酒飲みは「食べながら飲む」を習慣化する

本格的な酒飲みの中には、えてして物を食べずにお酒だけ飲むのを粍だとする考え方があるようです。つまみは塩でいい!とかつまみを食べると酒がまずくなる!という酒豪もいます。

冷や酒を満たした升のすみに塩をひとつまみのせ、これをなめながらグイッとやるなどという飲み方は昔から人気です。しかし肝臓のことを考えれば、これほど危険な飲み方はありません。肝臓をいたわりながら、いつまでもお酒をおいしく味わっていくためには「食べながら飲む」ことがなによりたいせつで、このことをぜひ習慣づけたいものです。物を食べながら飲むのがいい理由は、3点です。

  1. 物を食べることで、アルコールの吸収がゆっくりになります
  2. すきっ腹で飲むと、アルコールの吸収が速くなり、血中濃度が急に高まって、肝臓などにかかる負担が大きくなりますが、物を食べることによってそれを予防できます。

  3. 胃粘膜の保護
  4. すきっ腹に強いお酒を飲むと、アルコールの作用で胃粘膜を傷めかねません。しかし食べ物が胃に入っていれば、その刺激をやわらげることができます。特にタンパク質や脂肪を含んだ食品は胃粘膜をおおって保護してくれます。

  5. 栄養を補給します
  6. アルコールはエネルギー源となるだけで、ほかの栄養素はほとんど含まれていません。お酒だけでは当然栄養に偏りが生じますが、おつまみをとればそれがカバーされます。また、アルコールの分解に必要な栄養素である、タンパク質やビタミン頼も補給できます。

以上3点が「食べながら飲む」ことの大きな効用で、動物実験の結果でも、えさを与えたあとにアルコールを飲ませたほうが、空腹にしてアルコールを飲ませた場合よりも、肝障害の程度が少ないことがわかっています。

なお、料理を食べながら飲むことでお酒のピッチがおそくなり、アルコールの吸収もゆつくりになって、体への負担が軽くなることも見落とせないポイントといっていいでしょう。

飲み過ぎの肝臓に効くシジミのサプリはこちら。

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です