ガン ハナビラタケ

ハナビラタケ強化食で転移性の胃ガンが治まり薬の副作用も最小限に

投稿日:2014/01/23 更新日:

持病の胃炎と思って受診したら胃ガン

胃ガンと宣告されたときは、ほんとうにショックでした。でも、よい先生にめぐり会い治療を受けられたおかげで、ガンは進行していません。ハナビラタケ強化食を飲みはじめてから抗ガン剤の副作用が軽くなり、治療に専念できましたね。
愛媛県住むOさん(仮名・85歳)は、2008年の1月に胃ガンが見つかりました。パートタイムでお土産屋の店一員として働くほか、コーラス、生け花と多彩な趣味を持ち、人一倍活発に過ごしてきたといいます。
そんな自分がガンに襲われるなど、まさに青天の霹れき靂だったといいます。
息子の家でお正月を過ごしていたときに、おすしを食べられず、突然嘔吐が始まりました。持病の胃炎ではないかと思いましたが、家族のすすめもあって、総合病院で受診。その結果、ステージ3(末期)の胃ガンとわかりました。私には告知されませんでしたが、医師は『余命は半年』と、息子たちに告げていたんです。
胃ガンはすでに膵臓や腹膜、リンパ節などにも転移していました。すぐに入院し、すぐに外科手術を受けました。

腹膜やリンパ節に転移したガンを、完全には切除できなかったそうです。知り合いに相談したOさんは、ガン治療に実績のあるとされる病院を、セカンド・オピニオンを求めて受診。地元のガン専門病院を紹介してもらい、3月からは抗ガン剤による治療が始まりました。
数週問抗ガン剤を飲みつづけ、4日問入院して別の抗ガン剤を点滴。それを一定のサイクルでくり返したのです。ハナビラタケ強化食を知ったのは、抗ガン剤の治療が始まったころのことでした。
きっかけは、めいのすすめでした。ガンで余命半年といわれた知り合いが、ハナビラタケ強化食を飲みながら6年間元気に生きている、と教えられて興味を持ったんです。ハナビラタケ増強食を購入。毎日、昼食前と就寝前に3粒ずつ、1日計6粒を飲みはじめました。

食後の強い吐き気が改善

抗ガン剤治療を始めた最初の1ヶ月間、食後の吐きけに悩まされることがしばしばあったそうです。しかしハナビラタケ強化食を飲みはじめて以降、吐きけがほとんど起こらなくなったといいます。
吐きけがないのは、ハナビラタケ強化食のおかげです。
食事量は少し減りましたが、体重は手術前に比べて2kg減っただけなので、主治医が驚いていました。治療前に体重が10kg落ちるのは覚悟してほしい』といわれていたそうです。
その後、腫瘍マーカーの数値が基準値域内腫瘍マーカーの数値が基準値城内で安定し、活動的に動けるようになりました。

-ガン, ハナビラタケ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

何を食べるかよりもいつ食べるかの方が重要

免疫細胞の大半は、腸に集まっています。そのため腸が活発に、しかも正常に機能しないと、その免疫力を維持することはできません。 そして、それを誘導するのが食事です。免疫力を維持するためには、食事が大切にな …

アミノ酸、脂肪酸は控える

アミノ酸の効能を掲げた飲料水、健康食品はすっかり私たちの身の回りに定着しています。アミノ酸はタンパク質の一種で、人間が活動するのに欠かせない栄養です。 アミノ酸を多く含む食品としては、乳製品、豆類、発 …

がんが嫌がる肉の食べ方

中高年になったら肉だけではなく、魚もある程度食べる食習慣が大切です。特に青魚の脂に含まれる脂肪酸は、動脈硬化を防ぐ作用や脳血栓、心筋梗塞の予防効果がある善玉脂肪酸。 中には、がんの発症リスクを下げる脂 …

よいイメージをしてNK細胞を元気にさせる「イメージ療法」

リラックス状態によってストレスを軽減し、気力や意欲が充電される スポーツにおいては「イメージトレーニング」が定着し、実際に結果に結もびついている。イスに座り、目をつむって自分の良いプレーを約15分間イ …

疲労物質がたまらない程度の運動量

こコニコ会話しながらできる運動がガン予防に最も効果あり 生活習慣病で、最も患者数の多いのが高血圧、次いで糖尿病。これらの予防や病気を進行させないための方法のひとつとして『運動』がある。が、ガン予防にも …