中性脂肪

1日に150kcalを消費する生活習慣

投稿日:

週間に700~1000kcalの消費を

できたら毎日したい運動ですが、では1日にどのくらいの運動量をすればいいのでしょうか。問題は、摂取エネルギーと消費エネルギーの収支です。
適正体重の人は収支がゼロでいいし、肥満の人は収支がマイナスになるように運動量を設定すればいいわけです。消費エネルギーは、その人の体重や生活動作の強弱によって変わってきます。
一般には、1週間に700~1000kcal前後を運動で消費するのが好ましいといわれています。1 日にすると100~150kcal程度。減量する人はもう少し増やすといいでしょう。

ごはん1杯を消費するのには早足で40分以上歩かなければならない

1500kcalを消費する運動はどのくらいか、それを計算するための補正係数を運動別にあげてみました。たとえば、60kg の人がはや足(分速70m)で消費しようとすると、約40分かかります。ご飯1杯のエネルギーが160kcalですから、運動で消費するエネルギーは意外に少ないことがわかるでしょう。

-中性脂肪

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

スリムなのに…かくれ肥満

自覚しにくい故に危険も 体重も多くなく、見た目もやせているほうのなのに、体脂肪をはかってみたら実は肥満だった、あるいは腹腔内脂肪が異常に多かったという人がいます。このタイプの人は、自分が肥満だとは自覚 …

食品とは広く浅く向き合うのがポイント

皿数を増やす 特定の食品や限られた食品ばかり食べていると、栄養素が偏ります。逆にたくさんの種類の食品を食べるようにすれば、自然と栄養バランスが整ってきます。 いろいろな種類の食品をとるコツは、欠食をし …

中性脂肪を増やす食習慣チェック

朝食をよく抜く→欠食は太りやすい 1日に同じエネルギーをとるなら、食事回数が3回より2のほうが太りやすく、中性脂肪を高くする食べ方。相撲の力士が太るために1日2食しか食べないのは有名な話です。食事回数 …

リポたんぱく

種類 脂質の成分 役割 カイロミクロン 中性脂肪が約80~ 9 0%、残る10% はコレステロールやリン脂質 食事で摂取した脂肪から小腸で合成され、リンパ管を通して血液に入り、肝臓に運搬されリポたんぱ …

おなかの脂肪は悪性のケースが多い

余った脂肪は脂肪細胞にどんどんたまる 血中の中性脂肪ばかりに関心がいきがちですが、皮下の組織についた中性脂肪を忘れてはいけません。体内で合成された中性脂肪のうち、エネルギーとして使われなかった分は肝臓 …