ガン ハナビラタケ

再発した肝臓がんがハナビラタケで進行が止まった

投稿日:2014/01/21 更新日:

肝炎治療の途中で肝臓ガンが判明し手術を受けるも再発

青森市に住むSさん(仮名・75歳)は一人暮らし。近所に娘さん(仮名・49歳)が住んでいます。午前中は知り合いの産婦人科病院で働き、午後は娘さんの家で過ごす毎日というSさん。Sさんの話では、2004年に肝臓ガンを患っていることがわかったそうです。
「以前から、母は持病の肝炎の治療を受けていましたが、2004年の検査で肝臓にガンが見つかったのです。母には小さなポリープがあるとだけ伝えました。ただ、本人はなんとなく気づいていたようです」家族は主治医と相談のうえ、体力なども考慮し、腹部に管を通して抗ガン剤を注入する手術で治療することにしました。10日間治療を続けてガンは消失。娘さんはほっと安堵したそうです。

ところが、2007年の年末に、肝臓ガンが再発していることがわかりました。「すごくショックでした。主治医の先生の話によると、肝臓の内側と外側にガンがあり、完全に切除するのは難しい、とのこと。母は軽い認知症が始まっていて、外科手術の場合は長期の入院になるため、認知症が進む心配もありました」Sさんは再入院し、2007年12月から2008年1月まで、腹部に管を通して抗ガン剤を入れる手術を受けました。ハナビラタケ増強食を知ったのは、その入院中のこと。Sさんが同室の人に情報を聞いたのがきっかけでした。Sさんもガンの治療の助けになると思い、ハナビラタケ強化食を早速購入したといいます。ハナビラタケ強化食をケースに入れて母に渡し、毎朝食後に五粒ずつ飲んでもらっています。病院の薬も飲まなければならないので、手間を省くため朝1回にまとめました。

飲み始めてすぐに抜け毛が減った

ハナビラタケ強化食を飲みはじめたSさんに、体調の変化がすぐに現れました。以前は抗ガン剤の副作用のせいか、抜け毛がひどかったんです。朝起きるとまくらに朗髪の毛がたくさんついていて、母自身も気にしていました。でも、ハナビラタケ強化食をとるようになってからは、不思議と抜け毛がなくなりました。ガンの状態にも変化が現れたと娘さんは驚いたといいます。「ハナビラタケ強化食を飲みはじめてから、ガンが小さくなったようです。
2ヶ月に1度の検査では、ガンが進行していないことがわかりました。主治医の先生から『このまま様子を見ましょう』と言われたのだそうです。
Sさんは、ハナビラタケ強化食をいまも飲みつづけています。ガンの進行が止まっているおかげで、退院以降、抗ガン剤の治療は受けていないとのことです。

-ガン, ハナビラタケ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ストレスで乱れた自律神経は音楽で整えてガン予防

落ち込んだらスローテンポ、イライラするならロックが有効 医者から見放された末期ガンの患者さんに残るのは、不安と恐怖です。悪いほうへと循環するのを断ち切って、生きる希望につなげるのに最もいいのは音楽です …

十分な睡眠で新陳代謝があがり免疫力がアップする

夜は24時までに布団に入って眠る ストレス過多、不規則な生活の慢性化が当たり前になってしまった現代だからこそ不眠症に悩む人々が増え、20 ~60代の男女では4人に1人が不眠で悩んでいる。 人間にとって …

がんが嫌がるお酒の飲み方

昔から、「酒は百薬の長」と言われてきました。確かに、アルコール自体に発がん性は認められていません。血糖値も上がりません。適量を守れば、健康増進に役立ちます。 お酒は「百薬の長」か?[本当] | lie …

リラクゼーションにで免疫力を高める(芳香浴)

いい香りが免疫系、ホルモン系、自律神経系の活動を助ける アロマテラピーとは、1928年にフランスのルネ・モーリス・ガットフォセが作った芳香(アロマ) と療法(テラピー) の造語。その言葉を作り上げたの …

40歳以上は2食に切り替える

若いうちは特に忙しく仕事をしたり、スポーツをしたりしているうちは1日3食でいいのですが、中高年になったときには、1日2食のほうがいい場合も多くなります。 食事回数の分、消化機能にも負担がかかるからです …