中性脂肪

高中性脂肪血症と診断後も動脈硬化の検査は必要

投稿日:

冠状動脈や脳動脈を調べる

高中性脂肪血症は動脈硬化の1つの危険因子なので、高中性脂肪血症と診断されると、動脈硬化がどの程度進んでいるかを調べる必要があります。

冠状動脈の検査

心臓の冠状動脈に動脈硬化が起こると、狭心症や心筋梗塞になる危険性があります。動脈硬化の進行具合は心電図や運動負荷心電図、超音波検査による画像で心臓の各部分の動き方などで調べます。また、必要であれば、トレッドミルという装置で運動を負荷して、心電図の変化をみたり、アイソトープを使用した検査、冠動脈に直接造影剤を注入して冠動脈の状態を調べる冠動脈造影など、さまざまな方法で動脈硬化の部位と程度を調べます。

脳動脈の検査

脳動脈に動脈硬化が起こると、脳梗塞などを引き起こします。よく行われるのは眼底の毛細血管を調べる眼底検査。血管の様子を直接観察できるのは眼底の血管だけで、動脈硬化の診断にも有効です。頭のCT検査やMRI検査も行われます。

腹部大動脈や下肢動脈の検査

動脈硬化を起こしやすい腹部大動脈と下肢動脈を調べます。下肢動脈に動脈硬化が起こると、潰瘍ができて切断といったケースも発生します。下肢の血圧を測ったり、Ⅹ線検査やCT検査などの画像による検査を行います。

-中性脂肪

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

肥満は高中性脂肪血症などの温床

肥満をきっかけにして合併症が起こる 肥満がこわいのはあらゆる生活習慣病と密接にかかわっているからです。肥満のなかでも内臓脂肪型肥満がより問題になります。最近注目されているのが、肥満による高インスリン血 …

日常生活の中の運動量もバカにできない

チリも積もれば… 炊事、洗濯、掃除、草むしりなど、家庭での日常生活の中で体を動かす機会は意外と多いものです。そうしたレベルの活動量を多くするのも、消費エネルギーを増やすのに役立ちます。 ひとつひとつの …

高中性脂肪血症になりやすい食品に注意

吸収がはやく脂肪になりやすい砂糖と果物 血液中の中性脂肪が高い人や肥満の人は、中牲脂肪になりやすい食品を好んで食べる傾向にあるといわれます。中性脂肪の材料になるのは主に糖質ですが、そのなかでも気をつけ …

中性脂肪を増やしてしまう日頃の習慣

並んでもエスカレーターに乗る 10kcalの運動でも10年後には1万kcal 階段はガラガラなのに、エスカレーターは長蛇の列。よく見かける光景ですが、運動不足はこんな小さなことから積み重なっていきます …

治療の基本は食事と運動

中性脂肪血症は生活習慣の改善だけでもよくなる 高中性脂肪血症の原因は食べすぎ、飲みすぎと運動不足といいましたが、治療はこの3つを改善することが治療の柱となります。食べすぎ、飲みすぎに注意し、適度な運動 …