中性脂肪

1日に150kcalを消費する生活習慣

投稿日:

週間に700~1000kcalの消費を

できたら毎日したい運動ですが、では1日にどのくらいの運動量をすればいいのでしょうか。問題は、摂取エネルギーと消費エネルギーの収支です。
適正体重の人は収支がゼロでいいし、肥満の人は収支がマイナスになるように運動量を設定すればいいわけです。消費エネルギーは、その人の体重や生活動作の強弱によって変わってきます。
一般には、1週間に700~1000kcal前後を運動で消費するのが好ましいといわれています。1 日にすると100~150kcal程度。減量する人はもう少し増やすといいでしょう。

ごはん1杯を消費するのには早足で40分以上歩かなければならない

1500kcalを消費する運動はどのくらいか、それを計算するための補正係数を運動別にあげてみました。たとえば、60kg の人がはや足(分速70m)で消費しようとすると、約40分かかります。ご飯1杯のエネルギーが160kcalですから、運動で消費するエネルギーは意外に少ないことがわかるでしょう。

-中性脂肪

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

高中性脂肪血症と関連のある病気

狭心症・心筋梗塞 高中性脂肪血症は、動脈硬化の大きな原因の1つです。動脈硬化が進行すると、血管の内腔がだんだん狭くなり、血液の流れが悪くなって、しまいにはふさがってしまいます。 こうした状況が心臓の冠 …

中性脂肪を増やす食習慣チェック

朝食をよく抜く→欠食は太りやすい 1日に同じエネルギーをとるなら、食事回数が3回より2のほうが太りやすく、中性脂肪を高くする食べ方。相撲の力士が太るために1日2食しか食べないのは有名な話です。食事回数 …

食品とは広く浅く向き合うのがポイント

皿数を増やす 特定の食品や限られた食品ばかり食べていると、栄養素が偏ります。逆にたくさんの種類の食品を食べるようにすれば、自然と栄養バランスが整ってきます。 いろいろな種類の食品をとるコツは、欠食をし …

治療の基本は食事と運動

中性脂肪血症は生活習慣の改善だけでもよくなる 高中性脂肪血症の原因は食べすぎ、飲みすぎと運動不足といいましたが、治療はこの3つを改善することが治療の柱となります。食べすぎ、飲みすぎに注意し、適度な運動 …

肥満は高中性脂肪血症などの温床

肥満をきっかけにして合併症が起こる 肥満がこわいのはあらゆる生活習慣病と密接にかかわっているからです。肥満のなかでも内臓脂肪型肥満がより問題になります。最近注目されているのが、肥満による高インスリン血 …