中性脂肪

実質的な死亡原因のトップは動脈硬化

投稿日:

動脈硬化で亡くなる人はガンで亡くなる人を上回る

高中性脂肪血症などの高脂血症が主原因となる粥状(アテローム性) 動脈硬化は、心臓の冠状動脈、内頚動脈、椎骨脳底動脈、脳動脈といった太い血管ほど発生しやすいのが特徴です。冠状動脈にアテロームができ、血管が狭窄し、さらにふさがってしまうと狭心症や心筋梗塞が起こります。
脳動脈に発生すれば脳梗塞が起こります。日本では、ガンで亡くなる人がいちばん多いのですが、動脈硬化が主な原因となる心臓病と脳血管障害で亡くなる人を合計すると、ガンを上まわります。こうした命にかかわるさまざまな病気、動脈硬化の最大の危険因子、それが高脂血症です。

糖尿病や高血圧を合併すると危険度が増す

高脂血症、糖尿病、肥満、高血圧といった生活習慣病の特徴は、それぞれの病気の危険因子に共通したものが多く、1つの病気が次々とほかの病気を合併していくことです。高脂血症に高血圧や糖尿病が合併していると、高い血圧や血糖によって血管壁がいっそう傷つきやすくなり、動脈硬化に拍車がかかります。合併症が複数になると、1つ1つの病気は軽症でも、動脈硬化の危険度が指数画数的に上昇します。ちなみに、高脂血症、高血圧、糖尿病、肥満を合併していると、心筋梗塞などの危険は一気に高くなります。そのため、これらの併発を「死の四重奏」と呼んでいるほどです。

-中性脂肪

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

喫煙、ストレスも危険因子

血液中の中性脂肪を増やす 喫煙は高脂血症や動脈硬化とも深い関係があります。タバコに含まれる一酸化炭素は、血液中の酸素不足を引き起こし、LDLを変性させ、マクロファージに取り込まれやすくします。中性脂肪 …

運動で脂肪を燃やす

消費エネルギーをできるだけ増やす 高中性脂肪血症と肥満の3大原因は「食べすぎ」と「飲みすぎ」「運動不足」。その予防や治療法は、食生活を改善して中性脂肪になる余分な材料の摂取を控え、運動によって中性脂肪 …

リポたんぱく

種類 脂質の成分 役割 カイロミクロン 中性脂肪が約80~ 9 0%、残る10% はコレステロールやリン脂質 食事で摂取した脂肪から小腸で合成され、リンパ管を通して血液に入り、肝臓に運搬されリポたんぱ …

合併症がある場合

薬の使用には要注意 高脂血症の人は、ほかの病気を合併することが少なくありません。合併症があると双方の病気をかんがみながら治療を進める必要があり、特に薬の扱いに注意が必要です。 高血圧や糖尿病、境界型耐 …

食物繊維の摂取も効果がある

血液中の脂肪を減らす 高中性脂肪血症の予防や治療の最大の目的は動脈硬化の進行を防ぐこと。そのため、動脈硬化や関連のある病気を防ぐ食生活を送ることも大切です。 なかでも食物繊維は腸を掃除して大腸ガンを予 …