ピロリ菌 正体 日本人の胃に棲み着くピロリ菌とは

ピロリ菌 正体 日本人の胃に棲み着くピロリ菌とは一体どんなものなのでしょうか。

ピロリ菌 正体

ピロリ菌 正体
ピロリ菌 正体

1 ミリの1000 分の 5 ~ 25 という小さいサイズながら堅いべん毛を持ち強い胃酸の中でも生息する ピロリ菌 は、胃腸疾患の原因として最近注目を集めています

。紀元前から人間の胃袋に棲みついていたとはいえ、発見されたのは 1 9 8 3 年とつい最近のことです。さらに怖いのは、諸外国に比べて日本人の罹患率がとても高いのです。

平均で半数が感染しているといわれ、とくに 40 代以降は7割が感染者というのだから枕を高くしては眠れません。

ピロリ菌 感染理由

感染の理由は、やはり不衛生な環境です。第二次大戦の敗戦後の日本人の不完全な生活環境が指摘されています。ピロリ菌 の駆除には抗生物質の投与が効果的です。胃潰瘍、十二指腸潰瘍、その他慢性的な胃腸病に悩む人はほとんどがピロリ菌の感染者といわれるので、医療機関を受診して相談してみるといいかもしれません。

ピロリ菌 減少 ヨーグルト 「 LG21 」

また、最近ピロリ菌の減少に効果のある乳酸菌が入ったヨーグルトも発売されました。明治乳業(株)から2000年に発売となった乳酸菌 LG21 入りヨーグルトが“LG21フィーバー”を巻き起こしているのです。「LG21」は、胃・十二指腸潰瘍を引き起こすピロリ菌を除菌できるとして注目されている乳酸菌です。

乳酸菌は乳酸液を出します。乳酸菌LG21はもともと健康な人の腸にいた菌で、普通の乳酸菌に比べ乳酸の量が多く、胃酸に強い特徴を持っています。乳酸菌がヨーグルトの特性を生かして胃に付着し、ピロリ菌の所まで行って乳酸を出します。こうなると乳酸に弱いピロリ菌はひとたまりもありません。

胃酸に強くピロリ菌を除去するのですからLG21は乳酸菌の“エリート”です。ブルガリア菌などの乳酸菌は胃の中で多くは死んでしまいますが、「LG21」は胃酸に強いため多くの菌が腸までいって働く。けれどエリートゆえの弱点もあります。生存競争に非常に弱く、増え方も悪い。そして、煮立つような熱を加えてしまうと死んでしまい、高温の調理には向いていません。

明治 プロビオ ヨーグルト LG21 カップ 12個入り 112g ヨーグルト食品 LG21ヨーグルト 乳酸菌ヨーグルト 送料無料 クール便

胃がん検査キット (ピロリ菌検査含む)

 

 

痛風 プリン体 制限 より糖 制限 が効く

痛風 プリン体 制限 より糖質制限が効くことをご存じでしょうか。痛風は、手や足に突然激しい痛みが起こります。 痛みは一箇所に生じ、複数が一気に痛むということはありません。 また、痛みのある部分が赤く腫れることもあります。 2~3日は歩けないほどの痛みが続き、その後1~2週間で徐々に治まっていきます。

痛風 プリン体 制限
痛風 プリン体 制限

痛風 プリン体 制限 より糖 制限

痛風は、腎臓で尿酸が排出できなくなる病気です。痛風は、体内に存在するプリン体という物質の最終産物、つまり老廃物である尿酸が血液中で結晶化して発症する病気です。尿酸は肝臓で分解された後、腎臓から尿とともに排泄されますが、この「産生」と「排泄」のバランスが崩れると体内に蓄積し、血液に溶けきれなくなつた過剰分が結晶となつて足の親指の付け根などの関節に溜まります。

この結晶が何らかの刺激を受けて関節から剥がれ落ちると、これを異物と認識した白血球が攻撃し、その結果、関節に炎症が起きて激しい痛みを生じます。

プリン体は細胞の核に含まれるDNA の主成分でもあり、エネルギー伝達物質という大切な役割を担っています。もともと体内に存在するものですが、ほとんどの食材にも含まれています。

このプリン体を多く含む食材を摂りすぎると、処理しきれなかった尿酸が血液中に増えた状態が続くわけです。そ」で痛風患者は、一般的には尿酸を増やす原因であるプリン体を減らすように指導されます。

しかし、根本原因は糖の摂りすぎによって、内臓脂肪が増えることにあるのです。内臓脂肪が蓄積すると、脂肪細胞からはたくさんの遊離脂肪酸が分泌されます。

これが血液に乗って肝臓に運ばれると、プリン体の代謝が過剰になって尿酸がたくさんつくられるようになります。その尿酸は排泄するために腎臓に運はれますが、態栃が淘まっている嘉では排准が阻害されてしまうのです。

糖質排泄 に役立つ

 

耳鳴り イヤホン にも注意しなければいけない

耳鳴り イヤホン にも注意しなければいけないのです。最近は、ほとんどイヤホンをつけて音楽を聞いている人が急増しました。スマホがここまで増えるとそんな危険性もあると予想されていました。

耳鳴り イヤホン にも注意し

耳鳴り イヤホン にも注意しなければいけない
耳鳴り イヤホン にも注意しなければいけない

今多くの耳鼻科医がが心配していることの1つに、耳鳴りの低年齢化があります。かつては、「子供に耳鳴りはない」といわれていました。有機溶剤による中毒症状を除けば、子供や若者で耳鳴りになるケースは、ほとんどなかったからです。

ところが今、巨立ってきているのが、子供や若い世代の耳鳴りです。

 

その原因の1つは、イヤホンやヘッドホンの長時間利用です。小型の携帯用の音楽再生機器やスマホが普及してからは、イヤホンやヘッドホンで耳をふさいで音楽を聴く若い人を、よく見かけるようになりました。電車の中や歩行中、そして自転車に乗っているときやジョギング中も、耳をふさいで音楽を聴いています。

そんな行為を、小学生がしている姿も珍しくなくなりました。本人は、音楽に親しみ、気分を高めているだけのつもりかもしれません。しかし、イヤホンやヘッドホンの長時間利用は、耳にかける負担があまりにも大きいことを知ってください。音は圧力を持ちます。

これを「音庄」と呼びます。耳をふさいだ状態で、直接耳に音庄をかければ、耳は相当の負担を受けます。イヤホンやヘッドホンなどをつけ、大きな音量で音楽を聴いたり、長時間聴き続けたりすれば、その昔庄により、耳の機能が傷ついてしまいます。イヤホンで音楽を聴きながら眠ってしまい、朝起きたら、耳鳴りが始まっていたというケースもよくあります。こんな危険な行為を、子供のころからくり返してはいけないのです。

リアルメイト 「 ハチの子800+(プラス) 」使った使用感 ( 耳鳴りに効果 )