ガン ハナビラタケ

手術では治療できなかった乳ガンがハナビラタケ強化食で進行が止まり体調は一新

投稿日:2014/01/16 更新日:

左乳のしこりを乳ガンと診断されて手術前から飲みだす

「乳ガンが見つかって、すぐにハナビラタケ増強食をとりはじめたおかげで、手術後から短期間で薬剤師の仕事に復帰できました。いまは体調がとてもよく、疲れ知らずの毎日です」そう、うれしそうに語るのは、川崎市に住む薬剤師のM子さん(仮名・46歳)です。
Mさんは2005年の春、左乳房にしこりがあることに偶然気づいたそうです。「すぐに病院で診てもらったところ、2cm程度の乳ガンが見つかりました。早く切除したほうがいいといわれ、入院して手術を受けることになったんです」
仕事柄、病気に関する知識はあるものの、やはりガンとなると心配だったというMさん。
不安な思いで入院の準備をしていたMさんに、薬局の同僚がハナビラタケ強化食を紹介してくれました。「この健康食品を飲みながら、ガンの再発を防いでいる人もたくさんいるらしいから」と開き、すぐに試してみようと決心したというMさん。手術直前の5月から、朝・昼・晩の毎食後に4粒ずつ、1日計12粒を飲みはじめました。
「ガンをなんとかしたい一心で、かなり多い分量を飲むようにしました。手術を控えて緊張していたせいかもしれませんが、飲みはじめてすぐには、体調の変化は感じませんでした」その後、手術が行われたものの、ガンは完全には切除できなかったというMさん。
2005年8月からは、5週間にわたって計25回の放射線治療を受けることになりました。「放射線治療を受けると体がだるくなると開いていたのですが、それはほとんど感じませんでした。ずっとハナビラタケ強化食を飲みつづけていたおかげかもしれません」

職場復帰直後から毎日働いて、風邪ひとつ引かず

放射線治療が終わって間もない2005年9月に、Mさんは職場に復帰。初めは様子を見ながら休み休み仕事をしていたそうです。
しかし、思った以上に体力が回復していたため、すぐにフルタイムの勤務ができるようになりました。「仕事に戻ってからいままで、ほとんど風邪を引いたことがありません。
免疫力が高まったのかな、なんて自分では感じています。薬局にいると、冬は外からの風が入ってくるので、意外と寒いんですよ。同僚が体調をくずしても、私はピンピンしています」その後も、定期的に病院へ通い、検査を受けているというMさん。
2007年の秋には、うれしい結果が出たそうです。「ずっと基準値を上回っていた腫瘍マーカー(ガンの進行度を示す物質)の数値が、はじめて下回ったんです。
病院の先生から『ガンは進行していません』といってもらえました。抗ガン剤治療やホルモン療法を受けなかったことがずっと心に引っかかっていましたが、やっと安心できました」そこで2008年からは、ハナビラタケ強化食の量を朝・晩に2粒ずつ、1日計4粒に減らしました。体調のよさは相変わらずで、その後の検査でも腫瘍マーカーの数値は基準値域内に収まっているそうです。
「ハナビラタケ強化食を早い段階から飲んでいたせいか、ガンは再発せずにすんでいます。
ただ、乳ガンは片方の乳房に発症すると、もう一方にもできやすいと聞いています。あと数年は、ハナビラタケ強化食を飲みつづけるつもりです」

-ガン, ハナビラタケ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

免疫力強化にはなびらたけ!ガンも撃退する驚異のパワー

強力な抗ガン作用が確認 今からおよそ5~6年前の2008年9月、特許庁より「ハナビラタケの抽出物の成分と抗腫瘍作用、その抽出法」の特許が認可されました。 1999年に申請し、10年近く時間がかかりまし …

自然治癒力、免疫力をあげる「座禅」

気持ちを落ち着けて、ガンの宿敵・ストレスに負けない 「座禅を行ったからどうこうということはわかりませんが、ただ、ストレスからひととき解放されます」と、成願寺(東京・中野区) 坐禅会師家代表の岡本道雄師 …

ストレスで乱れた自律神経は音楽で整えてガン予防

落ち込んだらスローテンポ、イライラするならロックが有効 医者から見放された末期ガンの患者さんに残るのは、不安と恐怖です。悪いほうへと循環するのを断ち切って、生きる希望につなげるのに最もいいのは音楽です …

1日15分でストレスから解放される「自律訓練法」

自己暗示をかけながら心と身体の緊張をはぐしていく訓練 人間の内臓の諸器官は、意志ではなく自律神経によって自動的に働いている。自律神経には交感神経と副交感神経があり、ストレスが加わると交感神経が作用して …

口呼吸は免疫力を低下させる、鼻呼吸に切り替える

白血病や血液のガンのリスクを下げる鼻呼吸の訓練を 「口呼吸は万病のもと」という指摘がある。あなたは無意識のうちに口呼吸をしていないかを、チェック。 唇の厚さが上下で著しく差がある 受け口である 歯並び …