中性脂肪

1日に150kcalを消費する生活習慣

投稿日:

週間に700~1000kcalの消費を

できたら毎日したい運動ですが、では1日にどのくらいの運動量をすればいいのでしょうか。問題は、摂取エネルギーと消費エネルギーの収支です。
適正体重の人は収支がゼロでいいし、肥満の人は収支がマイナスになるように運動量を設定すればいいわけです。消費エネルギーは、その人の体重や生活動作の強弱によって変わってきます。
一般には、1週間に700~1000kcal前後を運動で消費するのが好ましいといわれています。1 日にすると100~150kcal程度。減量する人はもう少し増やすといいでしょう。

ごはん1杯を消費するのには早足で40分以上歩かなければならない

1500kcalを消費する運動はどのくらいか、それを計算するための補正係数を運動別にあげてみました。たとえば、60kg の人がはや足(分速70m)で消費しようとすると、約40分かかります。ご飯1杯のエネルギーが160kcalですから、運動で消費するエネルギーは意外に少ないことがわかるでしょう。

-中性脂肪

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

高中性脂肪血症のチェック

血液検査で血清脂質の値をチェック 高中性脂肪血症をはじめとする高脂血症はほとんど自覚症状がありません。そのため、会社の健康診断や地域の健診、老人健診などで定期的に検査をして、初期のうちに見つけて手を打 …

脂肪を燃焼させるのは有酸素運動 有酸素運動でなければ脂肪は燃えない

脂肪が燃焼しはじめるまでには少し時間がかかる 運動には大別すると2つの種類があります。1つは、体内に酸素をたくさん取り入れながら行う有酸素運動(エアロビクス) と、もう1つは酸素をほとんど消費しないで …

日常生活の中の運動量もバカにできない

チリも積もれば… 炊事、洗濯、掃除、草むしりなど、家庭での日常生活の中で体を動かす機会は意外と多いものです。そうしたレベルの活動量を多くするのも、消費エネルギーを増やすのに役立ちます。 ひとつひとつの …

薬物治療が必要な場合も

食事、運動療法で効果がないとき 食事療法と運動療法を2~3ヶ月続けても効果がない場合は、薬物療法を取り入れます。その場合も、食事療法と運動療法は引き続き行うことになります。一般に、薬をいったん飲みはじ …

合併症がある場合

薬の使用には要注意 高脂血症の人は、ほかの病気を合併することが少なくありません。合併症があると双方の病気をかんがみながら治療を進める必要があり、特に薬の扱いに注意が必要です。 高血圧や糖尿病、境界型耐 …