中性脂肪

おなかの脂肪は悪性のケースが多い

投稿日:

余った脂肪は脂肪細胞にどんどんたまる

血中の中性脂肪ばかりに関心がいきがちですが、皮下の組織についた中性脂肪を忘れてはいけません。体内で合成された中性脂肪のうち、エネルギーとして使われなかった分は肝臓、腹腔内の内臓周囲の脂肪組織、皮下脂肪などに蓄積されます。
摂取したエネルギーはまず肝臓でグリコーゲンとして蓄えられますが、肝臓の貯蔵タンクがいっぱいになると、中性脂肪に姿を変えて内臓周囲の脂肪組織や皮下の脂肪細胞に蓄えられるのです。
脂肪細胞の数は成人で250億から300億個。大人になってから数が増えることはありませんが、大きさは何倍にも膨らむことが可能です。このため、エネルギーが余るような生活を続けていると、中性脂肪として際限なく脂肪細胞に蓄えられてしまいます。中性脂肪がつきやすいのは、お腹や二の腕、お尻など。ベルトや上着のボタンがきつくなったら要注意。特に、お腹や内臓周囲に中性脂肪がたまると、糖尿病や高血圧などを合併しやすくなります。その意味で、お腹についた脂肪は「悪性」肥満の証しといえます。

肥満は体内の脂肪が過剰である証拠

このように中性脂肪が体内で過剰に蓄えられた状態を医学的に肥満といいます。もちろん一般的には標準体重などから肥満度を出しますが、正確には体内の脂肪の量が問題になります。ですから、たとえ体重が重くても脂肪の量が基準内なら肥満とはいいません。スポーツ選手などは体重があっても筋肉が多く、脂肪は少ないものです。逆に、体重はそんなに重くないのに、脂肪が多くて肥満という場合もあります。

-中性脂肪

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

リポたんぱく

種類 脂質の成分 役割 カイロミクロン 中性脂肪が約80~ 9 0%、残る10% はコレステロールやリン脂質 食事で摂取した脂肪から小腸で合成され、リンパ管を通して血液に入り、肝臓に運搬されリポたんぱ …

合併症がある場合

薬の使用には要注意 高脂血症の人は、ほかの病気を合併することが少なくありません。合併症があると双方の病気をかんがみながら治療を進める必要があり、特に薬の扱いに注意が必要です。 高血圧や糖尿病、境界型耐 …

血液中の脂質は4種類

血液中には中性脂肪以外に3種類の脂質 血液中には中性脂肪のほかにコレステロール、リン脂質、遊離脂肪酸の3つの脂質(脂肪)が流れています。4つの脂質はそれぞれ密接な関係にありますが、異なる役割を果します …

食物繊維の摂取も効果がある

血液中の脂肪を減らす 高中性脂肪血症の予防や治療の最大の目的は動脈硬化の進行を防ぐこと。そのため、動脈硬化や関連のある病気を防ぐ食生活を送ることも大切です。 なかでも食物繊維は腸を掃除して大腸ガンを予 …

リフレッシュ効果の高いサイクリング

スピードと爽快感 サイクリングもウォーキングと同じ有酸素運動なので、高中性脂肪血症や肥満の解消に効果が期待できます。ウォーキングや水泳などと大きく違うのは、風を切って走る爽快感でしょう。また、遠出をす …