中性脂肪

高中性脂肪血症になりやすい食品に注意

投稿日:

吸収がはやく脂肪になりやすい砂糖と果物

血液中の中性脂肪が高い人や肥満の人は、中牲脂肪になりやすい食品を好んで食べる傾向にあるといわれます。中性脂肪の材料になるのは主に糖質ですが、そのなかでも気をつけたいのが、砂糖と果物です。
砂糖は二糖類という種類の糖質です。ご飯などの多糖類と比べて、短時間で分解・吸収される特徴があります。そのため、たくさんとると血液中のブドウ糖が増加しやすいため、インスリンの分泌が活発になります。インスリンは中性脂肪の合成を促進するので、体内の中性脂肪が増えやすくなります。
果物は、野菜の親戚のようなイメージがあり、中性脂肪の材料になるといってもピンとこないかもしれません。果物に含まれる糖質は果糖といって、ブドウ糖の2倍以上の甘さがあります。果糖は単糖類で、やはり吸収されるのがはやく、中性脂肪の合成を促進します。中性脂肪値が高い人は要注意の食品です。

アルコールは肝臓での中性脂肪の合成を促進する

中性脂肪値が高い人のなかには、あきらかにアルコールが原因になっているケースがあります。男性に多く、節酒や禁酒をすると中性脂肪の数値が下がるので判断がつきます。
これは、アルコールには肝臓での中性脂肪の合成を促進する作用や、中性脂肪を含むリボたんばく(VLDL) の代謝を抑制する作用があるからです。また、アルコールを飲むと食欲が出たり、脂肪分の多いつまみを多食することになり、摂取エネルギーの増加や栄養バランスのくずれをもたらす原因ともなります。
アルコールは適量にとどめ、高中性脂肪血症の人は、できるだけ禁酒・節酒に努める必要があります。

-中性脂肪

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

おなかの脂肪は悪性のケースが多い

余った脂肪は脂肪細胞にどんどんたまる 血中の中性脂肪ばかりに関心がいきがちですが、皮下の組織についた中性脂肪を忘れてはいけません。体内で合成された中性脂肪のうち、エネルギーとして使われなかった分は肝臓 …

喫煙、ストレスも危険因子

血液中の中性脂肪を増やす 喫煙は高脂血症や動脈硬化とも深い関係があります。タバコに含まれる一酸化炭素は、血液中の酸素不足を引き起こし、LDLを変性させ、マクロファージに取り込まれやすくします。中性脂肪 …

高中性脂肪血症と診断後も動脈硬化の検査は必要

冠状動脈や脳動脈を調べる 高中性脂肪血症は動脈硬化の1つの危険因子なので、高中性脂肪血症と診断されると、動脈硬化がどの程度進んでいるかを調べる必要があります。 冠状動脈の検査 心臓の冠状動脈に動脈硬化 …

ストレス解消には入浴

ストレスは過食の原因になる 過食の原因の1つにストレスがあります。この場合、ドーンと落ち込むような強いものではなく、多忙である、電話が多い、友人と何となくうまくいっていない、同僚と意見が合わないなど、 …

合併症がある場合

薬の使用には要注意 高脂血症の人は、ほかの病気を合併することが少なくありません。合併症があると双方の病気をかんがみながら治療を進める必要があり、特に薬の扱いに注意が必要です。 高血圧や糖尿病、境界型耐 …