中性脂肪

薬物治療が必要な場合も

投稿日:

食事、運動療法で効果がないとき

食事療法と運動療法を2~3ヶ月続けても効果がない場合は、薬物療法を取り入れます。その場合も、食事療法と運動療法は引き続き行うことになります。一般に、薬をいったん飲みはじめると一生飲み続けることが多いものです。副作用もまったくゼロではないので、まず生活改善がうまくやれているかの見通しと、その励行を再度試みましょう。それでも薬物療法を導入せざるを得ない場合は、どういう薬か、なぜ必要か、副作用はどうかなど、医師から十分に説明を受け、わからないことは遠慮せずに聞くことです。

体内での中性脂肪の合成を抑制

高中性脂肪血症の治療薬としては、体内での中性脂肪の合成を抑える、食事でとった脂質の吸収を抑える、VLDLの分解を促進して中性脂肪を下げる薬(ニコチン酸及びその誘導体製剤)があります。同時にコレステロール値を下げたり、H D L を増やす効果のある薬(クロフィブラート系製剤、ある種のHM GCoA還元酵素阻害剤) もあります。どの薬剤にするかは、脂質の数値や高コレステロール血症の有無、合併症などを考慮して決められます。

医師の指示に従う

高中性脂肪血症など高脂血症に使う薬はどれも比較的安全とされていますが、副作用がないわけではありません。特に腎臓や肝臓の悪い人は要注意です。飲み始めるときには、どのような副作用が出る可能性があるか、しっかり説明を受けておきましょう。
また、薬の飲み合わせによって強い副作用が現れたり、薬の効果が効かなくなる場合もあるので、ほかの医師から別の薬を処方されたときや市販薬を飲む場合は、主治医とよく相談してから飲み始めましょう。勝手に服用をやめたり、時間や量を守らなかったりすると、症状を悪化させる場合もあります。必ず医師の指示を守って服用してください。

-中性脂肪

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

肥満は高中性脂肪血症などの温床

肥満をきっかけにして合併症が起こる 肥満がこわいのはあらゆる生活習慣病と密接にかかわっているからです。肥満のなかでも内臓脂肪型肥満がより問題になります。最近注目されているのが、肥満による高インスリン血 …

ストレス解消には入浴

ストレスは過食の原因になる 過食の原因の1つにストレスがあります。この場合、ドーンと落ち込むような強いものではなく、多忙である、電話が多い、友人と何となくうまくいっていない、同僚と意見が合わないなど、 …

運動で脂肪を燃やす

消費エネルギーをできるだけ増やす 高中性脂肪血症と肥満の3大原因は「食べすぎ」と「飲みすぎ」「運動不足」。その予防や治療法は、食生活を改善して中性脂肪になる余分な材料の摂取を控え、運動によって中性脂肪 …

スリムなのに…かくれ肥満

自覚しにくい故に危険も 体重も多くなく、見た目もやせているほうのなのに、体脂肪をはかってみたら実は肥満だった、あるいは腹腔内脂肪が異常に多かったという人がいます。このタイプの人は、自分が肥満だとは自覚 …

高中性脂肪血症と関連のある病気

狭心症・心筋梗塞 高中性脂肪血症は、動脈硬化の大きな原因の1つです。動脈硬化が進行すると、血管の内腔がだんだん狭くなり、血液の流れが悪くなって、しまいにはふさがってしまいます。 こうした状況が心臓の冠 …