中性脂肪

高中性脂肪血症のチェック

投稿日:

血液検査で血清脂質の値をチェック

高中性脂肪血症をはじめとする高脂血症はほとんど自覚症状がありません。そのため、会社の健康診断や地域の健診、老人健診などで定期的に検査をして、初期のうちに見つけて手を打つことが大切です。検査は簡単で、血液を採取して血清脂質の値を調べます。一般に、健康診断などでは、

  1. 中性脂肪
  2. 総コレステロール
  3. HDLコレステロール

ルを計測します。病院によっては、総コレステロールのかわりにLDLコレステロールを計測することもあります。中性脂肪値が高い場合は「高中性脂肪血症」、コレステロール値が高い場合は「高コレステロール血症」と診断されます。
善玉であるHDLコレステロールの数値が低い場合は「低HDLレステロール血症」と診断されます。
また、悪玉のLDLコレステロールが高い場合を「高LDLコレステロール血症」と呼びますが、LDLの計測は最近やっと可能になったばかりなので、ほかの3つの脂質の数値から求めてもよいでしょう。高脂血症と診断する基準値は、いずれもその範囲を超えた場合に動脈硬化の危険がある、という意味です。

高脂血症の基準値

脂質の種類 適正域 境界域 高脂血症
中性脂肪(TG) 150未満 150以上
総コレステロール(TCH) 200未満 200~219 220以上
LDLコレステロール 120未満 120~139 140以上
HDLコレステロール 40以上 40未満

-中性脂肪

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

リポたんぱく

種類 脂質の成分 役割 カイロミクロン 中性脂肪が約80~ 9 0%、残る10% はコレステロールやリン脂質 食事で摂取した脂肪から小腸で合成され、リンパ管を通して血液に入り、肝臓に運搬されリポたんぱ …

実質的な死亡原因のトップは動脈硬化

動脈硬化で亡くなる人はガンで亡くなる人を上回る 高中性脂肪血症などの高脂血症が主原因となる粥状(アテローム性) 動脈硬化は、心臓の冠状動脈、内頚動脈、椎骨脳底動脈、脳動脈といった太い血管ほど発生しやす …

1日に150kcalを消費する生活習慣

週間に700~1000kcalの消費を できたら毎日したい運動ですが、では1日にどのくらいの運動量をすればいいのでしょうか。問題は、摂取エネルギーと消費エネルギーの収支です。 適正体重の人は収支がゼロ …

食物繊維の摂取も効果がある

血液中の脂肪を減らす 高中性脂肪血症の予防や治療の最大の目的は動脈硬化の進行を防ぐこと。そのため、動脈硬化や関連のある病気を防ぐ食生活を送ることも大切です。 なかでも食物繊維は腸を掃除して大腸ガンを予 …

日常生活の中の運動量もバカにできない

チリも積もれば… 炊事、洗濯、掃除、草むしりなど、家庭での日常生活の中で体を動かす機会は意外と多いものです。そうしたレベルの活動量を多くするのも、消費エネルギーを増やすのに役立ちます。 ひとつひとつの …