ガン ガンに負けない体づくり

十分な睡眠で新陳代謝があがり免疫力がアップする

投稿日:

夜は24時までに布団に入って眠る

ストレス過多、不規則な生活の慢性化が当たり前になってしまった現代だからこそ不眠症に悩む人々が増え、20 ~60代の男女では4人に1人が不眠で悩んでいる。
人間にとって大事なのは、呼吸と食事、そして睡眠。
だから、ストレス解消においても、心療内科医は「まず、何をおいても十分な睡眠をとってください」と、アドバイスする。
事実、人間は身体を横たえて睡眠をとっているときに細胞にとって最も大事な「新陳代謝」 が行われ、造血作用も行われるのである。肝臓、腎臓も睡眠中にパワーを補充するのである。結果、免疫力は強化される。人間がガン細胞を生かしてしまうか叩くかは「免疫力の強さ」 にかかっているので、眠りをおろそかにはできない。その極めて重要な睡眠を身につけるには、「シンデレラ睡眠″」を目指す。深夜12暗までに布団の中に入ると、より質のいい眠りが得られるのである。

睡眠は深い眠りの「レム睡眠」と、浅い眠りの「ノンレム睡眠」があり、それが交互に繰り返される。1リズム1時間半程度で4~6 回。6 ~9時間となる。そこには3時間の差があるが、短くても質のよい眠りが得られればいいが、その最低限が6時間といえる。では、なかなか眠りに入れない人には、次の7点を実行すると、よりスムーズに人眠できるはずである。

  1. ぬるめのお風呂にゆっくり入る。身体が十分リラックスヘと向いていく
  2. 瞑想、自己暗示法、腹式呼吸法など、ベッドでできる自分なりのリラックス法を身につける
  3. テキ普段からビタミンB12 、葉酸を十分に摂取しておく
  4. カルシウム、マグネシウムを普段から十分に摂取
  5. 昼間や夕方に適度な運動をする
  6. 夕方以降はカフェインを控える
  7. 周囲新前はスマホ・パソコン操作を行わない

就寝前に快眠 CDを聞くのは最近では定番ですがリラックスできてよく眠れます。
こちらには「クラシック音楽」「オルゴールの音色」「自然音」「ヒーリング」などさまざまなものが紹介されています。

-ガン, ガンに負けない体づくり

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

40歳以上は2食に切り替える

若いうちは特に忙しく仕事をしたり、スポーツをしたりしているうちは1日3食でいいのですが、中高年になったときには、1日2食のほうがいい場合も多くなります。 食事回数の分、消化機能にも負担がかかるからです …

フレッシュなフルーツはヘルシーか?リンゴ、1個にはスティックシュガー10本分もの糖分

果物では、柿にはあまり虫が付きません。鳥もあまり寄っては来ません。鳥が柿を突き出したら、山にもうエサがなくなったからだと言われるほどです。 従って昔の日本人は、干し柿は食べましたが、柿をそのまま生で食 …

食品の注意事項

栄養価が高いとされ、健康食品としても依然人気が高い玄米。ところが、玄米がむしろ体に悪いものと考えている人もいます。 玄米はもみからもみ殻だけを除いて精米していない状態ですので、白米に比べて消化が悪い。 …

がんが嫌がるお酒の飲み方

昔から、「酒は百薬の長」と言われてきました。確かに、アルコール自体に発がん性は認められていません。血糖値も上がりません。適量を守れば、健康増進に役立ちます。 お酒は「百薬の長」か?[本当] | lie …

ストレスで乱れた自律神経は音楽で整えてガン予防

落ち込んだらスローテンポ、イライラするならロックが有効 医者から見放された末期ガンの患者さんに残るのは、不安と恐怖です。悪いほうへと循環するのを断ち切って、生きる希望につなげるのに最もいいのは音楽です …