中性脂肪

食物繊維の摂取も効果がある

投稿日:2014/06/19 更新日:

血液中の脂肪を減らす

高中性脂肪血症の予防や治療の最大の目的は動脈硬化の進行を防ぐこと。そのため、動脈硬化や関連のある病気を防ぐ食生活を送ることも大切です。
なかでも食物繊維は腸を掃除して大腸ガンを予防するはか、コレステロールの吸収を抑え、血糖が上がらないようにする、ひいては中性脂肪を下げる働きがあり、高脂血症、糖尿病、動脈硬化の予防に有効です。

抗酸化ビタミン頬やフラボノイド

最近、体内活性酸素が老化や発ガン、生活習慣病の原因になることがわかってきました。たとえばLDLコレステロールは活性酸素と結合して酸化LDLになり、動脈硬化を促進します。こうした体内の酸化を予防するのがビタミンE やビタミンC、カロチンです。また、緑茶や紅茶にたくさん含まれるフラボノイドやカテキンはポリフェノールの仲間で抗酸化作用があり、動脈硬化を防ぎます。緑茶はどタミンC も多いので、積極的に飲むとよいでしょう。

食物繊維の多い食品

  • 干し柿
  • さつまいも
  • さといも
  • ほうれん章
  • グリンピース
  • とうもろこし
  • 生しいたけ
  • キウイフルーツ
  • りんご
  • かんぴょう
  • 切り干し大根
  • 真昆布
  • ヒジキ
  • しらたき
  • あずき
  • いんげん豆
  • 大豆
  • 糸引納豆
  • おから

カロチンの多い食品

  • にんじん
  • かぽち
  • にら
  • 小松菜
  • ほうれんそう
  • 菜の花
  • 春菊
  • あした葉
  • トマト
  • 海藻

ビタミンCを多く含む食品

  • ネーブルオレンジ
  • いちご
  • キウイフルーツ
  • ブロッコリー
  • 菜の花
  • 芽キャベツ
  • まびき莱
  • ほうれん華
  • 小松菜
  • ピーマン
  • れんこん
  • さつまいも
  • じやがいも

ビタミンEを多く含む食品

  • アーモンド
  • ピーナッツ
  • ウナギの蒲焼き
  • 甘エビ
  • いわし
  • さんま
  • ごま油
  • 胚芽米
  • ほうれん草
  • かぼちゃ
  • さつまいも

ビタミンB2を多く含む食品

  • 牛レバー
  • さば
  • かれい
  • うなぎ
  • 脱脂粉乳
  • 糸引納豆

食事を作る時間がない忙しい人などは「オススメの特定保健用食品」などを活用するのもいいでしょう。

-中性脂肪

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

食品とは広く浅く向き合うのがポイント

皿数を増やす 特定の食品や限られた食品ばかり食べていると、栄養素が偏ります。逆にたくさんの種類の食品を食べるようにすれば、自然と栄養バランスが整ってきます。 いろいろな種類の食品をとるコツは、欠食をし …

おなかの脂肪は悪性のケースが多い

余った脂肪は脂肪細胞にどんどんたまる 血中の中性脂肪ばかりに関心がいきがちですが、皮下の組織についた中性脂肪を忘れてはいけません。体内で合成された中性脂肪のうち、エネルギーとして使われなかった分は肝臓 …

運動で脂肪を燃やす

消費エネルギーをできるだけ増やす 高中性脂肪血症と肥満の3大原因は「食べすぎ」と「飲みすぎ」「運動不足」。その予防や治療法は、食生活を改善して中性脂肪になる余分な材料の摂取を控え、運動によって中性脂肪 …

リポたんぱく

種類 脂質の成分 役割 カイロミクロン 中性脂肪が約80~ 9 0%、残る10% はコレステロールやリン脂質 食事で摂取した脂肪から小腸で合成され、リンパ管を通して血液に入り、肝臓に運搬されリポたんぱ …

脂肪を燃焼させるのは有酸素運動 有酸素運動でなければ脂肪は燃えない

脂肪が燃焼しはじめるまでには少し時間がかかる 運動には大別すると2つの種類があります。1つは、体内に酸素をたくさん取り入れながら行う有酸素運動(エアロビクス) と、もう1つは酸素をほとんど消費しないで …