後を運動で消費するのが好ましいといわれています。1 日にすると100~150kcal程度。減量する人はもう少し増やすといいでしょう。

ごはん1杯を消費するのには早足で40分以上歩かなければならない

1500kcalを消費する運動はどのくらいか、それを計算するための補正係数を運動別にあげてみました。たとえば、60kg の人がはや足(分速70m)で消費しようとすると、約40分かかります。ご飯1杯のエネルギーが160kcalですから、運動で消費するエネルギーは意外に少ないことがわかるでしょう。

-中性脂肪

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

血液中の脂質は4種類

血液中には中性脂肪以外に3種類の脂質 血液中には中性脂肪のほかにコレステロール、リン脂質、遊離脂肪酸の3つの脂質(脂肪)が流れています。4つの脂質はそれぞれ密接な関係にありますが、異なる役割を果します …

喫煙、ストレスも危険因子

血液中の中性脂肪を増やす 喫煙は高脂血症や動脈硬化とも深い関係があります。タバコに含まれる一酸化炭素は、血液中の酸素不足を引き起こし、LDLを変性させ、マクロファージに取り込まれやすくします。中性脂肪 …

脂肪を燃焼させるのは有酸素運動

脂肪が燃焼しはじめるまでには少し時間がかかる 運動には大別すると2つの種類があります。1つは、体内に酸素をたくさん取り入れながら行う有酸素運動(エアロビクス) と、もう1つは酸素をほとんど消費しないで …

高中性脂肪血症のチェック

血液検査で血清脂質の値をチェック 高中性脂肪血症をはじめとする高脂血症はほとんど自覚症状がありません。そのため、会社の健康診断や地域の健診、老人健診などで定期的に検査をして、初期のうちに見つけて手を打 …

リフレッシュ効果の高いサイクリング

スピードと爽快感 サイクリングもウォーキングと同じ有酸素運動なので、高中性脂肪血症や肥満の解消に効果が期待できます。ウォーキングや水泳などと大きく違うのは、風を切って走る爽快感でしょう。また、遠出をす …