中性脂肪

食品とは広く浅く向き合うのがポイント

投稿日:

皿数を増やす

特定の食品や限られた食品ばかり食べていると、栄養素が偏ります。逆にたくさんの種類の食品を食べるようにすれば、自然と栄養バランスが整ってきます。
いろいろな種類の食品をとるコツは、欠食をしないで1日3食きちんと食べる、主食・主菜・副菜をそろえて皿数を増やす、外食ははどはどにして手作りの食事を心がけるなどです。
バラエティに富んだ調理法を工夫するのも効果的です。下にあげた6つの基礎食品群は、同じような栄養素がとれる食品を6つに分類したものです。食事ごとに、各群の食品がまんべんなくとれているかどうか考えながら食べる習慣をつけたいものです。

6つの食品群

  1. 第1群…魚・肉・卵大豆など良質のたんぱく質源になるもの
  2. 第2群…牛乳・乳製品・骨ごと食べられる魚、海藻などカルシウム源になるもの
  3. 第3群…緑黄色野菜などカロテンやビタミンCの供給源になるもの
  4. 第4群…淡色野菜、果物、きのこなどビタミンCやミネラルの供給源になるのもの
  5. 第5群…米、パン、いも、砂糖などエネルギー源になるもの
  6. 第6群…サラダ油・バター、ピーナッツやクルミなどの脂肪性エネルギーになるのもの

食事日記も効果的

ダイエットに取り組むとき、よく指導されるのが「食事日記」の記録です。これは毎日、どんなものをどのくらい食べているか、まず自分の食生活の傾向を把握するために行われます。栄養バランスがとれているかどうかをチェックするにもとても有効なので、実行すると非常に効果的です。

-中性脂肪

執筆者:


  1. […] エネルギーを落とすときは、6つの基礎食品群のうち、第5群の糖質、第6群の油脂の量を控えて調節します。 ほかの群の食品は、減量中でも健康のためにきちんととることが大切です。い […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

高中性脂肪血症と関連のある病気

狭心症・心筋梗塞 高中性脂肪血症は、動脈硬化の大きな原因の1つです。動脈硬化が進行すると、血管の内腔がだんだん狭くなり、血液の流れが悪くなって、しまいにはふさがってしまいます。 こうした状況が心臓の冠 …

血液中の脂質は4種類

血液中には中性脂肪以外に3種類の脂質 血液中には中性脂肪のほかにコレステロール、リン脂質、遊離脂肪酸の3つの脂質(脂肪)が流れています。4つの脂質はそれぞれ密接な関係にありますが、異なる役割を果します …

摂取エネルギーの目安

標準体重(kg)×25~30kcalを目安に 食品の種類はたくさんとったほうがよいのですが、肥満気味の人は1日の摂取エネルギーを抑えなければなりません。その場合は、自分の標準体重に25~30kcalを …

中性脂肪って?

体内では皮下、腹腔、内臓や血液中に存在 中性脂肪と聞いて、どんなものをイメージしますか。日常的に食事でとっている抽やバター、肉類の脂身などは、実はみんな中性脂肪です。では、体内ではどうでしょうか。いち …

スリムなのに…かくれ肥満

自覚しにくい故に危険も 体重も多くなく、見た目もやせているほうのなのに、体脂肪をはかってみたら実は肥満だった、あるいは腹腔内脂肪が異常に多かったという人がいます。このタイプの人は、自分が肥満だとは自覚 …