中性脂肪

高中性脂肪血症のチェック

投稿日:

血液検査で血清脂質の値をチェック

高中性脂肪血症をはじめとする高脂血症はほとんど自覚症状がありません。そのため、会社の健康診断や地域の健診、老人健診などで定期的に検査をして、初期のうちに見つけて手を打つことが大切です。検査は簡単で、血液を採取して血清脂質の値を調べます。一般に、健康診断などでは、

  1. 中性脂肪
  2. 総コレステロール
  3. HDLコレステロール

ルを計測します。病院によっては、総コレステロールのかわりにLDLコレステロールを計測することもあります。中性脂肪値が高い場合は「高中性脂肪血症」、コレステロール値が高い場合は「高コレステロール血症」と診断されます。
善玉であるHDLコレステロールの数値が低い場合は「低HDLレステロール血症」と診断されます。
また、悪玉のLDLコレステロールが高い場合を「高LDLコレステロール血症」と呼びますが、LDLの計測は最近やっと可能になったばかりなので、ほかの3つの脂質の数値から求めてもよいでしょう。高脂血症と診断する基準値は、いずれもその範囲を超えた場合に動脈硬化の危険がある、という意味です。

高脂血症の基準値

脂質の種類 適正域 境界域 高脂血症
中性脂肪(TG) 150未満 150以上
総コレステロール(TCH) 200未満 200~219 220以上
LDLコレステロール 120未満 120~139 140以上
HDLコレステロール 40以上 40未満

-中性脂肪

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

食品別アドバイス

糖質は主にデンプンで摂取する エネルギー源になる食品は糖質と脂質で丸ダイエットのときは、この2 つを抑えるのがポイントです。とはいえ、糖質はブドウ糖に分解されて脳のエネルギー源になるので、極端に減らす …

中性脂肪を増やしてしまう日頃の習慣

並んでもエスカレーターに乗る 10kcalの運動でも10年後には1万kcal 階段はガラガラなのに、エスカレーターは長蛇の列。よく見かける光景ですが、運動不足はこんな小さなことから積み重なっていきます …

食物繊維の摂取も効果がある

血液中の脂肪を減らす 高中性脂肪血症の予防や治療の最大の目的は動脈硬化の進行を防ぐこと。そのため、動脈硬化や関連のある病気を防ぐ食生活を送ることも大切です。 なかでも食物繊維は腸を掃除して大腸ガンを予 …

スリムなのに…かくれ肥満

自覚しにくい故に危険も 体重も多くなく、見た目もやせているほうのなのに、体脂肪をはかってみたら実は肥満だった、あるいは腹腔内脂肪が異常に多かったという人がいます。このタイプの人は、自分が肥満だとは自覚 …

より効果的なのはアクアビクス

腰や膝に負担が少なく安全 最近、健康づくりのために「アクアビクス」に取り組む人が増えています。アクアビクスとは、水の中で歩いたり、音楽にあわせてダンスをしたりする有酸素運動です。 水の抵抗があるため、 …