中性脂肪

中性脂肪が高いとどういったことがリスクになる?

投稿日:

高中性脂肪血症は動脈硬化の危険因子

血液中の中性脂肪の値が基準値(150 mg/dl未満)よりも高い状態を高中性脂肪血症といいます。高中性脂肪血症そのものは痛くもかゆくもありません。ところが高中性脂肪血症を放っておくと、動脈硬化という合併症を引き起こします。動脈硬化は心筋梗塞や脳梗塞などの重篤な病気の危険因子。高中性脂肪血症がこわいといわれるのは、こうした理由があるからです。

HDLを減少させ動脈硬化を促進する

動脈硬化を促進する脂質として、これまで主にコレステロールが指摘されてきました。しかし最近になって、中性脂肪もコレステロールに劣らず動脈硬化の危険因子であることがわかってきました。動脈硬化を促進するコレステロールは、LDLコレステロールです。LDLはVLDLが分解して中性脂肪が抜け出たもの。中性脂肪が増えるような場合は、それだけLDLも増えます。しかも、中性脂肪が増えると、動脈硬化を防ぐ働きのあるHDLを減らしてしまいます。
また最近、糖尿病や高中性脂肪血症の際に生じる中性脂肪を多く含むカイロミクロンレムナントや小型で高比重のLDLなどのリボたんばくが動脈硬化を促進する作用の強いこともわかってきました。このように、中性脂肪自体も動脈硬化を促進するのです。

中性脂肪が高いと血栓ができやすくなる

血液が固まることを凝固、凝固した血液が溶けることを線溶といいます。体内で起こる凝固や線溶には多くの凝固因子や線溶因子が関っていますが中性脂肪が高いと、凝固因子の活性は高くなりPAI-1などの線溶を抑制する因子の活性も高くなります。そうすると、血液は固まりやすく、溶けにくいということになり、血栓ができやすくなるわけです。高中性脂肪血症はこのようなことからも、動脈硬化を促進します。

-中性脂肪

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

薬物治療が必要な場合も

食事、運動療法で効果がないとき 食事療法と運動療法を2~3ヶ月続けても効果がない場合は、薬物療法を取り入れます。その場合も、食事療法と運動療法は引き続き行うことになります。一般に、薬をいったん飲みはじ …

運動療法を行う際の厳守事項

はじめる前に医師と相談する 高中性脂肪血症や肥満の治療や予防に欠かせない運動ですが、なかには運動をやってはいけない人もいるので注意してください。血圧や血糖がひじょうに高いとか、動脈硬化が進んでいて狭心 …

ストレス解消には入浴

ストレスは過食の原因になる 過食の原因の1つにストレスがあります。この場合、ドーンと落ち込むような強いものではなく、多忙である、電話が多い、友人と何となくうまくいっていない、同僚と意見が合わないなど、 …

無理をしないペースを維持する

ニコニコペース 健康づくりのための運動や、高中性脂肪血症や肥満の運動療法は、頑張りすぎないことがポイントです。長続きさせることが大切ですから、歯をくいしばってやるようでは、3日坊主になる可能性がありま …

高中性脂肪血症の原因は「食べ過ぎ!」「飲み過ぎ!」

生活習慣・食習慣がすべてといってもよい 動脈硬化の原因となり、心筋梗塞や脳梗塞などのこわい合併症を引き起こす高中性脂肪血症。では、高中性脂肪血症の原因は何なのでしょう。主な原因は次の3 つです。 血液 …