中性脂肪

運動で脂肪を燃やす

投稿日:2014/07/01 更新日:

消費エネルギーをできるだけ増やす

高中性脂肪血症と肥満の3大原因は「食べすぎ」と「飲みすぎ」「運動不足」。その予防や治療法は、食生活を改善して中性脂肪になる余分な材料の摂取を控え、運動によって中性脂肪をせっせと燃やしてエネルギーとして上手に使うことに尽きます。
昔は、わざわざ運動をしようなどといわなくても日常生活で十分に活動していました。しかし、現代人は文明の発達のおかげでいちじるしく運動量が減っているため、意識して運動することが必要です。

運動は血糖、中性脂肪、コレステロール、血圧を下げ、動脈硬化も予防する

運動には脂肪を燃やしてエネルギーとして消費するほか、血糖、中性脂肪、LDLコレステロールを減らしてHDLコレステロールを増やす働きもあります。また、適度な運動習慣は血圧も下げます。高中性脂肪血症や肥満に加えて、動脈硬化の予防や治療にも有効です。
また、運動は心肺や筋肉、骨などを鍛え、全身の健康づくりにも役立ちます。ストレスを解消するなど、メンタルな面での効果も見逃せません。

基礎代謝の低下を防ぎ、筋肉を保持する食事療法のみで摂取エネルギーを抑えていると、基礎代謝量が少しずつ減っていく

基礎代謝量とは眠っているだけで消費されるエネルギーのことですが、低下するとその分の消費エネルギーが低下します。そこで、運動療法をプラスすると、基礎代謝が低下しにくくなり、逆に高めることカ河能です。また、食事療法だけでは筋肉が落ちてしまい、体のラインがくずれます。筋肉を鍛えるためにも、運動は大切です。
運動と同時に基礎代謝をアップして脂肪を蓄えない体をつくる習慣が重要です。

-中性脂肪

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

高中性脂肪血症になりやすい食品に注意

吸収がはやく脂肪になりやすい砂糖と果物 血液中の中性脂肪が高い人や肥満の人は、中牲脂肪になりやすい食品を好んで食べる傾向にあるといわれます。中性脂肪の材料になるのは主に糖質ですが、そのなかでも気をつけ …

リポたんぱく

種類 脂質の成分 役割 カイロミクロン 中性脂肪が約80~ 9 0%、残る10% はコレステロールやリン脂質 食事で摂取した脂肪から小腸で合成され、リンパ管を通して血液に入り、肝臓に運搬されリポたんぱ …

脂肪を燃焼させるのは有酸素運動 有酸素運動でなければ脂肪は燃えない

脂肪が燃焼しはじめるまでには少し時間がかかる 運動には大別すると2つの種類があります。1つは、体内に酸素をたくさん取り入れながら行う有酸素運動(エアロビクス) と、もう1つは酸素をほとんど消費しないで …

血液中の脂質は4種類

血液中には中性脂肪以外に3種類の脂質 血液中には中性脂肪のほかにコレステロール、リン脂質、遊離脂肪酸の3つの脂質(脂肪)が流れています。4つの脂質はそれぞれ密接な関係にありますが、異なる役割を果します …

喫煙、ストレスも危険因子

血液中の中性脂肪を増やす 喫煙は高脂血症や動脈硬化とも深い関係があります。タバコに含まれる一酸化炭素は、血液中の酸素不足を引き起こし、LDLを変性させ、マクロファージに取り込まれやすくします。中性脂肪 …