うつ病が急増中 うつ病は誰でもかかりうる病気

うつ病は誰でもかかる可能性がある病気ですが、広く知られている効果的な治療法が確立しています。気になるときは早めに専門医を相談します。

簡単にいうと、うつ病とは、気力が低下したり、落ち込んだり、楽しいとかうれしいという気持ちが持てなくなったりして、それを自力で回復するのが難しくなってしまう病気です。

本人がとてもつらいと感じたり、日常生活に支障が出るような状態になっているときには、精神科や心療内科の専門医による治療が必要であると考えられています。

うつ病という病名は聞いたことがあっても、自分には関係のない病気だと考える人もいると思いますが、それは大きな誤解です。うつ病は、だれでもかかる可能性があり、実際にたいへん多くの人がかかっている病気です。

現在、世界的に使われている「DSW-Ⅳ=TR」という精神疾患の診断と統計についての詳細データがあります。

そこに収録されているデータによれば、うつ病のなかでも大うつ病と呼ばれる症状の強い病気に、一生のうちで一度以上かかる割合は、男性で5~12% 、女性では10~25% とされています。
25% といえば4人に1人の割合です。「だれでもかかる可能性がある」といういい方が、けっして大げさなものではないことがおわかりいただけるでしょう。

日本ではまだ、うつ病に関するこのような大規模な調査は行われていすいません。ただ、厚生労働省 の患者調査をもとにした堆け計では、医療機関を受診して、うつ病その他の「気分の障害」があると診断された患者さんの数は、1984年に約10万人、1994年で約20こ万人だったのに対して、1998年には43万人を超えています。

うつ病ふに対する理解が広がり、以前よりも気軽に病院に来る人が増えたということもあると思いますが、日本でも、うつ病がより多くの人にとっての問題になつてきていることがわかります。

うつ病の症状や、治療法の解明は着実に進んでいます。気分が落ち込んだり、これまで好きでやっていたことが楽しめなくなったり、気力がなかなか上向かないような状態が続くときには、自分だけのがんばりでなんとかしようとせずに、ヒントやアドバイスを求めるくらいの軽い気持ちで、精神科や心療内科の専門医に相談してみることがたいせつです。

水溶性低分子キトサン「ヌーススピリッツ」を使ってみての感想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です