中性脂肪

高中性脂肪血症と診断後も動脈硬化の検査は必要

投稿日:

冠状動脈や脳動脈を調べる

高中性脂肪血症は動脈硬化の1つの危険因子なので、高中性脂肪血症と診断されると、動脈硬化がどの程度進んでいるかを調べる必要があります。

冠状動脈の検査

心臓の冠状動脈に動脈硬化が起こると、狭心症や心筋梗塞になる危険性があります。動脈硬化の進行具合は心電図や運動負荷心電図、超音波検査による画像で心臓の各部分の動き方などで調べます。また、必要であれば、トレッドミルという装置で運動を負荷して、心電図の変化をみたり、アイソトープを使用した検査、冠動脈に直接造影剤を注入して冠動脈の状態を調べる冠動脈造影など、さまざまな方法で動脈硬化の部位と程度を調べます。

脳動脈の検査

脳動脈に動脈硬化が起こると、脳梗塞などを引き起こします。よく行われるのは眼底の毛細血管を調べる眼底検査。血管の様子を直接観察できるのは眼底の血管だけで、動脈硬化の診断にも有効です。頭のCT検査やMRI検査も行われます。

腹部大動脈や下肢動脈の検査

動脈硬化を起こしやすい腹部大動脈と下肢動脈を調べます。下肢動脈に動脈硬化が起こると、潰瘍ができて切断といったケースも発生します。下肢の血圧を測ったり、Ⅹ線検査やCT検査などの画像による検査を行います。

-中性脂肪

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ストレス解消には入浴

ストレスは過食の原因になる 過食の原因の1つにストレスがあります。この場合、ドーンと落ち込むような強いものではなく、多忙である、電話が多い、友人と何となくうまくいっていない、同僚と意見が合わないなど、 …

誰にでもできるウォーキング

運動療法を始める際の厳守事項をクリアーしたらまずはウォーキングに取り組むのがおすすめです。 もっと歩けば健康になる 歩行は人間の最良の薬」といったのは古代ギリシャの医聖ヒポクラテスですが、人間は体を動 …

リフレッシュ効果の高いサイクリング

スピードと爽快感 サイクリングもウォーキングと同じ有酸素運動なので、高中性脂肪血症や肥満の解消に効果が期待できます。ウォーキングや水泳などと大きく違うのは、風を切って走る爽快感でしょう。また、遠出をす …

喫煙、ストレスも危険因子

血液中の中性脂肪を増やす 喫煙は高脂血症や動脈硬化とも深い関係があります。タバコに含まれる一酸化炭素は、血液中の酸素不足を引き起こし、LDLを変性させ、マクロファージに取り込まれやすくします。中性脂肪 …

食品とは広く浅く向き合うのがポイント

皿数を増やす 特定の食品や限られた食品ばかり食べていると、栄養素が偏ります。逆にたくさんの種類の食品を食べるようにすれば、自然と栄養バランスが整ってきます。 いろいろな種類の食品をとるコツは、欠食をし …