中性脂肪

食物繊維の摂取も効果がある

投稿日:2014/06/19 更新日:

血液中の脂肪を減らす

高中性脂肪血症の予防や治療の最大の目的は動脈硬化の進行を防ぐこと。そのため、動脈硬化や関連のある病気を防ぐ食生活を送ることも大切です。
なかでも食物繊維は腸を掃除して大腸ガンを予防するはか、コレステロールの吸収を抑え、血糖が上がらないようにする、ひいては中性脂肪を下げる働きがあり、高脂血症、糖尿病、動脈硬化の予防に有効です。

抗酸化ビタミン頬やフラボノイド

最近、体内活性酸素が老化や発ガン、生活習慣病の原因になることがわかってきました。たとえばLDLコレステロールは活性酸素と結合して酸化LDLになり、動脈硬化を促進します。こうした体内の酸化を予防するのがビタミンE やビタミンC、カロチンです。また、緑茶や紅茶にたくさん含まれるフラボノイドやカテキンはポリフェノールの仲間で抗酸化作用があり、動脈硬化を防ぎます。緑茶はどタミンC も多いので、積極的に飲むとよいでしょう。

食物繊維の多い食品

  • 干し柿
  • さつまいも
  • さといも
  • ほうれん章
  • グリンピース
  • とうもろこし
  • 生しいたけ
  • キウイフルーツ
  • りんご
  • かんぴょう
  • 切り干し大根
  • 真昆布
  • ヒジキ
  • しらたき
  • あずき
  • いんげん豆
  • 大豆
  • 糸引納豆
  • おから

カロチンの多い食品

  • にんじん
  • かぽち
  • にら
  • 小松菜
  • ほうれんそう
  • 菜の花
  • 春菊
  • あした葉
  • トマト
  • 海藻

ビタミンCを多く含む食品

  • ネーブルオレンジ
  • いちご
  • キウイフルーツ
  • ブロッコリー
  • 菜の花
  • 芽キャベツ
  • まびき莱
  • ほうれん華
  • 小松菜
  • ピーマン
  • れんこん
  • さつまいも
  • じやがいも

ビタミンEを多く含む食品

  • アーモンド
  • ピーナッツ
  • ウナギの蒲焼き
  • 甘エビ
  • いわし
  • さんま
  • ごま油
  • 胚芽米
  • ほうれん草
  • かぼちゃ
  • さつまいも

ビタミンB2を多く含む食品

  • 牛レバー
  • さば
  • かれい
  • うなぎ
  • 脱脂粉乳
  • 糸引納豆

食事を作る時間がない忙しい人などは「オススメの特定保健用食品」などを活用するのもいいでしょう。

-中性脂肪

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

喫煙、ストレスも危険因子

血液中の中性脂肪を増やす 喫煙は高脂血症や動脈硬化とも深い関係があります。タバコに含まれる一酸化炭素は、血液中の酸素不足を引き起こし、LDLを変性させ、マクロファージに取り込まれやすくします。中性脂肪 …

高中性脂肪血症になりやすい食品に注意

吸収がはやく脂肪になりやすい砂糖と果物 血液中の中性脂肪が高い人や肥満の人は、中牲脂肪になりやすい食品を好んで食べる傾向にあるといわれます。中性脂肪の材料になるのは主に糖質ですが、そのなかでも気をつけ …

中性脂肪が高いとどういったことがリスクになる?

高中性脂肪血症は動脈硬化の危険因子 血液中の中性脂肪の値が基準値(150 mg/dl未満)よりも高い状態を高中性脂肪血症といいます。高中性脂肪血症そのものは痛くもかゆくもありません。ところが高中性脂肪 …

より効果的なのはアクアビクス

腰や膝に負担が少なく安全 最近、健康づくりのために「アクアビクス」に取り組む人が増えています。アクアビクスとは、水の中で歩いたり、音楽にあわせてダンスをしたりする有酸素運動です。 水の抵抗があるため、 …

肥満は高中性脂肪血症などの温床

肥満をきっかけにして合併症が起こる 肥満がこわいのはあらゆる生活習慣病と密接にかかわっているからです。肥満のなかでも内臓脂肪型肥満がより問題になります。最近注目されているのが、肥満による高インスリン血 …