よいイメージをしてNK細胞を元気にさせる「イメージ療法」

リラックス状態によってストレスを軽減し、気力や意欲が充電される

スポーツにおいては「イメージトレーニング」が定着し、実際に結果に結もびついている。イスに座り、目をつむって自分の良いプレーを約15分間イメージするだけなのに、これが能力アップに結びつく。
この方法を病気治療に取り入れたのが、米国の医師・カール・サイモントン博士。1971年からガン治療中の患者に導入。通常の患者に比べ、大幅に良くなることを発見した。それが認められ、米国では多くの病院がガン治療のひとつとして導入している。
日本でも多くの専門医が導入しており、「生きがい療法」で知られる柴田病院(岡山県倉敷市)難治疾患研究部の伊丹仁朗医師もそのひとり。
当然ですが「ガン闘病中の人々は、一般社会人をはるかに上回るストレスにさらされています。ガン患者さんのストレスをコントロールすることは、治療効果を高める上で重要なことで、私の生きがい療法の中でもイメージ療法は重要な位置を占めます。

短期的なイメージ療法前後での免疫機能の変化を調べたのである。10人のボランティアは一室に集まり、ゆったりとしたイスに腰掛け、「熱帯魚のイメージ」のガイドテープを聴きながら15分間訓練を行った。15分間休憩後、再度15分間イメージ療法を行った。そして、イメージ療法を行う前後に血液を採取し、免疫の力の強さ(ナチュラル・キラー細胞活性) の変化を見た。「すると、イメージ療法の後は、ほとんどの人でキラー細胞が強くなっていたのです」キラー細胞の活性が正常範囲以下だった6人は5人が正常範囲まで上昇し、残り1人は正常範囲以下ではあったものの、かなりの上昇がみられた。
正常範囲内の2人は、1人は横ばいで、もぅ一人は正常範囲からかなり突出したパワーを見せつけ、さらに、もともと高かった2人は、イメージ療法後もキラー細胞の強さを維持。10人中8人が免疫力がアップし、2人が横ばいだったのである。
伊丹医師が開発したイメージ療法のテープは4本ある。

  1. 『熱帯魚のイメージ』病気克服のトレーニング
  2. 『孫悟空のイメージ』病気克服のトレーニング
  3. 『せせらぎのイメージ』痛みゃ症状を和らげるトレーニング
  4. 『内なる助言者のイメージ』問題解決法を見つけるトレーニング

もちろん、ガン患者には治療のひとつになるこの療法、ガン予防にも大いに結びつく。
イメージ療法は、リラックス状態によって休息、ストレス緩和、気力・意欲の充電などの側面と、困難への積極的対応能力の増大という側面の、両面の効果が得られるのです。ただ、運動がいいといっても続かない人が多いのと同じで、やはり継続することが大事。スポーツの世界ではトレーナーが教えるように、イメージ療法も自己流でできればそれでもいいが、より効果を発揮するには、専門医の指導を受けるといいだろう。