飲み会、宴会の前には少し体を横にすることで二日酔いや悪酔いを防ぐ

悪酔いや二日酔いを予防するには、飲酒の際に体調を万全に整えておくことが大事なポイントです。特に空腹での飲酒は二日酔いを最も起こしやすいので、「今日は、飲み会がある、宴会がある、接待がある」というようなときは、その日の昼食はしっかりとっておかなければなりません。

加えて、宴会などの直前にたとえ10分でも20分でも、横になることをおすすめします。たったこれだけのことで、体調が驚くほどよくなるものです。
横になるのがなぜよいかというと、体を休めるだけでなく、肝臓への血流量が数10% もふえるからです。肝臓の疲れがとれ、活力を高めることになるのです。なお、酔いが回ってからも、横になったほうが肝臓に負担をかけません。

GOT、GPTが高い、さらに値が不安定ならシジミ(シジミの使用感、口コミ)
http://memodiary.wp.xdomain.jp/archives/320

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です