中性脂肪

高中性脂肪血症になりやすい食品に注意

投稿日:

吸収がはやく脂肪になりやすい砂糖と果物

血液中の中性脂肪が高い人や肥満の人は、中牲脂肪になりやすい食品を好んで食べる傾向にあるといわれます。中性脂肪の材料になるのは主に糖質ですが、そのなかでも気をつけたいのが、砂糖と果物です。
砂糖は二糖類という種類の糖質です。ご飯などの多糖類と比べて、短時間で分解・吸収される特徴があります。そのため、たくさんとると血液中のブドウ糖が増加しやすいため、インスリンの分泌が活発になります。インスリンは中性脂肪の合成を促進するので、体内の中性脂肪が増えやすくなります。
果物は、野菜の親戚のようなイメージがあり、中性脂肪の材料になるといってもピンとこないかもしれません。果物に含まれる糖質は果糖といって、ブドウ糖の2倍以上の甘さがあります。果糖は単糖類で、やはり吸収されるのがはやく、中性脂肪の合成を促進します。中性脂肪値が高い人は要注意の食品です。

アルコールは肝臓での中性脂肪の合成を促進する

中性脂肪値が高い人のなかには、あきらかにアルコールが原因になっているケースがあります。男性に多く、節酒や禁酒をすると中性脂肪の数値が下がるので判断がつきます。
これは、アルコールには肝臓での中性脂肪の合成を促進する作用や、中性脂肪を含むリボたんばく(VLDL) の代謝を抑制する作用があるからです。また、アルコールを飲むと食欲が出たり、脂肪分の多いつまみを多食することになり、摂取エネルギーの増加や栄養バランスのくずれをもたらす原因ともなります。
アルコールは適量にとどめ、高中性脂肪血症の人は、できるだけ禁酒・節酒に努める必要があります。

-中性脂肪

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

摂取エネルギーの目安

標準体重(kg)×25~30kcalを目安に 食品の種類はたくさんとったほうがよいのですが、肥満気味の人は1日の摂取エネルギーを抑えなければなりません。その場合は、自分の標準体重に25~30kcalを …

中性脂肪って?

体内では皮下、腹腔、内臓や血液中に存在 中性脂肪と聞いて、どんなものをイメージしますか。日常的に食事でとっている抽やバター、肉類の脂身などは、実はみんな中性脂肪です。では、体内ではどうでしょうか。いち …

運動療法を行う際の厳守事項

はじめる前に医師と相談する 高中性脂肪血症や肥満の治療や予防に欠かせない運動ですが、なかには運動をやってはいけない人もいるので注意してください。血圧や血糖がひじょうに高いとか、動脈硬化が進んでいて狭心 …

日常生活の中の運動量もバカにできない

チリも積もれば… 炊事、洗濯、掃除、草むしりなど、家庭での日常生活の中で体を動かす機会は意外と多いものです。そうしたレベルの活動量を多くするのも、消費エネルギーを増やすのに役立ちます。 ひとつひとつの …

中性脂肪を増やす食習慣チェック

朝食をよく抜く→欠食は太りやすい 1日に同じエネルギーをとるなら、食事回数が3回より2のほうが太りやすく、中性脂肪を高くする食べ方。相撲の力士が太るために1日2食しか食べないのは有名な話です。食事回数 …