目の疲労 視力若返り食品

老眼、目の疲れによる頭痛が新若返り食品で改善

投稿日:

小さな文字が見づらく焦点も合いにくくなり疲れ目で頭痛も起こる

「新視力若返り食品を飲むようになってから、ずっと悩んできた老眼や疲れ目が和らいで、生活上の不便さがなくなりました」宮城県住む主婦のWさん(仮名・49歳)は、老眼の症状が改善された喜びをこのように語ります。Wさんは若いころから近視と乱視があり、裸眼の視力は左右ともに0.3程度だったといいます。知人からはコンタクトレンズをすすめられたこともありますが、目に直接レンズを入れるのは、どうしても抵抗感がありました。映画を見るなど、遠くのめがねものを見るときだけ、眼鏡をかけるようにしていたそうです。
2008年の初めごろから、Wさんはものを見るときに不便さを感じるようになったといいます。本を読むときに小さい文字が見づらいく、遠くのものから近くのものへと視線を移すさいに、焦点がなかなか合わなくなったそうです。
いままでは、近くのものを見るときに不便さを感じたことはありませんでした。いよいよ老眼になってしまったのかと、がっかりしたんです。そのころから疲れ目やドライアイもひどくなり、頭痛まで起こるようになりました。眼科を受診したほうがいいかな、と思いましたが、もともと病院嫌いなので行く気がしなかったんです。
Wさんは同世代の友人に、目の悩みを相談したそっです。その友人は「私は老眼が始まったころから飲んでいるけれど、とても調子がいいわよ」と新視力若返り食品を紹介してくれたといいます。友人も飲んでいる、という安心感から、若放さんは新視力若返り食品を購入して、飲みはじめました。
飲む分量は朝・昼・晩の毎食後に1粒ずつ、1日計3粒。目の疲れがひどいときは、1日5粒に増やすこともあったそうです。飲みはじめた直後は見えづらさが変わらなかったので、いま飲んでいるぶんがなくなったらやめよう、と考えていたというWさん。しかし飲みはじめて2週問ほどたったころから、だんだん目がらくになるのを感じたといいます。

眼精疲労がひどいときに起こる頭痛もピタツと治まったんです。読書のさいも、小さな文字がとても読みやすくなりました。Wさんがさらにはっきりと変化を実感したのは、新視力若返り食品を飲むようになってから1ヶ月後だったといいます。「運転免許を更新するときに、眼鏡をかけて視力検査を受けたんです。昔、眼鏡を作ったときからだいぶ視力が落ちているはずだ、と思っていたので、内心ドキドキでした。結果的には1.0の文字まできちんと読めて『あれっ、こんなに読めるんだ』と自分でも驚いたんです」現在まで、新視力若返り食品を毎日欠かさず飲みつづけているというWさん。疲れ目が改善したせいで、多めに飲むことはなくなり、現在はほとんど1日3粒とのこと。
映画館で洋画の字幕を見たり、字が小さい路線図を見たりするときなど、眼鏡をかけても見えづらくて、不快感を覚えることが多くありました。いまではそんなことがなくなり、目が若返ったようです。今後も新視力若返り食品を飲みつづけていくつもりです。

-目の疲労, 視力若返り食品

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

抜群の血行促進力がで疲れ目・ドライアイは即日、近視・老眼でも数日で回復

新パワーチップは目尻にはれば目への血行が向上し疲れ目・ドライアイが即日解消 新パワーチップは、金メッキされた針金状の金属を直径約9mmの8の字形に成型し、中央に赤い半導体が取りつけられている製品です。 …

パワーチップでドライアイが翌日には改善

ドライバーという仕事は連日強い日差しの中で運転する 「新パワーチップでドライアイが治まり、安心して車を運転できるようになったのが、何よりもうれしいです」そう話すのは、山梨県甲府市に住むNさん(46歳) …

老眼に効果的で新聞も老眼鏡なしで読める

目の毛様体筋の伸縮力が低下し水晶体の弾力性が失われると老眼を発症する 老眼は、すべての人にやってくる老化現象。若いころは老眼鏡など年寄りくさいと思っていた人も、年とともに近くが見えにくくなり、「ついに …

新視力若返り食品は即効性に優れ白内障は2週間でかすみが取れ視力も向上

ルテインを食品で摂取したらほぼ全員白内障の目のかすみが治まり視力も向上 ルテインという物質を、皆さんはご存じでしょうか。ルテインは、カロテノイドと呼ばれる植物色素成分の一種。ホウレンソウ、ブロッコリー …

老眼の目のかすみが治まり車の運転や新聞の文字も支障なく読める

加齢黄斑変性を患い治療で軽快したが老眼が進み不便になる 愛知県名古屋市に住む主婦のTさん(仮名・62歳)は、55歳まで30年以上にわたり、中学校の教師を務めていたそうです。「中学三年生の担任は、子供た …