中性脂肪

肥満チェック(自己診断)

投稿日:

標準体重

肥満は、正確には体重ではなく、体内の脂肪の量を測定し体脂肪率で判定します。日本肥満学会の判定基準では、男性は体脂肪率が20% 以上、女性は30% 以上を肥満としています。
体脂肪率を正確に調べるには、CTスキャンや大気中と水中での体重をはかって体密度を算出する方法などがありますが、いずれも大がかりな設備が必要です。そこで、現在はBMI(ボディ・マス・インデックス)という体格指数、あるいは標準体重を出し、それと自分の体重との差から算出した肥満度を用いて肥満を判定します。

内臓脂肪型肥満はウエストとヒップの比で

ところで、生活習慣病と関係の深い肥満は内臓脂肪型肥満です。このタイプの肥満であるかどうかを正確に診断するにはCTスキャンなどで、お腹の断面の画像を調べることが必要です。しかし、簡単な目安としては、ウエストとヒップの比で判断できます。ウエスト÷ ヒップの値が男性で1.0以上、女性で0.9以上あると上半身肥満で、内臓脂肪型肥満の可能性があります。また最近では、単純にBMIが25以上で、ウエスト90cm以上を上半身肥満としようという提案もあります。

-中性脂肪

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

肥満は高中性脂肪血症などの温床

肥満をきっかけにして合併症が起こる 肥満がこわいのはあらゆる生活習慣病と密接にかかわっているからです。肥満のなかでも内臓脂肪型肥満がより問題になります。最近注目されているのが、肥満による高インスリン血 …

高中性脂肪血症と関連のある病気

狭心症・心筋梗塞 高中性脂肪血症は、動脈硬化の大きな原因の1つです。動脈硬化が進行すると、血管の内腔がだんだん狭くなり、血液の流れが悪くなって、しまいにはふさがってしまいます。 こうした状況が心臓の冠 …

合併症がある場合

薬の使用には要注意 高脂血症の人は、ほかの病気を合併することが少なくありません。合併症があると双方の病気をかんがみながら治療を進める必要があり、特に薬の扱いに注意が必要です。 高血圧や糖尿病、境界型耐 …

日常生活の中の運動量もバカにできない

チリも積もれば… 炊事、洗濯、掃除、草むしりなど、家庭での日常生活の中で体を動かす機会は意外と多いものです。そうしたレベルの活動量を多くするのも、消費エネルギーを増やすのに役立ちます。 ひとつひとつの …

脂肪を燃焼させるのは有酸素運動

脂肪が燃焼しはじめるまでには少し時間がかかる 運動には大別すると2つの種類があります。1つは、体内に酸素をたくさん取り入れながら行う有酸素運動(エアロビクス) と、もう1つは酸素をほとんど消費しないで …