4兆個の乳酸菌が超の免疫力を強化する「濃縮乳酸菌」は医師も認める整腸力、濃縮乳酸菌の具体的なガン撃退の仕組み

がんの予防・改善には免疫力の向上が必須で腸内環境を整えることが最重要

日本では、2人に1人ががんにかかり、3人に1人ががんで亡くなっています。がんになりにくい状態、万が一がんになっても治療の副作用に耐えられる状態を維持するには、ふだんから体の免疫力を高めておく必要があります。
免疫力を高めるために重要な役割を担っているのが「腸」です。腸には、免疫システムの中心となって働く「免疫細胞」が、体全体の6~7割も集まっています。免疫細胞の働きは、腹の中に生息する細菌の分布状態によって左右されます。

私たちの腸内では、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌と、大腸菌やウェルシュ菌などの悪玉菌が絶えず勢力争いをくり広げています。健康な人であれば、善玉菌が20% 、悪玉菌が10% 、残りの70%が日和見菌といわれています。
日和見菌は、善玉菌と悪玉菌のどちらか優勢なほうの味方になります。免疫力を高めてがんなどの病気や治療の副作用を退けるためには、乳酸菌を1日1兆個以上補給して善玉菌を増やし、日和見菌を味方につけて腸内環境を良好な状態に保つことが必要とされています。

濃縮乳酸菌とは

善玉菌を強力に増やして腸内環境を良好な状態に保つ方法の1つとして、濃縮乳酸菌があります。
濃縮乳酸菌と抗がん剤の併用による体の調子

濃縮乳酸菌は、加熱処理された「エンテロコッカス・フェカリスFK-23菌」という乳酸菌を1包につき4兆個以上も含んでいます。4兆個の乳酸菌は善玉菌の勢力拡大を助け、日和見菌を味方にすることで腸内環境を改善すると考えられます。

「エンテロコッカス・フェカリスFK-23菌」は、数千種類以上あるとされる乳酸菌の中で、免疫力の増強に最も優れた菌種です。しかも、加熱処理することで本来持っている働きが3倍に高まることが確認されています。乳酸菌の「質」「量」ともに圧倒的に優れた健康食品が濃縮乳酸菌なのです。

濃縮乳酸菌は白血球の減少抑制や抗がん剤の副作用軽減に有効な乳酸菌を豊富に含有

FK-23菌には次のような働きのあることが、岡山大学、北海道大学、帝京大学医学部などの研究によって確認されました。

  1. 抗がん剤の毒性軽減作用
  2. 白血球の減少抑制件用
  3. 感染防御作用
  4. 血圧降下作用
  5. 抗腫瘍作用
抗がん剤の毒性軽減作用
数多くのがんに有効性が認められている抗がん剤の1つに「シスプラチン」があります。シスプラチンは、腫瘍を縮小させる優れた効果があるものの、吐きけや嘔吐、食欲不振、倦怠感、脱毛、腎機能障害などの強い副作用を伴うのが特徴です。そこで、シスプラチンをマウスに投与してからFK-23菌を与えたところ、副作用が軽減。最も深刻な副作用である腎不全などの腎機能障害も抑えられていました。
白血球の減少抑制件用
抗がん剤治療は、免疫力のかなめである白血球の減少をもたらすことがあります。抗がん剤を投与したイメにFK-23菌を与えたところ、白血球の増加が確認されました。さらに、各種の抗がん剤といっしょにFK-23菌を与えたマウスを観察したところ、肝臓や腎臓の機能低下が防げたことも報告されています。
感染防御作用
一般的に、老化やストレス、抗がん剤による副作用などで免免疫力が低下すると、カンジダ菌などの病原菌に感染します。カンジダ菌はカビの一種です。皮膚や口腔、膣などに炎症をもたらしアレルギー性の病気などを悪化させます。免疫抑制剤を投与して免疫力を低下させたマウスに、カンジダ菌を感染させてからFK-23菌を投与しました。その結果、マウスの生存率が上がり、病原菌の感染を防ぐことが確認されました。
血圧降下作用
高血圧のマウスにFK-23菌を与えたところ、血圧の低下が確認されました。血圧降下作用はFK-23菌内に含まれる核酸の働きによるものと考えられます。
抗腫瘍作用
乳がん細胞を移植したマウスに、移植の翌日からFK-23菌を与えたところ、明らかながんの縮小が認められました。

そのほかにも、がんの転移、肝炎や肝硬変、インフルエンザなどに対するFK-23菌の研究が進められています。今後、免疫力増強作用のあるFK-23菌を豊富に含む濃縮乳酸菌が、より多くの医療機関で活用され、多くのガンを撃退していただきたいです。