中性脂肪

リポたんぱく

投稿日:2014/05/02 更新日:

種類
脂質の成分
役割
カイロミクロン
中性脂肪が約80~ 9 0%、残る10% はコレステロールやリン脂質
食事で摂取した脂肪から小腸で合成され、リンパ管を通して血液に入り、肝臓に運搬されリポたんぱくの合成材料となる。
超比重リポたんぱく(VLDL)
中性脂肪が55%と半分以上。コレステロールやリン脂質がそれぞれ20%
食事でとった脂肪と糖質を材料に肝臓で合成される。血液によって全身に運搬され、中性脂肪が引き抜かれてエネルギーとして使われる。中性脂肪の分解、引き抜きが進むにつれてコレステロールが相対的に増えてIDLになり、さらにLDLに変化する。
中間比重リボたんばく(IDL)
中性脂肪が約40%、コレステロールが約35%
VLDLの中性脂肪の分解、引き抜きがすすみコレステロールの含量が増えたもの。血液によってコレステロールが全身に運ばれ、細胞膜やホルモンの材料になる。余ったものは肝臓で再利用されるが血液中に増えると動脈硬化を促進するため「悪玉コレステロール」と呼ばれる。
高比重リポたんぱく(HDL)
リン脂質が約50%と多くなる。コレステロールが約30% 、中性脂肪が約3%
血液によって全身に運ばれ、細胞や血管壁の余分なコレステロールを回収して肝臓にもどす。そのため、「善玉コレステロール」と呼ばれている

悪玉(LDL)と善玉(HDL)についてはこちら。

-中性脂肪

執筆者:


  1. […] くといいます。リポたんぱくにはカイロミクロン、VLDL、LDL、HDLの4種類があります。コレステロールを運搬するのは、HDLとLDLです。 リポたんぱくの特徴はこちら。 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

肥満は高中性脂肪血症などの温床

肥満をきっかけにして合併症が起こる 肥満がこわいのはあらゆる生活習慣病と密接にかかわっているからです。肥満のなかでも内臓脂肪型肥満がより問題になります。最近注目されているのが、肥満による高インスリン血 …

高中性脂肪血症と関連のある病気

狭心症・心筋梗塞 高中性脂肪血症は、動脈硬化の大きな原因の1つです。動脈硬化が進行すると、血管の内腔がだんだん狭くなり、血液の流れが悪くなって、しまいにはふさがってしまいます。 こうした状況が心臓の冠 …

中性脂肪を増やす食習慣チェック

朝食をよく抜く→欠食は太りやすい 1日に同じエネルギーをとるなら、食事回数が3回より2のほうが太りやすく、中性脂肪を高くする食べ方。相撲の力士が太るために1日2食しか食べないのは有名な話です。食事回数 …

運動療法を行う際の厳守事項

はじめる前に医師と相談する 高中性脂肪血症や肥満の治療や予防に欠かせない運動ですが、なかには運動をやってはいけない人もいるので注意してください。血圧や血糖がひじょうに高いとか、動脈硬化が進んでいて狭心 …

中性脂肪を増やしてしまう日頃の習慣

並んでもエスカレーターに乗る 10kcalの運動でも10年後には1万kcal 階段はガラガラなのに、エスカレーターは長蛇の列。よく見かける光景ですが、運動不足はこんな小さなことから積み重なっていきます …