中性脂肪

スリムなのに…かくれ肥満

投稿日:2014/05/30 更新日:

自覚しにくい故に危険も

体重も多くなく、見た目もやせているほうのなのに、体脂肪をはかってみたら実は肥満だった、あるいは腹腔内脂肪が異常に多かったという人がいます。このタイプの人は、自分が肥満だとは自覚できないのが問題で、知らず知らず肥満や肥満にまつわるいろいろの合併症を進行させてしまうことが少なくありません。
このような目にみえない肥満を「かくれ肥満」と呼んでいます。かくれ肥満の場合、脂肪のつく場所が皮下ではなく、内臓のまわりにつきやすいのが特徴です。肥満には、上半身肥満(りんご型肥満) と下半身肥満(洋なし型肥満)があり、上半身肥満には皮下に脂肪がたまる「皮下脂肪型肥満」と内臓につく「内臓脂肪型肥満」のタイプがあります。生活習慣病と密接な関係にあるのは、「悪性」肥満、すなわち内臓脂肪型肥満です。

運動でスグに落とせるのが特徴

どうして内臓に脂肪がたくさんつくのか、はっきりしたことはわかっていません。神経性因子やホルモン異常、加齢、食生活などのいろいろな要素が関係しているといわれていますが、中年以降の人や、運動不足の人に内臓脂肪型肥満が多い傾向がみられます。
内臓脂肪型肥満はたちが悪いのですが、その反面、運動によって解消しやすいという特徴があります。それを裏付けるのが、相撲の力士。あんなに太っていても、運動量が多いために内臓脂肪は少ないといわれています。ダイエットで真っ先に減るのも、内臓脂肪です。もっとも、ダイエットに失敗してリバウンドすると、もどった体重のほとんどが内臓脂肪となってしまいます。

「かくれ肥満」について詳しくはこちら

-中性脂肪

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

おなかの脂肪は悪性のケースが多い

余った脂肪は脂肪細胞にどんどんたまる 血中の中性脂肪ばかりに関心がいきがちですが、皮下の組織についた中性脂肪を忘れてはいけません。体内で合成された中性脂肪のうち、エネルギーとして使われなかった分は肝臓 …

薬物治療が必要な場合も

食事、運動療法で効果がないとき 食事療法と運動療法を2~3ヶ月続けても効果がない場合は、薬物療法を取り入れます。その場合も、食事療法と運動療法は引き続き行うことになります。一般に、薬をいったん飲みはじ …

誰にでもできるウォーキング

運動療法を始める際の厳守事項をクリアーしたらまずはウォーキングに取り組むのがおすすめです。 もっと歩けば健康になる 歩行は人間の最良の薬」といったのは古代ギリシャの医聖ヒポクラテスですが、人間は体を動 …

喫煙、ストレスも危険因子

血液中の中性脂肪を増やす 喫煙は高脂血症や動脈硬化とも深い関係があります。タバコに含まれる一酸化炭素は、血液中の酸素不足を引き起こし、LDLを変性させ、マクロファージに取り込まれやすくします。中性脂肪 …

肥満チェック(自己診断)

標準体重 肥満は、正確には体重ではなく、体内の脂肪の量を測定し体脂肪率で判定します。日本肥満学会の判定基準では、男性は体脂肪率が20% 以上、女性は30% 以上を肥満としています。 体脂肪率を正確に調 …