ストレスとうつの関係性

ストレスがたまると心身によくない影響が現れ、うつの原因ににもなります。ただし、ストレスと人間との関係には個人差があります。

ストレスということばを、だれもがふつうに使うようになりました。たとえばサラリーマンなら、「新任の課長が口うるさくて、それがいまストレスなんだ」「最近ストレスがたまっちゃって」などというセリフを、ほとんどの人が耳にしているのではないでしょうか。

正確にいえば、「口うるさい新任の課長」は、あなたを刺激して、あなたにに負荷や負担を与える「ストレスの源」であって、これを「ストレッサー」といいます。

これに対して、ストレッサーからあなたが受ける負荷や負担そのものは、「ストレス反応」と呼んで区別しています。ですが、現在は、両方の意味を含めて「ストレス」といってしまいますから、専門的な話をするとき以外は、とくに区別して使う必要はないと思います。

ストレスが強かったり、過度にたまってしまうと、心身にいろいろなわるい影響が現れます。うつ状態が進むこともあります。ですから、気分が沈んだり、どうしてもやる気が出てこないときには、自分の周囲でふストレスになるような新しい問題が起きていないかどうか、一度振り返ってみるのも、大切です。
また、ストレスを自分で自覚していない人もたくさんいます。現代人のストレスについてはこちらです。

しかし、ストレスがすべてが悪者というわけではありません。人間の心身へのストレスの影響を発見したカナダの医学者ハンス・セリエは、ユーストレスストレスには「よいストレス」と「わるいストレス)」があると説明し、「ストレスは人生のスパイスだ」ともていってます。

たしかに、それなりの刺激があるからこそ、もう少しがんばってみようとか、新しいことに挑戦する気持ちも生まれます。

また、なにをストレスと感じるのかも、人によりずいぶん違います。同じ営業職でも、相手を説得して売り込む仕事にやりがいを感じている人もいれば、初対面の人と話すのが苦手なために毎日強いストレスを感じているという人もいます。

独力でこつこつ成果を重ねるのが得意な人もいれば、まわりと協調できないとストレスがたまるという人もいます。自分はどんなことからストレスを受けやすいのか、どういう環境でストレスをためやすいのか、ときどき立ち止まって考えてみるのもたいせつなことです。

水溶性低分子キトサン はこちら。

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です