肝臓に負担をかける薬はお酒と一緒に飲まない

医師から何か薬を処方してもらい、それを飲んでいるときは、アルコールの飲み方について必ず医師の指示に従う必要があります。
それというのも、薬とお酒をいっしょに飲むと、肝聴で薬を処理する速度が著しく遅れてしまうことがあるからです。睡眠薬の場合、ことにその作用が強く出て、ときには昏睡に陥る危険があります。

同じことが糖尿病の血糖降下薬や心臓病の抗凝固薬についてもいえます。売薬を利用するときも、使用説明書の注意事項には必ず目を通すようにしましょう。この程度なら、という素人判3断は危険です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です