ガン ガンに負けない体づくり

ストレスで乱れた自律神経は音楽で整えてガン予防

投稿日:

落ち込んだらスローテンポ、イライラするならロックが有効

医者から見放された末期ガンの患者さんに残るのは、不安と恐怖です。悪いほうへと循環するのを断ち切って、生きる希望につなげるのに最もいいのは音楽です。
音楽療法などを用い、ガンを治す指導をしている「音楽療法」の効果は音楽によってガンと仲良くなれたときに誰もが持っている自然治癒力がパワーを発揮し、ガンの増殖が止まったり縮小したりするという。
ストレスで乱れた自律神経のバランスを撃見、自然治癒力を向上させてくれるのは、「1/fゆらぎ」(音楽用語。ゆらぎとは不規則性を含む波動の変化をいうもの。「1/fゆらぎ」ゆらぎは人間が最も心地よく感じるもので、そよ風や小川のせせらぎもこれである。音楽もまた同じ。効果的な音楽療法プログラムは、第1段階(導入)、第2段階(調整)、第3段階(導出) に分かれ、その人の精神状態で聴く音楽は変わってくる。

気分が落ち込んでいるときはスローテンポの暗い曲調を。悲しみに沈んでいる人に元気を出せ! と励ますと、逆に落ち込みますが、あれと同じで、これを『同質の原理』といいます。
イライラ時にはリズムがはっきりとしたロックやタンゴといった激しい曲。無気力なときはスローテンポで短調の曲。これを導入で3~6 分聴いたら、次は調整段階の音楽を10分。「音楽療法が受けられる状態になってきたところで、心をバランスのとれた状態に持っていくために沈静音楽を聴いてもらいます」そして、導出の段階では、現実に戻すように流れるようなメロディーの標準テンポの音楽を、やはり10分間聴く。
これを終えると情緒の安定が得られます。3~6分、10分、10分。このパターンで1日1回音楽を聴いてもらうと、ガンの治療のみならず、ガンになりにくい身体を作ってくれます。
たとえば、ストレスが高じてイライラしているときは、クラシックならば、ショパン「マズルカ第5番」、チャイコフスキー「舟歌」、ショーソン「謡曲」、サン・サーンス「白鳥」ハイドン「交響曲」、ブラームス『弦楽6重奏曲第1番第2楽章』、ブラームス「弦楽6重奏曲第1番第4楽章」。
ただし、音楽がいいからといって好きな音楽ばかりを聴き続けるのは、治療でいえば対症療法になっても、決して根治療法にはならない。
こうした音楽CDは快眠用のCDで紹介されていることがあります。
http://agreeable-music.com/

-ガン, ガンに負けない体づくり

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

伝統料理は健康バランスがとれている

伝統食や完成された料理は、非常によくバランスがとれています。その地域の食材を使いながら、最大限の栄養バランスを考えて作られているわけです。 だから、日本人は多くの人が伝統的な料理を大切にしています。例 …

再発した肝臓がんがハナビラタケで進行が止まった

肝炎治療の途中で肝臓ガンが判明し手術を受けるも再発 青森市に住むSさん(仮名・75歳)は一人暮らし。近所に娘さん(仮名・49歳)が住んでいます。午前中は知り合いの産婦人科病院で働き、午後は娘さんの家で …

がんの発育を抑えるバランス粗食

食習慣は和食に切り替える がんを予防し、その発育を抑えるためには食習慣を和食にすることです。いわゆる『一汁二菜』の「租食」です。「粗食」 と言うと、「粗末」の「租」と勘違いする人がいますが、それは違い …

ハナビラタケ強化食で転移性の胃ガンが治まり薬の副作用も最小限に

持病の胃炎と思って受診したら胃ガン 胃ガンと宣告されたときは、ほんとうにショックでした。でも、よい先生にめぐり会い治療を受けられたおかげで、ガンは進行していません。ハナビラタケ強化食を飲みはじめてから …

口呼吸は免疫力を低下させる、鼻呼吸に切り替える

白血病や血液のガンのリスクを下げる鼻呼吸の訓練を 「口呼吸は万病のもと」という指摘がある。あなたは無意識のうちに口呼吸をしていないかを、チェック。 唇の厚さが上下で著しく差がある 受け口である 歯並び …