中性脂肪

中性脂肪を増やす食習慣チェック

投稿日:

朝食をよく抜く→欠食は太りやすい

1日に同じエネルギーをとるなら、食事回数が3回より2のほうが太りやすく、中性脂肪を高くする食べ方。相撲の力士が太るために1日2食しか食べないのは有名な話です。食事回数が少ないと食べる食品の数も少なく、栄養バランスがくずれます。朝食に限らず欠食する習慣のある人は、まず3食きちんと食べることから始めましょう。

夕食にドカ食いする→脂肪は夜つくられる

夕食後は体を動かすことが少ないので、夕食の量が多いとエネルギーが消費しきれず、体内に蓄積されやすくなります。また、夜は腸の活動が盛んになり、食べたものは迅速かつしっかり体内に取り込まれます。夜はエネルギーを中性脂肪としてためやすい態勢になっているのです。
夕食は控えめに、また少なくとも就寝する3 時間前にはすませましょう。残業で帰りが遅くなるなら早めに夕食を。

よく噛まずに早食い

食事をすると血液中の血糖値が上昇し、胃壁が伸びます。それが合図として脳の満腹中枢に届き、「もうお腹がいっぱい」という指令を出します。これに要する時間は20~30分ほど。ろくにかみもせずに早食いする人は、満腹の指令が出るころには、すでに食べすぎの状態です。よくかんで、20分はとかけてゆっくり食べるのが食べすぎを防ぎ、肥満や高中性脂肪血症を防ぐ食べ方です。

ながら食いをする→スナック菓子などは中性脂肪を増やす

テレビを見ながら、新聞や雑誌を読みながら、おしゃべりしながら食べる習慣のある人は少なくありません。そういうときに食べるものといえば、おせんべい、ポテトチップス、ピーナッツなど、手軽に食べられるスナック系の食べ物が多いもの。
いずれも、油脂や塩分、でんぷん類が多く、中性脂肪を増やしやすいものばかりです。気がついたら1箱、1袋全部食べていた… などというおそろしい習慣は、今すぐにやめましょう。

間食が大好き→間食は中性脂肪に

食事回数が少ないほうが太りやすい。ならば、間食すると回数が増えるから太らない…なんてことはありません。回数の多少は、あくまで同じエネルギーをとるのが前提。間食の分を食事から差し引いて食べれば別ですが、実際には3食プラス間食をとっているはず。
つまり、間食をしている人のほとんどは摂取エネルギーをオーバーしています。間食は栄養的にも食事の代わりにはなりにくいのです。

毎晩お酒を飲む→飲んだ代償は突き出たおなか

帰宅前に1杯やるのが何よりの楽しみとばかりに、毎晩お酒を飲んでいる人。あなたも摂取エネルギーのオーバーです。ストレス解消に多少は役立っているかもしれませんが、そのうちお腹に中性脂肪がたっぷりついてくることでしょう。
血液中の中性脂肪値も高くなりがちです。お酒たっぷりに加えてつまみをたっぷり食べるとなると、最悪のパターンになります。禁酒、または節酒、週2日の休肝日のうち1つでも実行してください。

-中性脂肪

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

肥満は高中性脂肪血症などの温床

肥満をきっかけにして合併症が起こる 肥満がこわいのはあらゆる生活習慣病と密接にかかわっているからです。肥満のなかでも内臓脂肪型肥満がより問題になります。最近注目されているのが、肥満による高インスリン血 …

脂肪を燃焼させるのは有酸素運動

脂肪が燃焼しはじめるまでには少し時間がかかる 運動には大別すると2つの種類があります。1つは、体内に酸素をたくさん取り入れながら行う有酸素運動(エアロビクス) と、もう1つは酸素をほとんど消費しないで …

合併症がある場合

薬の使用には要注意 高脂血症の人は、ほかの病気を合併することが少なくありません。合併症があると双方の病気をかんがみながら治療を進める必要があり、特に薬の扱いに注意が必要です。 高血圧や糖尿病、境界型耐 …

食物繊維の摂取も効果がある

血液中の脂肪を減らす 高中性脂肪血症の予防や治療の最大の目的は動脈硬化の進行を防ぐこと。そのため、動脈硬化や関連のある病気を防ぐ食生活を送ることも大切です。 なかでも食物繊維は腸を掃除して大腸ガンを予 …

誰にでもできるウォーキング

運動療法を始める際の厳守事項をクリアーしたらまずはウォーキングに取り組むのがおすすめです。 もっと歩けば健康になる 歩行は人間の最良の薬」といったのは古代ギリシャの医聖ヒポクラテスですが、人間は体を動 …