中性脂肪

摂取エネルギーの目安

投稿日:

標準体重(kg)×25~30kcalを目安に

食品の種類はたくさんとったほうがよいのですが、肥満気味の人は1日の摂取エネルギーを抑えなければなりません。その場合は、自分の標準体重に25~30kcalを掛けた数値を目安にすると、健康的にやせることができます。
標準体重が60kgであれば、60×25~30=1500~1800kcalです。
標準体重より+40%以上の肥満のときは、1200~1300kcal、40%未満のときは1400~1509kcalを目安にします。極端に減らすのは危険で、減量は1ヶ月に2~kgのペースが安全で、成功率も高いです。

糖質と脂質で調節するのがポイント

エネルギーを落とすときは、6つの基礎食品群のうち、第5群の糖質、第6群の油脂の量を控えて調節します。
ほかの群の食品は、減量中でも健康のためにきちんととることが大切です。いろいろな食品のエネルギーを知るには、市販の『食品成分表』や、糖尿病患者のためにつくられた『食品交換表』を参照します。

食事で大切なのはバランス

栄養バランスをとるために、毎食5つのお皿をそろえるのも効果的です。無理をせずに多種類の食品が使え、皿数が多いので量が控えめでも満足感が得られます。

-中性脂肪

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

喫煙、ストレスも危険因子

血液中の中性脂肪を増やす 喫煙は高脂血症や動脈硬化とも深い関係があります。タバコに含まれる一酸化炭素は、血液中の酸素不足を引き起こし、LDLを変性させ、マクロファージに取り込まれやすくします。中性脂肪 …

中性脂肪って?

体内では皮下、腹腔、内臓や血液中に存在 中性脂肪と聞いて、どんなものをイメージしますか。日常的に食事でとっている抽やバター、肉類の脂身などは、実はみんな中性脂肪です。では、体内ではどうでしょうか。いち …

合併症がある場合

薬の使用には要注意 高脂血症の人は、ほかの病気を合併することが少なくありません。合併症があると双方の病気をかんがみながら治療を進める必要があり、特に薬の扱いに注意が必要です。 高血圧や糖尿病、境界型耐 …

食物繊維の摂取も効果がある

血液中の脂肪を減らす 高中性脂肪血症の予防や治療の最大の目的は動脈硬化の進行を防ぐこと。そのため、動脈硬化や関連のある病気を防ぐ食生活を送ることも大切です。 なかでも食物繊維は腸を掃除して大腸ガンを予 …

高中性脂肪血症と診断後も動脈硬化の検査は必要

冠状動脈や脳動脈を調べる 高中性脂肪血症は動脈硬化の1つの危険因子なので、高中性脂肪血症と診断されると、動脈硬化がどの程度進んでいるかを調べる必要があります。 冠状動脈の検査 心臓の冠状動脈に動脈硬化 …