中性脂肪

摂取エネルギーの目安

投稿日:

標準体重(kg)×25~30kcalを目安に

食品の種類はたくさんとったほうがよいのですが、肥満気味の人は1日の摂取エネルギーを抑えなければなりません。その場合は、自分の標準体重に25~30kcalを掛けた数値を目安にすると、健康的にやせることができます。
標準体重が60kgであれば、60×25~30=1500~1800kcalです。
標準体重より+40%以上の肥満のときは、1200~1300kcal、40%未満のときは1400~1509kcalを目安にします。極端に減らすのは危険で、減量は1ヶ月に2~kgのペースが安全で、成功率も高いです。

糖質と脂質で調節するのがポイント

エネルギーを落とすときは、6つの基礎食品群のうち、第5群の糖質、第6群の油脂の量を控えて調節します。
ほかの群の食品は、減量中でも健康のためにきちんととることが大切です。いろいろな食品のエネルギーを知るには、市販の『食品成分表』や、糖尿病患者のためにつくられた『食品交換表』を参照します。

食事で大切なのはバランス

栄養バランスをとるために、毎食5つのお皿をそろえるのも効果的です。無理をせずに多種類の食品が使え、皿数が多いので量が控えめでも満足感が得られます。

-中性脂肪

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

おなかの脂肪は悪性のケースが多い

余った脂肪は脂肪細胞にどんどんたまる 血中の中性脂肪ばかりに関心がいきがちですが、皮下の組織についた中性脂肪を忘れてはいけません。体内で合成された中性脂肪のうち、エネルギーとして使われなかった分は肝臓 …

血液中の脂質は4種類

血液中には中性脂肪以外に3種類の脂質 血液中には中性脂肪のほかにコレステロール、リン脂質、遊離脂肪酸の3つの脂質(脂肪)が流れています。4つの脂質はそれぞれ密接な関係にありますが、異なる役割を果します …

日常生活の中の運動量もバカにできない

チリも積もれば… 炊事、洗濯、掃除、草むしりなど、家庭での日常生活の中で体を動かす機会は意外と多いものです。そうしたレベルの活動量を多くするのも、消費エネルギーを増やすのに役立ちます。 ひとつひとつの …

脂肪を燃焼させるのは有酸素運動

脂肪が燃焼しはじめるまでには少し時間がかかる 運動には大別すると2つの種類があります。1つは、体内に酸素をたくさん取り入れながら行う有酸素運動(エアロビクス) と、もう1つは酸素をほとんど消費しないで …

運動で脂肪を燃やす

消費エネルギーをできるだけ増やす 高中性脂肪血症と肥満の3大原因は「食べすぎ」と「飲みすぎ」「運動不足」。その予防や治療法は、食生活を改善して中性脂肪になる余分な材料の摂取を控え、運動によって中性脂肪 …