ガン ハナビラタケ

再発した肝臓がんがハナビラタケで進行が止まった

投稿日:2014/01/21 更新日:

肝炎治療の途中で肝臓ガンが判明し手術を受けるも再発

青森市に住むSさん(仮名・75歳)は一人暮らし。近所に娘さん(仮名・49歳)が住んでいます。午前中は知り合いの産婦人科病院で働き、午後は娘さんの家で過ごす毎日というSさん。Sさんの話では、2004年に肝臓ガンを患っていることがわかったそうです。
「以前から、母は持病の肝炎の治療を受けていましたが、2004年の検査で肝臓にガンが見つかったのです。母には小さなポリープがあるとだけ伝えました。ただ、本人はなんとなく気づいていたようです」家族は主治医と相談のうえ、体力なども考慮し、腹部に管を通して抗ガン剤を注入する手術で治療することにしました。10日間治療を続けてガンは消失。娘さんはほっと安堵したそうです。

ところが、2007年の年末に、肝臓ガンが再発していることがわかりました。「すごくショックでした。主治医の先生の話によると、肝臓の内側と外側にガンがあり、完全に切除するのは難しい、とのこと。母は軽い認知症が始まっていて、外科手術の場合は長期の入院になるため、認知症が進む心配もありました」Sさんは再入院し、2007年12月から2008年1月まで、腹部に管を通して抗ガン剤を入れる手術を受けました。ハナビラタケ増強食を知ったのは、その入院中のこと。Sさんが同室の人に情報を聞いたのがきっかけでした。Sさんもガンの治療の助けになると思い、ハナビラタケ強化食を早速購入したといいます。ハナビラタケ強化食をケースに入れて母に渡し、毎朝食後に五粒ずつ飲んでもらっています。病院の薬も飲まなければならないので、手間を省くため朝1回にまとめました。

飲み始めてすぐに抜け毛が減った

ハナビラタケ強化食を飲みはじめたSさんに、体調の変化がすぐに現れました。以前は抗ガン剤の副作用のせいか、抜け毛がひどかったんです。朝起きるとまくらに朗髪の毛がたくさんついていて、母自身も気にしていました。でも、ハナビラタケ強化食をとるようになってからは、不思議と抜け毛がなくなりました。ガンの状態にも変化が現れたと娘さんは驚いたといいます。「ハナビラタケ強化食を飲みはじめてから、ガンが小さくなったようです。
2ヶ月に1度の検査では、ガンが進行していないことがわかりました。主治医の先生から『このまま様子を見ましょう』と言われたのだそうです。
Sさんは、ハナビラタケ強化食をいまも飲みつづけています。ガンの進行が止まっているおかげで、退院以降、抗ガン剤の治療は受けていないとのことです。

-ガン, ハナビラタケ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

和食 知恵をひとくわえする

和食 知恵をひとくわえする 方法を紹介します。がんになってしまうと和食がいいと周囲からすすめられて和食の食習慣に切り替えたものの和食だけを食べていると、そこそこは続くのですが、そのうち飽きてしまいます …

大笑いするとガン細胞を破壊するNK細胞が活発に

笑いでガンに対する抵抗力が増強。表情だけでも笑顔を作れば効果あり 『笑う門には福来る』。笑いの満ちている家庭には幸せがやってくるという意味だが、その笑い、ガン治療にも予防にも大いに関係し、幸せをもたら …

よいイメージをしてNK細胞を元気にさせる「イメージ療法」

リラックス状態によってストレスを軽減し、気力や意欲が充電される スポーツにおいては「イメージトレーニング」が定着し、実際に結果に結もびついている。イスに座り、目をつむって自分の良いプレーを約15分間イ …

身体状況、行動、思考をリラックスした状態に

感情をすっきりはき出すだけでも生体の機能が回復する場合もある 心理学者でロンドン大学名誉教授の博士は人間を4つのパーソナリティーに分け、さらにストレスの高いグループと低いグループに分け、10年にわたっ …

急増する大腸がんは40代からが要注意

最近、日本での大腸がんによる死亡率は上昇を続けています。日本人の50%が腸ストレスを感じているにあるように特に現代人は腸へのストレスをかかえています。 大腸がんの増加の背景にはさまざまな要因があります …