うつを引き起こすきっかけ

うつ病にも「誘因やきっかけ」のようなものがいくつかあります。けれども、これといって思い当たるきっかけがないままにうつ状態を強めたリスする人もいます。

よく聞かれる質問のひとつに「うつ病になりやすいのはどんなときですか? 」という質問があります。たしかに、うつ病やうつ状態につながりやすいきっかけのようなものは、いくつかあげることができます。

けれども最初にいっておきたいのは、きっかけがないままにうつ病になる人もいるということです。ときどき、「どう考えてもうつ病になるような原因も理由もないので、自分はうつ病ではない」という人がいますが、とくに誘因がないうつ病というのも、めずらしくはありません。

うつになりやすいきっかけとしては、まず人間関係があります。とくに、たいせつな人との別れです。とても好きあっていた恋人と別れなけなればならなくなつた。ずっといっしょに暮らしてきた人が亡くなってしまった。そんなときにはだれでも非常に落ち込んだ気持ちになります。

絶対に失いたくないという気持ちにこだわる人もいますし、一生懸命忘れようとする人もいます。相手の欠点ばかりを数えあげて自分を慰めたり、楽しかったことを思い出してはまた悲しくなる人もいるでしょう。

いずれにしても、かけがえのない人を失ってしまったという気持ちから、うつ状態になることがあります。たいせつな相手とのコミュニケーションギャップも、うつ状態への誘因のひとつです。

自分のことを理解してくれていると思っていた夫の気持ちがわからなくなった。信頼していた上司から思いがけない批判を受けた。

たとえばそんなときです。マリッジブルー、マタニティーブルー、昇進うつ病、引っ越しうつ病ということばがあるように、結婚、出産、昇進、引っ越しなど、おめでたいはずのできごとがうつのきっかけになることもあります。

自分の役割や環境の大きな変化と関係がありそうです。自分の行動に積極的な意味が見いだせなかったり、目に見える成果がなかなか上がらなかったり、よい評価が得られない状態が続いたりしたときにも、うつ状態が起こりがちです。

気分の落ち込みに気づいたときには、最近なにかストレスになるような仕事や生活の変化がなかったか、ちょっと振り返って考えてみてください。重い病気やケガ、離塘、死別、退職、結婚、妊娠、出産、昇進など、自身の環境を大きく変化させる人生の重大なできごとをきっかけとして、うつ状態になるケースが多くみられます。

「ヌーススピリッツ」 はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です