中性脂肪

中性脂肪って?

投稿日:

体内では皮下、腹腔、内臓や血液中に存在

中性脂肪と聞いて、どんなものをイメージしますか。日常的に食事でとっている抽やバター、肉類の脂身などは、実はみんな中性脂肪です。では、体内ではどうでしょうか。いちばんわかりやすいのがお腹やお尻の皮下の組織についた中性脂肪、いわゆる皮下脂肪と呼ばれるものです。また、腹腔や肝臓に蓄えられたり、姿を変えて血液中を流れ、全身を循環しているものもあります。腹腔や肝臓に蓄えられた脂肪を内臓脂肪と呼んでいます。

主な働きはエネルギー源

中性脂肪の最大の役目は活動する際のエネルギー源として使われ、しかもその貯蔵庫にもなることです。エネルギー源となる中性脂肪や糖質を食事からとっていますが、食べた中性脂肪や過剰に摂取した糖質は肝臓で中性脂肪に合成されます。食物に含まれる中牲脂肪はそのままでは吸収されないので、いったん分解され、最終的に肝臓で再合成されます。そして血液中に取り込まれ、全身に運ばれて主に心臓や血管系の筋肉のエネルギーとして使われます。
エネルギーとして使われず、余ってしまったときは、皮下や腹腔内の脂肪細胞に蓄えられます。食物の補給が途絶えた場合は、蓄えておいた中性脂肪を再び切り出すことにより、生命を維持するために必要なエネルギーを賄うというしくみになっています。これは、人類の歴史が食事がコンスタントにとれない、飢餓状態が圧倒的に長かったために備わった防衛機能といわれています。

外からの刺激を軽減し、内臓を守る

脂肪は熟を通しにくいので、皮下脂肪は寒さや暑さから身を守り、体温を一定に保つ役割も果します。お腹のまわりや腹腔内の脂肪は、胃や腸などの内臓がつぶれないために必要なものです。女性に特有の丸みのある体のラインも、皮下脂肪が一役買っています。
このように中性脂肪にはいろいろな働きがあり、生きていくためになくてはならないものです。しかし、血液中の中性脂肪が必要以上に多くなったり、過剰に皮下脂肪や腹腔に脂肪をため込むと、健康に黄信号がともります。

-中性脂肪

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

食品別アドバイス

糖質は主にデンプンで摂取する エネルギー源になる食品は糖質と脂質で丸ダイエットのときは、この2 つを抑えるのがポイントです。とはいえ、糖質はブドウ糖に分解されて脳のエネルギー源になるので、極端に減らす …

おなかの脂肪は悪性のケースが多い

余った脂肪は脂肪細胞にどんどんたまる 血中の中性脂肪ばかりに関心がいきがちですが、皮下の組織についた中性脂肪を忘れてはいけません。体内で合成された中性脂肪のうち、エネルギーとして使われなかった分は肝臓 …

日常生活の中の運動量もバカにできない

チリも積もれば… 炊事、洗濯、掃除、草むしりなど、家庭での日常生活の中で体を動かす機会は意外と多いものです。そうしたレベルの活動量を多くするのも、消費エネルギーを増やすのに役立ちます。 ひとつひとつの …

中性脂肪を増やす食習慣チェック

朝食をよく抜く→欠食は太りやすい 1日に同じエネルギーをとるなら、食事回数が3回より2のほうが太りやすく、中性脂肪を高くする食べ方。相撲の力士が太るために1日2食しか食べないのは有名な話です。食事回数 …

実質的な死亡原因のトップは動脈硬化

動脈硬化で亡くなる人はガンで亡くなる人を上回る 高中性脂肪血症などの高脂血症が主原因となる粥状(アテローム性) 動脈硬化は、心臓の冠状動脈、内頚動脈、椎骨脳底動脈、脳動脈といった太い血管ほど発生しやす …