更年期の症状を「命の母」で軽減する

ちょうどお金や時間がかかった子育てで一息つく頃に女性は心身の不調に悩まされることが増えてきます。それが更年期障害です。具体的な症状としては

  • のぼせ
  • めまい
  • 肩こり
  • 生理不順
  • 手足の冷え

などが代表的です。
更年期障害をむかえる時期になっているにもかかわらず「どうも体調が悪い」「気分がすぐれない」といって悩む女性が増えています。あらかじめ更年期を迎える前に正しい知識と理解を深めておくことがポイントです。

更年期はある年齢になれば必ず訪れる

更年期は女性であれば誰もが必ず通る通過点です。いざ!というときに冷静に受け止め正しい知識で受け止めることができるようにしておかなければなりません。

更年期とは?

閉経の前後およそ10年間のことをいいます。
一般的には45~55歳と言われていますが、迎える年齢や期間の長さなどはそれぞれ個人差があり希ですが30代で症状を実感する人もいます。この時期は、女性ホルモンのエストロゲンが急激に減少するためにホルモンバランスが乱れて心身ともに不快な症状があらわれます。この不快な症状が更年期障害です。

肩こり・生理不順など普段にも起こる症状が多い

更年期になったら誰もが更年期症状に悩まされるわけではありません。症状は個人個人異なり千差万別です。のぼせや肩こりなどは更年期でなくても生じる症状ですし、こうした身体的なもの以外に不安感やイライラといった精神的な症状もあります。
また、卵巣機能の衰えによる生理不順や血の道症と呼ばれる子宮まわりの不調も代表的症状です。

生活習慣の見直しも有効

当然ですが、生活習慣を見直すことで症状が軽減する場合もたくさんあります。まずは基本的な「バランスのよい食事」です。体のためにも心のためにもバランスのよい食事は大切なのは言うまでもありません。日本も和食が世界で注目されているにもかかわらず国内は欧米化が急速にすすむという変な状況です。たんぱく質、ビタミンなどをバランスよくとるようにします。
次に「軽い運動」です。体がほかほかと温まる程度の有酸素運動が効果的ですので手軽にできるのはウォーキングです。車や電車を使うのが当たり前になっていますが少し歩く習慣をつけるだけで食欲もわき、よく眠れます。小さなストレスなどはウォーキングで吹き飛んでしまいます。
次は「ハーブ」と取り入れるです。お風呂の中に入れたり、ハーブティーとしてお茶で楽しんだりがおすすめです。ハーブには更年期障害を和らげるエストロゲンに似た成分を含むマリーゴールドや頭痛、肩こりに効くローズマリーなどがあります。

ローズマリーの特徴と作用、注意点はこちら。

次に「半身浴」でしっかり体を温めるようにします。しっかり汗をかいて全身を温めるためにはみぞおちまで湯につかる半身浴が効果的です。ぬるま湯で20分程度ゆったりと入るのがおすすめです。

生活習慣の改善で症状がよくならない場合

こうした生活習慣を見直してもなかなか症状が改善されない場合は常備薬を活用します。13種類の和漢生薬と11種類のビタミン系を配合した小林製薬の「命の母A」です。体を内側から温め更年期障害のつらい症状を改善する薬です。13種類の和漢生薬と肌荒れを防ぐビタミンB2を含む11種類のビタミン類の力でデリケートな女性の体をしっかりサポートします。
1回4錠、1日3回毎食後に水またはお湯で服用します。

更年期のぽっこりお腹には酢大豆などがおすすめです。中高年女性の肥満、特におなか太りは、更年期を過ぎてからの女性ホルモン(エストロゲン)分泌量の急激な減少と大きなかかわりがあるのですが、そこで、不足する女性ホルモンを補って、肥満を解消するのにおすすめなのが酢大豆です。