中性脂肪

肥満チェック(自己診断)

投稿日:

標準体重

肥満は、正確には体重ではなく、体内の脂肪の量を測定し体脂肪率で判定します。日本肥満学会の判定基準では、男性は体脂肪率が20% 以上、女性は30% 以上を肥満としています。
体脂肪率を正確に調べるには、CTスキャンや大気中と水中での体重をはかって体密度を算出する方法などがありますが、いずれも大がかりな設備が必要です。そこで、現在はBMI(ボディ・マス・インデックス)という体格指数、あるいは標準体重を出し、それと自分の体重との差から算出した肥満度を用いて肥満を判定します。

内臓脂肪型肥満はウエストとヒップの比で

ところで、生活習慣病と関係の深い肥満は内臓脂肪型肥満です。このタイプの肥満であるかどうかを正確に診断するにはCTスキャンなどで、お腹の断面の画像を調べることが必要です。しかし、簡単な目安としては、ウエストとヒップの比で判断できます。ウエスト÷ ヒップの値が男性で1.0以上、女性で0.9以上あると上半身肥満で、内臓脂肪型肥満の可能性があります。また最近では、単純にBMIが25以上で、ウエスト90cm以上を上半身肥満としようという提案もあります。

-中性脂肪

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

誰にでもできるウォーキング

運動療法を始める際の厳守事項をクリアーしたらまずはウォーキングに取り組むのがおすすめです。 もっと歩けば健康になる 歩行は人間の最良の薬」といったのは古代ギリシャの医聖ヒポクラテスですが、人間は体を動 …

ストレス解消には入浴

ストレスは過食の原因になる 過食の原因の1つにストレスがあります。この場合、ドーンと落ち込むような強いものではなく、多忙である、電話が多い、友人と何となくうまくいっていない、同僚と意見が合わないなど、 …

高中性脂肪血症と関連のある病気

狭心症・心筋梗塞 高中性脂肪血症は、動脈硬化の大きな原因の1つです。動脈硬化が進行すると、血管の内腔がだんだん狭くなり、血液の流れが悪くなって、しまいにはふさがってしまいます。 こうした状況が心臓の冠 …

食物繊維の摂取も効果がある

血液中の脂肪を減らす 高中性脂肪血症の予防や治療の最大の目的は動脈硬化の進行を防ぐこと。そのため、動脈硬化や関連のある病気を防ぐ食生活を送ることも大切です。 なかでも食物繊維は腸を掃除して大腸ガンを予 …

中性脂肪を増やす食習慣チェック

朝食をよく抜く→欠食は太りやすい 1日に同じエネルギーをとるなら、食事回数が3回より2のほうが太りやすく、中性脂肪を高くする食べ方。相撲の力士が太るために1日2食しか食べないのは有名な話です。食事回数 …