中性脂肪

リポたんぱく

投稿日:2014/05/02 更新日:

種類
脂質の成分
役割
カイロミクロン
中性脂肪が約80~ 9 0%、残る10% はコレステロールやリン脂質
食事で摂取した脂肪から小腸で合成され、リンパ管を通して血液に入り、肝臓に運搬されリポたんぱくの合成材料となる。
超比重リポたんぱく(VLDL)
中性脂肪が55%と半分以上。コレステロールやリン脂質がそれぞれ20%
食事でとった脂肪と糖質を材料に肝臓で合成される。血液によって全身に運搬され、中性脂肪が引き抜かれてエネルギーとして使われる。中性脂肪の分解、引き抜きが進むにつれてコレステロールが相対的に増えてIDLになり、さらにLDLに変化する。
中間比重リボたんばく(IDL)
中性脂肪が約40%、コレステロールが約35%
VLDLの中性脂肪の分解、引き抜きがすすみコレステロールの含量が増えたもの。血液によってコレステロールが全身に運ばれ、細胞膜やホルモンの材料になる。余ったものは肝臓で再利用されるが血液中に増えると動脈硬化を促進するため「悪玉コレステロール」と呼ばれる。
高比重リポたんぱく(HDL)
リン脂質が約50%と多くなる。コレステロールが約30% 、中性脂肪が約3%
血液によって全身に運ばれ、細胞や血管壁の余分なコレステロールを回収して肝臓にもどす。そのため、「善玉コレステロール」と呼ばれている

悪玉(LDL)と善玉(HDL)についてはこちら。

-中性脂肪

執筆者:


  1. […] くといいます。リポたんぱくにはカイロミクロン、VLDL、LDL、HDLの4種類があります。コレステロールを運搬するのは、HDLとLDLです。 リポたんぱくの特徴はこちら。 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

治療の基本は食事と運動

中性脂肪血症は生活習慣の改善だけでもよくなる 高中性脂肪血症の原因は食べすぎ、飲みすぎと運動不足といいましたが、治療はこの3つを改善することが治療の柱となります。食べすぎ、飲みすぎに注意し、適度な運動 …

肥満チェック(自己診断)

標準体重 肥満は、正確には体重ではなく、体内の脂肪の量を測定し体脂肪率で判定します。日本肥満学会の判定基準では、男性は体脂肪率が20% 以上、女性は30% 以上を肥満としています。 体脂肪率を正確に調 …

高中性脂肪血症と関連のある病気

狭心症・心筋梗塞 高中性脂肪血症は、動脈硬化の大きな原因の1つです。動脈硬化が進行すると、血管の内腔がだんだん狭くなり、血液の流れが悪くなって、しまいにはふさがってしまいます。 こうした状況が心臓の冠 …

高中性脂肪血症の原因は「食べ過ぎ!」「飲み過ぎ!」

生活習慣・食習慣がすべてといってもよい 動脈硬化の原因となり、心筋梗塞や脳梗塞などのこわい合併症を引き起こす高中性脂肪血症。では、高中性脂肪血症の原因は何なのでしょう。主な原因は次の3 つです。 血液 …

脂肪を燃焼させるのは有酸素運動 有酸素運動でなければ脂肪は燃えない

脂肪が燃焼しはじめるまでには少し時間がかかる 運動には大別すると2つの種類があります。1つは、体内に酸素をたくさん取り入れながら行う有酸素運動(エアロビクス) と、もう1つは酸素をほとんど消費しないで …