中性脂肪

合併症がある場合

投稿日:

薬の使用には要注意

高脂血症の人は、ほかの病気を合併することが少なくありません。合併症があると双方の病気をかんがみながら治療を進める必要があり、特に薬の扱いに注意が必要です。

高血圧や糖尿病、境界型耐糖能異常を合併

これらの病気を高脂血症に合併していると、動脈硬化の危険性が一気に高まるので、血清脂質の目標値は一般よりも低く設定します。
食事療法や運動療法などの生活療法は高脂血症と共通していますが、高血圧の場合の食事療法では塩分の摂取制限が重要です。血圧を一気に上げるような運動(短距離走、勝負性の高い競技スポーツなど) も危険です。降圧剤のなかには、血液中の脂質に影響を与えるものがあり、医師とよく相談して決めます。

冠動脈疾患を合併しているとき

心筋梗塞、狭心症などの冠動脈疾患を合併しているときは、高脂血症の持続により致命的な症状の悪化が懸念されます。そこで、極めて厳格な血清脂質の管理が必要とされています。また、心臓に負担のかかるような運動も避けるべきといわれており、運動については医師とよく相談してから始めます。

腎臓病を合併しているとき

高脂血症の治療薬は、最終的に腎臓で濾過され排泄されますが、腎臓の機能が低下していると体外に排泄されず、薬の副作用が強く出てしまう場合があります。そのため、食事や運動療法をメインに、薬も腎臓への負担が少ないものを慎重に選択します。

肝戚病を合併しているとき

高脂血症で薬を服用する場合は、薬を解毒する肝臓に負担がかからないような薬の選択が大切です。同時に、薬の副作用がどうしても出やすくなるので、肝機能の変化がないかなど定期的な副作用チェックを行います。

合併症があるときの血清脂質の治療目標(単位=mg/dl)

冠動脈疾患の合併症なし
冠動脈疾患合併
糖尿病・高血圧などの合併症なし糖尿病・高血圧などを合併
総コレステロール220未満200未満180未満
LDLコレステロール140未満120未満100未満
HDLコレステロール40以上
中性脂肪150未満

-中性脂肪

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

誰にでもできるウォーキング

運動療法を始める際の厳守事項をクリアーしたらまずはウォーキングに取り組むのがおすすめです。 もっと歩けば健康になる 歩行は人間の最良の薬」といったのは古代ギリシャの医聖ヒポクラテスですが、人間は体を動 …

食物繊維の摂取も効果がある

血液中の脂肪を減らす 高中性脂肪血症の予防や治療の最大の目的は動脈硬化の進行を防ぐこと。そのため、動脈硬化や関連のある病気を防ぐ食生活を送ることも大切です。 なかでも食物繊維は腸を掃除して大腸ガンを予 …

ストレス解消には入浴

ストレスは過食の原因になる 過食の原因の1つにストレスがあります。この場合、ドーンと落ち込むような強いものではなく、多忙である、電話が多い、友人と何となくうまくいっていない、同僚と意見が合わないなど、 …

高中性脂肪血症と診断後も動脈硬化の検査は必要

冠状動脈や脳動脈を調べる 高中性脂肪血症は動脈硬化の1つの危険因子なので、高中性脂肪血症と診断されると、動脈硬化がどの程度進んでいるかを調べる必要があります。 冠状動脈の検査 心臓の冠状動脈に動脈硬化 …

肥満は高中性脂肪血症などの温床

肥満をきっかけにして合併症が起こる 肥満がこわいのはあらゆる生活習慣病と密接にかかわっているからです。肥満のなかでも内臓脂肪型肥満がより問題になります。最近注目されているのが、肥満による高インスリン血 …