中性脂肪

脂肪を燃焼させるのは有酸素運動

投稿日:

脂肪が燃焼しはじめるまでには少し時間がかかる

運動には大別すると2つの種類があります。1つは、体内に酸素をたくさん取り入れながら行う有酸素運動(エアロビクス) と、もう1つは酸素をほとんど消費しないで瞬発的にエネルギーを使う無酸素運動(アネロビクス)です。
高中性脂肪血症や肥満をはじめ、生活習慣病に効果があるのは有酸素運動です。運動で使われるエネルギー源は、まずグリコーゲン、次にブドウ糖、そして脂肪の順。無酸素運動のような急激な運動は、脂肪が消費される前に終わってしまいますが、有酸素運動は長く続けることができるため、中性脂肪がしっかり消費されます。

初心者からベテランまでウォーキングがおすすめ

また有酸素運動の利点は、体力に合わせて強度を調節できることです。心臓の負担も少なく、血圧を急上昇させるようなこともなく、中高年の方でも安心して行うことができます。代表的な有酸素運動はウオーキングやジョギング、水中歩行などのアクアビクス、水泳、サイクリングなど。なかでも、ウォーキングがおすすめです。
食事療法は毎日のことですが、実は運動療法も毎日が望ましく、継続させなければなりません。その意味で、ウオーキングは日常的な動作であり、取り組みやすいのです。毎日が無理なら、せめて1週間に3~4回は行いたいもの。それもできないときは、はや足で歩く、階段を上るなどしましょう。

無酸素運動で筋力の低下を防ぐ

無酸素運動は、筋肉を鍛えるには最適の運動です。筋力をつけることは有酸素運動をラクに行うためにも必要で、筋肉が多いとエネルギーもたくさん消費できます。そこで、有酸素運動に、筋肉トレーニングを適度に組み合わせると理想的です。ただし、血圧を急上昇させるおそれのある、息を止めて力むような運動は避けます。

脂肪を燃やす有酸素運動

  • ウォーキング
  • ジョギング
  • 水泳
  • サイクリング

筋肉を鍛える無酸素運動

  • ダンベル体操
  • 100mダッシュ

-中性脂肪

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

肥満は高中性脂肪血症などの温床

肥満をきっかけにして合併症が起こる 肥満がこわいのはあらゆる生活習慣病と密接にかかわっているからです。肥満のなかでも内臓脂肪型肥満がより問題になります。最近注目されているのが、肥満による高インスリン血 …

誰にでもできるウォーキング

運動療法を始める際の厳守事項をクリアーしたらまずはウォーキングに取り組むのがおすすめです。 もっと歩けば健康になる 歩行は人間の最良の薬」といったのは古代ギリシャの医聖ヒポクラテスですが、人間は体を動 …

高中性脂肪血症と診断後も動脈硬化の検査は必要

冠状動脈や脳動脈を調べる 高中性脂肪血症は動脈硬化の1つの危険因子なので、高中性脂肪血症と診断されると、動脈硬化がどの程度進んでいるかを調べる必要があります。 冠状動脈の検査 心臓の冠状動脈に動脈硬化 …

実質的な死亡原因のトップは動脈硬化

動脈硬化で亡くなる人はガンで亡くなる人を上回る 高中性脂肪血症などの高脂血症が主原因となる粥状(アテローム性) 動脈硬化は、心臓の冠状動脈、内頚動脈、椎骨脳底動脈、脳動脈といった太い血管ほど発生しやす …

中性脂肪が高いとどういったことがリスクになる?

高中性脂肪血症は動脈硬化の危険因子 血液中の中性脂肪の値が基準値(150 mg/dl未満)よりも高い状態を高中性脂肪血症といいます。高中性脂肪血症そのものは痛くもかゆくもありません。ところが高中性脂肪 …