中性脂肪

食品とは広く浅く向き合うのがポイント

投稿日:

皿数を増やす

特定の食品や限られた食品ばかり食べていると、栄養素が偏ります。逆にたくさんの種類の食品を食べるようにすれば、自然と栄養バランスが整ってきます。
いろいろな種類の食品をとるコツは、欠食をしないで1日3食きちんと食べる、主食・主菜・副菜をそろえて皿数を増やす、外食ははどはどにして手作りの食事を心がけるなどです。
バラエティに富んだ調理法を工夫するのも効果的です。下にあげた6つの基礎食品群は、同じような栄養素がとれる食品を6つに分類したものです。食事ごとに、各群の食品がまんべんなくとれているかどうか考えながら食べる習慣をつけたいものです。

6つの食品群

  1. 第1群…魚・肉・卵大豆など良質のたんぱく質源になるもの
  2. 第2群…牛乳・乳製品・骨ごと食べられる魚、海藻などカルシウム源になるもの
  3. 第3群…緑黄色野菜などカロテンやビタミンCの供給源になるもの
  4. 第4群…淡色野菜、果物、きのこなどビタミンCやミネラルの供給源になるのもの
  5. 第5群…米、パン、いも、砂糖などエネルギー源になるもの
  6. 第6群…サラダ油・バター、ピーナッツやクルミなどの脂肪性エネルギーになるのもの

食事日記も効果的

ダイエットに取り組むとき、よく指導されるのが「食事日記」の記録です。これは毎日、どんなものをどのくらい食べているか、まず自分の食生活の傾向を把握するために行われます。栄養バランスがとれているかどうかをチェックするにもとても有効なので、実行すると非常に効果的です。

-中性脂肪

執筆者:


  1. […] エネルギーを落とすときは、6つの基礎食品群のうち、第5群の糖質、第6群の油脂の量を控えて調節します。 ほかの群の食品は、減量中でも健康のためにきちんととることが大切です。い […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ストレス解消には入浴

ストレスは過食の原因になる 過食の原因の1つにストレスがあります。この場合、ドーンと落ち込むような強いものではなく、多忙である、電話が多い、友人と何となくうまくいっていない、同僚と意見が合わないなど、 …

肥満チェック(自己診断)

標準体重 肥満は、正確には体重ではなく、体内の脂肪の量を測定し体脂肪率で判定します。日本肥満学会の判定基準では、男性は体脂肪率が20% 以上、女性は30% 以上を肥満としています。 体脂肪率を正確に調 …

喫煙、ストレスも危険因子

血液中の中性脂肪を増やす 喫煙は高脂血症や動脈硬化とも深い関係があります。タバコに含まれる一酸化炭素は、血液中の酸素不足を引き起こし、LDLを変性させ、マクロファージに取り込まれやすくします。中性脂肪 …

日常生活の中の運動量もバカにできない

チリも積もれば… 炊事、洗濯、掃除、草むしりなど、家庭での日常生活の中で体を動かす機会は意外と多いものです。そうしたレベルの活動量を多くするのも、消費エネルギーを増やすのに役立ちます。 ひとつひとつの …

食物繊維の摂取も効果がある

血液中の脂肪を減らす 高中性脂肪血症の予防や治療の最大の目的は動脈硬化の進行を防ぐこと。そのため、動脈硬化や関連のある病気を防ぐ食生活を送ることも大切です。 なかでも食物繊維は腸を掃除して大腸ガンを予 …