肝臓を労るに週2日の休肝日が必須

体にとって最もよいお酒の飲み方は、1回の飲酒量を適量にし、しかも1週間の飲酒回数を少なくすることです。

アルコールを毎日飲んでいると、肝臓はそれになれてきてアルコールを速く処理するようになります。俗に「お酒に強くなる」というのが、この現象です。

お酒になれるということは、逆な見方をすれば肝臓がそれだけ一生懸命に働いているわけで、ぁまりにもそれがつづきすぎると肝臓に負担がかかります。

もちろん膵臓や胃などにも負担がかかることになります。つまり、ここで強調したいのは、決してお酒に強くなった」と過信してはならないということです。

たとえばアルコールのせいで肝臓を悪くした人を見てみると、確かに酒量が多くて、お酒に強く見えます。しかし、それゆえにこそ肝臓に相当の負担をかけて悪化させてしまっているのです。

連日の飲酒習慣のある人は、週2日は完全にお酒を断つ必要があります。肝臓は回復力が旺盛なので、2日間のうちに傷んだ細胞が生き生きとよみがえります。疲れた肝臓にも週休2日を与えてリフレッシュさせようというわけです。休肝日を習慣づければ、肝臓に無理な負担をかけることもなく、適量で気持ちよく酔えるでしょう。

2週間の禁酒が脂肪値を半分に

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です