ガン ガンに負けない体づくり

大笑いするとガン細胞を破壊するNK細胞が活発に

投稿日:

笑いでガンに対する抵抗力が増強。表情だけでも笑顔を作れば効果あり

『笑う門には福来る』。笑いの満ちている家庭には幸せがやってくるという意味だが、その笑い、ガン治療にも予防にも大いに関係し、幸せをもたらしてくれる。
7人の闘病者とモンブラン登山を実行してあまりにも有名な、生きがい療法の開発・実践者である柴田病院(岡山県倉敷市) 難治疾患研究部の伊丹医師が「笑いとガン」をつなぎ合わせた。
人が笑っている様子を観察しているうちに、心理面のみならず、生理的な機能にもよい影響を及ぼすのでは… と考え、実験を行ったのがきっかけです。

20歳か62歳までの男女19人に『なんばグランド花月』の客席で洩才や喜劇を3時間見て笑ってもらった。その観劇前と後に採血をし、ストレスや免疫能に関係した項目の変化を調べた。すると、ガン細胞を直接攻撃して破壊するリンパ球の一種であるNK(ナチュラル・キラー) 細胞が大いなる活性をみせた。

NK活性が低すぎる人、また、正常値範囲内の人は、3時間の笑いで確実に上昇。笑えばガンに対する抵抗力が増強することがわかった。
加えて、免疫システムのアクセルとブレーキの強さの比率であるヘルパーT 細胞とサプレッサーT細胞の『CD4/8比』は、もともと低すぎる人々も観劇後には正常値範囲に向かった。低いとガンに対する抵抗力が弱く、高すぎるとリウマチなどの自己免疫疾患に関係する免疫異常を起こす可能性がある。

笑いはガン治療、予防によいだけでなく、自己免疫疾患の治療に有効。事実、多発性リウマチの患者が落語を聞き、大いに笑った後は免疫指標が正常化に向かい、同時に関節痛などの症状も改善したことを確認している。
笑いとガンの研究は、この後、闘病中のガン患者によっても行われ、まったく同じ結果となった。さらに、こんな研究発表も。

6人のボランティアの協力を得て、一人大個室に入って表情だけの笑顔を2時間続けた。そして、その直前、直後に採血して免疫能を測ると、NK活性については、明らかに有効をみたのである。
表情だけでも笑顔をつくると、免疫能の低い人は確実に1昇するのです。つまり、免疫力がアップし、それだけでも大いに治療、予防に効果がある。
笑うことで身体の免疫能を正常値範囲に向けられるのだから、何とも安上がり。この笑いを、
定期的に開いているガンや難病で闘病中の人々の学習会に導入している。
自分の話で周囲の人々を笑わせることは、人の役に立ち、生きる手ごたえを感じるよい機会となります。病気という困難や不安に上手に対処し、建設的な心や生きる意欲を大きくする効果があると考えられる。『笑う門には福来る』『笑いは人の薬』。日常生活で笑うことは健康のためによいとは昔の人たちの目は確かだったわけで、ガン予防のためにも今日からもっと笑いを生活に是非取り入れていきたいものです。。

-ガン, ガンに負けない体づくり

執筆者:


  1. […] 大笑いするとガン細胞を破壊するNK細胞が活発に […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

がんが嫌がる肉の食べ方

中高年になったら肉だけではなく、魚もある程度食べる食習慣が大切です。特に青魚の脂に含まれる脂肪酸は、動脈硬化を防ぐ作用や脳血栓、心筋梗塞の予防効果がある善玉脂肪酸。 中には、がんの発症リスクを下げる脂 …

アミノ酸、脂肪酸は控える

アミノ酸の効能を掲げた飲料水、健康食品はすっかり私たちの身の回りに定着しています。アミノ酸はタンパク質の一種で、人間が活動するのに欠かせない栄養です。 アミノ酸を多く含む食品としては、乳製品、豆類、発 …

何を食べるかよりもいつ食べるかの方が重要

免疫細胞の大半は、腸に集まっています。そのため腸が活発に、しかも正常に機能しないと、その免疫力を維持することはできません。 そして、それを誘導するのが食事です。免疫力を維持するためには、食事が大切にな …

食べ物の好みでがんの予兆が分かる アイスクリームを食べたくなったらガンにかかっているかもしれない

がん患者さんの中には、いつごろがんにかかったか、その行動をたどると分かる人がいます。共通点は、『アイスクリーム』です。「がんが食べさせるものは、甘いもの、特に冷えたもので、乳製品が多い」「そのすべてを …

40歳以上は2食に切り替える

若いうちは特に忙しく仕事をしたり、スポーツをしたりしているうちは1日3食でいいのですが、中高年になったときには、1日2食のほうがいい場合も多くなります。 食事回数の分、消化機能にも負担がかかるからです …