中性脂肪

喫煙、ストレスも危険因子

投稿日:

血液中の中性脂肪を増やす

喫煙は高脂血症や動脈硬化とも深い関係があります。タバコに含まれる一酸化炭素は、血液中の酸素不足を引き起こし、LDLを変性させ、マクロファージに取り込まれやすくします。中性脂肪やLDLコレステロールを増やし、HDLコレステロールを下げることもわかっています。また、タバコのニコチンは血管を収縮させるため、血圧を上げます。喫煙はこのようにLDLを変性させ高脂血症や高血圧の原因となり、動脈硬化を促進します。すでに動脈硬化が悪化している場合は、喫煙が引き金になって心筋梗塞や脳梗塞を引き起こすおそれもあり、大きなリスクとなります。

ストレスは血中のコレステロールを上げる

ストレスそのものは悪者ではなく、生きていくためには必要なものです。しかし過剰なストレスは、血中のコレステロールを増やすといわれています。また、血管を収縮させて血圧が上昇する原因にもなります。このようにストレスもまた、高脂血症や高血圧、ひいては動脈硬化の危険因子です。

-中性脂肪

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

1日に150kcalを消費する生活習慣

週間に700~1000kcalの消費を できたら毎日したい運動ですが、では1日にどのくらいの運動量をすればいいのでしょうか。問題は、摂取エネルギーと消費エネルギーの収支です。 適正体重の人は収支がゼロ …

誰にでもできるウォーキング

運動療法を始める際の厳守事項をクリアーしたらまずはウォーキングに取り組むのがおすすめです。 もっと歩けば健康になる 歩行は人間の最良の薬」といったのは古代ギリシャの医聖ヒポクラテスですが、人間は体を動 …

運動療法を行う際の厳守事項

はじめる前に医師と相談する 高中性脂肪血症や肥満の治療や予防に欠かせない運動ですが、なかには運動をやってはいけない人もいるので注意してください。血圧や血糖がひじょうに高いとか、動脈硬化が進んでいて狭心 …

治療の基本は食事と運動

中性脂肪血症は生活習慣の改善だけでもよくなる 高中性脂肪血症の原因は食べすぎ、飲みすぎと運動不足といいましたが、治療はこの3つを改善することが治療の柱となります。食べすぎ、飲みすぎに注意し、適度な運動 …

食物繊維の摂取も効果がある

血液中の脂肪を減らす 高中性脂肪血症の予防や治療の最大の目的は動脈硬化の進行を防ぐこと。そのため、動脈硬化や関連のある病気を防ぐ食生活を送ることも大切です。 なかでも食物繊維は腸を掃除して大腸ガンを予 …