中性脂肪

喫煙、ストレスも危険因子

投稿日:

血液中の中性脂肪を増やす

喫煙は高脂血症や動脈硬化とも深い関係があります。タバコに含まれる一酸化炭素は、血液中の酸素不足を引き起こし、LDLを変性させ、マクロファージに取り込まれやすくします。中性脂肪やLDLコレステロールを増やし、HDLコレステロールを下げることもわかっています。また、タバコのニコチンは血管を収縮させるため、血圧を上げます。喫煙はこのようにLDLを変性させ高脂血症や高血圧の原因となり、動脈硬化を促進します。すでに動脈硬化が悪化している場合は、喫煙が引き金になって心筋梗塞や脳梗塞を引き起こすおそれもあり、大きなリスクとなります。

ストレスは血中のコレステロールを上げる

ストレスそのものは悪者ではなく、生きていくためには必要なものです。しかし過剰なストレスは、血中のコレステロールを増やすといわれています。また、血管を収縮させて血圧が上昇する原因にもなります。このようにストレスもまた、高脂血症や高血圧、ひいては動脈硬化の危険因子です。

-中性脂肪

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

高中性脂肪血症のチェック

血液検査で血清脂質の値をチェック 高中性脂肪血症をはじめとする高脂血症はほとんど自覚症状がありません。そのため、会社の健康診断や地域の健診、老人健診などで定期的に検査をして、初期のうちに見つけて手を打 …

合併症がある場合

薬の使用には要注意 高脂血症の人は、ほかの病気を合併することが少なくありません。合併症があると双方の病気をかんがみながら治療を進める必要があり、特に薬の扱いに注意が必要です。 高血圧や糖尿病、境界型耐 …

肥満チェック(自己診断)

標準体重 肥満は、正確には体重ではなく、体内の脂肪の量を測定し体脂肪率で判定します。日本肥満学会の判定基準では、男性は体脂肪率が20% 以上、女性は30% 以上を肥満としています。 体脂肪率を正確に調 …

中性脂肪が高いとどういったことがリスクになる?

高中性脂肪血症は動脈硬化の危険因子 血液中の中性脂肪の値が基準値(150 mg/dl未満)よりも高い状態を高中性脂肪血症といいます。高中性脂肪血症そのものは痛くもかゆくもありません。ところが高中性脂肪 …

リポたんぱく

種類 脂質の成分 役割 カイロミクロン 中性脂肪が約80~ 9 0%、残る10% はコレステロールやリン脂質 食事で摂取した脂肪から小腸で合成され、リンパ管を通して血液に入り、肝臓に運搬されリポたんぱ …