中性脂肪

摂取エネルギーの目安

投稿日:

標準体重(kg)×25~30kcalを目安に

食品の種類はたくさんとったほうがよいのですが、肥満気味の人は1日の摂取エネルギーを抑えなければなりません。その場合は、自分の標準体重に25~30kcalを掛けた数値を目安にすると、健康的にやせることができます。
標準体重が60kgであれば、60×25~30=1500~1800kcalです。
標準体重より+40%以上の肥満のときは、1200~1300kcal、40%未満のときは1400~1509kcalを目安にします。極端に減らすのは危険で、減量は1ヶ月に2~kgのペースが安全で、成功率も高いです。

糖質と脂質で調節するのがポイント

エネルギーを落とすときは、6つの基礎食品群のうち、第5群の糖質、第6群の油脂の量を控えて調節します。
ほかの群の食品は、減量中でも健康のためにきちんととることが大切です。いろいろな食品のエネルギーを知るには、市販の『食品成分表』や、糖尿病患者のためにつくられた『食品交換表』を参照します。

食事で大切なのはバランス

栄養バランスをとるために、毎食5つのお皿をそろえるのも効果的です。無理をせずに多種類の食品が使え、皿数が多いので量が控えめでも満足感が得られます。

-中性脂肪

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

肥満チェック(自己診断)

標準体重 肥満は、正確には体重ではなく、体内の脂肪の量を測定し体脂肪率で判定します。日本肥満学会の判定基準では、男性は体脂肪率が20% 以上、女性は30% 以上を肥満としています。 体脂肪率を正確に調 …

血液中の脂質は4種類

血液中には中性脂肪以外に3種類の脂質 血液中には中性脂肪のほかにコレステロール、リン脂質、遊離脂肪酸の3つの脂質(脂肪)が流れています。4つの脂質はそれぞれ密接な関係にありますが、異なる役割を果します …

薬物治療が必要な場合も

食事、運動療法で効果がないとき 食事療法と運動療法を2~3ヶ月続けても効果がない場合は、薬物療法を取り入れます。その場合も、食事療法と運動療法は引き続き行うことになります。一般に、薬をいったん飲みはじ …

喫煙、ストレスも危険因子

血液中の中性脂肪を増やす 喫煙は高脂血症や動脈硬化とも深い関係があります。タバコに含まれる一酸化炭素は、血液中の酸素不足を引き起こし、LDLを変性させ、マクロファージに取り込まれやすくします。中性脂肪 …

中性脂肪を増やす食習慣チェック

朝食をよく抜く→欠食は太りやすい 1日に同じエネルギーをとるなら、食事回数が3回より2のほうが太りやすく、中性脂肪を高くする食べ方。相撲の力士が太るために1日2食しか食べないのは有名な話です。食事回数 …