中性脂肪

実質的な死亡原因のトップは動脈硬化

投稿日:

動脈硬化で亡くなる人はガンで亡くなる人を上回る

高中性脂肪血症などの高脂血症が主原因となる粥状(アテローム性) 動脈硬化は、心臓の冠状動脈、内頚動脈、椎骨脳底動脈、脳動脈といった太い血管ほど発生しやすいのが特徴です。冠状動脈にアテロームができ、血管が狭窄し、さらにふさがってしまうと狭心症や心筋梗塞が起こります。
脳動脈に発生すれば脳梗塞が起こります。日本では、ガンで亡くなる人がいちばん多いのですが、動脈硬化が主な原因となる心臓病と脳血管障害で亡くなる人を合計すると、ガンを上まわります。こうした命にかかわるさまざまな病気、動脈硬化の最大の危険因子、それが高脂血症です。

糖尿病や高血圧を合併すると危険度が増す

高脂血症、糖尿病、肥満、高血圧といった生活習慣病の特徴は、それぞれの病気の危険因子に共通したものが多く、1つの病気が次々とほかの病気を合併していくことです。高脂血症に高血圧や糖尿病が合併していると、高い血圧や血糖によって血管壁がいっそう傷つきやすくなり、動脈硬化に拍車がかかります。合併症が複数になると、1つ1つの病気は軽症でも、動脈硬化の危険度が指数画数的に上昇します。ちなみに、高脂血症、高血圧、糖尿病、肥満を合併していると、心筋梗塞などの危険は一気に高くなります。そのため、これらの併発を「死の四重奏」と呼んでいるほどです。

-中性脂肪

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

肥満チェック(自己診断)

標準体重 肥満は、正確には体重ではなく、体内の脂肪の量を測定し体脂肪率で判定します。日本肥満学会の判定基準では、男性は体脂肪率が20% 以上、女性は30% 以上を肥満としています。 体脂肪率を正確に調 …

スリムなのに…かくれ肥満

自覚しにくい故に危険も 体重も多くなく、見た目もやせているほうのなのに、体脂肪をはかってみたら実は肥満だった、あるいは腹腔内脂肪が異常に多かったという人がいます。このタイプの人は、自分が肥満だとは自覚 …

中性脂肪を増やす食習慣チェック

朝食をよく抜く→欠食は太りやすい 1日に同じエネルギーをとるなら、食事回数が3回より2のほうが太りやすく、中性脂肪を高くする食べ方。相撲の力士が太るために1日2食しか食べないのは有名な話です。食事回数 …

無理をしないペースを維持する

ニコニコペース 健康づくりのための運動や、高中性脂肪血症や肥満の運動療法は、頑張りすぎないことがポイントです。長続きさせることが大切ですから、歯をくいしばってやるようでは、3日坊主になる可能性がありま …

中性脂肪が高いとどういったことがリスクになる?

高中性脂肪血症は動脈硬化の危険因子 血液中の中性脂肪の値が基準値(150 mg/dl未満)よりも高い状態を高中性脂肪血症といいます。高中性脂肪血症そのものは痛くもかゆくもありません。ところが高中性脂肪 …